待ったなし大相撲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

待ったなし大相撲(まったなしおおずもう)は、1992年3月2000年1月までTBSラジオ等で放送されていたスポーツ番組。本項では、1990年代に放送されたTBS制作の大相撲実況中継番組についても扱う。

概観[編集]

1992年春場所、同年開始されたAMステレオ放送の普及目的と、折からの『ブーム』を受けて、TBSラジオが20数年振りに初日・中日・千秋楽の17時より1時間枠(千秋楽は1時間半枠)の大相撲実況生中継を再開したが、先に放送権を手放した文化放送の『大相撲熱戦十番』ほど、NHKの中継に対する独自色の強い内容ではなかった。また1996年からは、RealAudioフォーマットのストリーミング生中継も試行した。

北海道放送でも、TBS制作の生中継をネットしていた時期があった。但し取組の間はスタジオからの進行で、道内出身力士の結果などを流していた。

この本場所実況生中継に加え、TBSは更に『まった無し!大相撲』と題した、場所中毎日10〜30分間のダイジェスト番組を追加し、ネット配信を開始。概ねナイターインシーズンはプロ野球中継終了後の21時台に、ナイターオフシーズンは18〜21時台に放送し、『大相撲ダイジェスト』(テレビ朝日制作)のラジオ版的な聴き方をされた。その後、初日・中日・千秋楽の生中継番組が終了した頃、呼称は同一のまま、番組名表記を『待ったなし大相撲』に変更している。

なお、同番組は中部日本放送(名古屋場所制作協力)、アール・ケー・ビー毎日放送(現RKB毎日放送、九州場所制作協力)に時間差ネットされていた他、毎日放送ラジオ(大阪場所制作協力)と和歌山放送では後期から同一タイトル・同一スポンサーの下で、TBSの実況音声素材を使用しつつも、内容は別のローカル番組を独自制作していた。

毎日放送では桂文福旭堂小南陵好角家の芸人が独自の観点から解説し、和歌山放送は郷土出身全力士の勝敗を伝えることに傾注した。即ち、『待ったなし大相撲』はTBS制作の全国版と、近畿広域版、和歌山版の同名3番組が併存していた時期がある(企画ネット。両局における『ネットワークTODAY』の扱いと同様)。

『待ったなし大相撲』が終了した2000年1月は三代目若乃花が現役を引退する前場所に当たり、結局『若貴ブーム』と共に幕を引いた便乗番組だったとして局と全国スポンサー(NTT日清食品イエローハット等)の姿勢を批判する声も上がったが、素材用実況はベテランの山田二郎アナウンサーらが、また司会進行は好角家として知られる浜尾朱美らが担当し、スペシャルウィークの週末には他分野のプロスポーツ選手や各界の相撲通を招いて型に填まらぬ批評を仰ぐなど、番組内容には相撲ファンを納得させるものがあった。

同番組の終了後もTBSラジオは放送権を引き続き保有しており、実況音声素材は自局のテレビ・ラジオのみならず、民放他局のスポーツニュース用に提供されている。

追記事項[編集]

2008年1月13日からの平成20年初場所で、TBSラジオは8年振りに大相撲実況中継を再開した。

初日は「橋本清エキサイトベースボール・サンデー」枠内で、出場停止明け2場所振りに土俵に復帰した朝青龍と、白鵬の横綱戦2番が生中継され、朝青龍の師匠・高砂親方(元大関朝潮)が解説。その後、同親方は土・日曜日の番組にもゲスト出演し、朝青龍の近況を語った。

2日目以降(月曜日を除く)の平日・土曜日は基本的に結びの一番、中日は最後の三番を、千秋楽は白鵬-朝青龍戦の取組から優勝インタビューまで配信用素材を通常番組に織り込む形で生中継(平日・土曜日は結びの一番取組前後に放送時間枠内で中継できなかった横綱戦を録音中継)している。実況担当は初田啓介小笠原亘新タ悦男赤荻歩

その後、同年3月場所でも中継を実施(但しプロ野球中継のある日を除く)、翌年初場所でも実施。

主な出演者[編集]

以下MBSラジオのみ[編集]

関連項目[編集]