TBSテレビ系列朝の情報番組枠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

TBSテレビ系列朝の情報番組枠(ティービーエスけいれつあさのじょうほうばんぐみわく)とは、TBSテレビJNN)系列で、毎日朝に放送されている情報番組の一覧のことである。

各番組の歴史[編集]

1966年に7:20 - 8:00枠で若者向け情報番組『ヤング720』が開始される。平日のみならず土曜日にも放送され、土曜版はANNネットチェンジする前の朝日放送が制作していた。

1971年にニュースも内包した3時間5分の巨大情報番組『モーニングジャンボ』が開始されるもわずか1年で本枠『JNNニュースショー』とワイドショー枠奥さま8時半です』に分割される。さらに『JNNニュースショー』は1975年1月にニュース枠も分離し『おはよう地球さん』となる。

1975年10月に『おはよう720』がスタートし、1976年10月改編では再度ニュース枠を吸収するとともに『おはよう700』へと改題する。5年間続いた後、1980年10月に『テレビ列島7時』を開始するが1年で打ち切られる。

1981年10月改編で『朝のワイドX』という仮題のまま新たな情報番組が開始し、同年11月16日より正式タイトルとして『朝のホットライン』と命名される。この期間、系列局のアナウンサーだった荻島正己が司会だった時期には視聴率が軌道に乗り一時は民放の同時間帯1位に上り詰めたが、NHKを退職しフリー(退職後数年間はTBSとの専属契約)に転身した草野仁に交代後、日本テレビズームイン!!朝!』の善戦もあって1987年からは長期に渡り視聴率迷走を繰り返すようになる。『朝のホットライン』以後も同番組のフォーマットを継承した番組が『THE WAVE』『ビッグモーニング』とマイナーチェンジを繰り返しつつしばらく続く。

『THE WAVE』では若年層向けの情報も取り入れたが本枠としては最短となる半年で打ち切られ、続く『ビッグモーニング』では従来の内容にプラスして後続のワイドショー枠や午後の時間帯に近い内容のワイドショーに刷新。一般ニュースに加えて芸能ニュースも取り上げる。また、開始時にフジテレビに次いで時刻表示を大きいサイズでカラー表示にしたカスタム表示を導入。現在に至るまで継続し、後に他局も追随した。ただし、(2022年11月現在のフジテレビとは異なり)全国送出はしないため、当初は関東地区に限り見る事が出来た。2021年春からは各系列局からのローカル送出ながら、TBSテレビと同じデザインを使用する局も増えていく。

1994年10月改編ではTBS放送センター移転の目玉番組として『ザ・フレッシュ!』が開始される。メイン司会をそれまでのフリーアナウンサーから若手の局アナウンサーで固められ、料理コーナーも設けられたが、低迷から脱することができず、朝6時台のニュース枠(『オンタイム』)と統合・再編の上で、1996年6月にJNN各局からのリレー中継を売りとした『おはようクジラ』が開始される。『フレッシュ!』までこの枠は、社会情報局が担当していたが、朝6時台のニュース枠との統合やTBSビデオ問題による社会情報局の廃止に伴い、報道局の担当に代わる。またこの時、放送時間枠も6:00 - 8:30となり、歴代番組では初めて6時開始となる。その後、『エクスプレス』『おはよう!グッデイ』と何度も改題やキャスター人事の見直しなど番組のテコ入れが相次ぐ。途中、制作部署が報道局から情報番組制作子会社のTBSライブに変わり、TBSテレビに統合後は情報制作局が担当するようになる。

2004年4月改編で『ウォッチ!』の放送時間が5:30開始となり、本枠は3時間枠となる。2005年4月には絶大な人気を誇り、TBSでも土曜朝の報道番組サタデーずばッと』の総合司会を担っていたみのもんたが総合司会に就任。番組も『朝ズバッ!』に改められ、みのの話術と硬派なニュース、巨大ボードを用いた番組進行で人気を得ることとなる。

しかし、みのが度重なる不祥事で2013年秋に休暇をとったまま番組を降板。暫くは残ったアナウンサー陣が中心となって番組を進めたが、2014年春改編で『朝ズバッ』は終了。後継番組『あさチャン!』は8:00終了となる。

『あさチャン!』は改編のたびに放送時間・番組内容・出演者・ロゴやセットのビジュアル面のリニューアルを繰り返したが安定せず低視聴率から抜け出せなかった事、さらに開始時から総合司会を務めていた夏目三久の結婚引退も重なり2021年9月で終了。2021年10月改編で7年半ぶりに局アナメインに戻して安住紳一郎(金曜日のみ江藤愛[1])を司会に起用した新情報番組『THE TIME,』に刷新。情報制作局とバラエティ番組を制作するコンテンツ制作局(旧TBSエンタテインメント)との共同制作となり、コメンテーターは導入せずアナウンサーがストレートニュースを伝えるスタンスとし、長らく放送していなかったJNN各局からの中継や番組のSNSアカウントを活用した企画を取り入れているほか、キャスター陣も『あさチャン!』最末期とは異なり、今までの若手・中堅のアナウンサー陣に加えて女性アイドルを出演者に起用している。前述のカスタム時刻表示は2022年8月時点であいテレビ[2]を除き、全局統一が果たされた。

土曜日[編集]

土曜朝の情報番組参入は、平日朝番組の視聴率不振もありキー局の中では後発(2002年4月に開始)で、制作するのも情報番組制作子会社のTBSライブ(当時)ではなく報道局だった。しかし週末情報を中心とした他局と差別化するため硬派路線をとった『サタデーずばッと』が成功し、結果として平日もみのが総合司会を務める『朝ズバッ!』が開始された。なお、『朝ズバッ!』は情報制作局が制作する。

2014年春改編で『サタデーずばッと』が終了、上記『あさチャン!』の土曜版『報道LIVE あさチャン!サタデー』が開始。

2017年春改編で『あさチャン!サタデー』が終了。『上田晋也のサタデージャーナル』が開始。前番組までは『JNNニュース』が番組内に15分間内包された関係から、その部分に限ってネットワークセールス枠であったが、本番組に限り全編ローカルセールス枠での放送となった。また、前番組までと異なり、生放送ではない。

2019年7月より『まるっと!サタデー』が開始。当番組では『報道LIVE あさチャン!サタデー』以来、生情報番組が2年ぶりに復活し、『JNNニュース』が番組途中の15分間に内包される関係から、その部分に限ってネットワークセールス枠となる。

日曜日[編集]

日曜朝の情報番組としては草分けとなる、1987年10月に開始した『関口宏のサンデーモーニング』は1週間のニュースをVTRで振り返り文化人パネラーとスタジオトークする構成が受け、後に他局も模倣するようになる。かつての『NEWS23』『Nスタ』など他時間枠に放送している報道・情報系番組はタイトル変更や出演者の入れ替えなどで若返りを図る中、『サンデーモーニング』は同時間帯視聴率首位を背景に番組リニューアルはほとんど行わず、TBSが制作する1時間以上の報道・情報番組でも最長寿番組となっている。

主な番組[編集]

平日[編集]

週末[編集]

土曜日
日曜日
  • 関口宏のサンデーモーニング(1987年10月4日 - 1997年9月28日)
  • 新サンデーモーニング(1997年10月5日 - 1998年8月30日)
  • サンデーモーニング(1998年9月6日 - )

番組の移り変わり[編集]

期間 平日 土曜日 日曜日
1966.10.31 1971.4.3 ヤング720※土曜日は朝日放送(現:朝日放送テレビ)制作 (なし)
1971.4.5 1972.3.31 モーニングジャンボ (なし)
1972.4.3 1975.1.3 モーニングジャンボJNNニュースショー 8時の空
1975.1.6 1975.9.26 モーニングジャンボおはよう地球さん
1975.9.29 1976.9.24 おはよう720
1976.9.27 1980.9.26 おはよう700
1980.9.29 1981.9.25 テレビ列島7時
1981.9.28 1984.3.30 朝のホットライン
1984.4.2 1985.3.29 朝のホットライン ときめき生情報810
1985.4.1 1987.9.25 朝のホットライン
1987.9.28 1990.4.1 (なし) 関口宏のサンデーモーニング
1990.4.2 1990.9.30 THE WAVE
1990.10.1 1994.10.2 ビッグモーニング
1994.10.3 1995.7.2 ザ・フレッシュ!
1995.7.3 1996.6.2 フレッシュ!
1996.6.3 1997.9.28 おはようクジラ
1997.9.29 1999.3.28 新サンデーモーニング
1999.3.29 2002.3.31 エクスプレス サンデーモーニング
2002.4.1 2003.3.30 おはよう!グッデイ サタデーずばッと
2003.3.31 2005.3.27 ウォッチ!
2005.3.28 2014.3.30 朝ズバッ!
2014.3.31 2017.3.26 あさチャン! 報道LIVE
あさチャン!サタデー
2017.3.27 2019.6.30 上田晋也のサタデージャーナル
2019.7.1 2021.9.30 まるっと!サタデー
2021.10.1 現在 THE TIME,

備考[編集]

「エリア情報」[編集]

他局やTBS系の他の時間帯におけるローカル枠のことをこの時間帯の番組に関しては『エリア情報』と呼ぶ。この流れは『おはようクジラ』から続いているものである。ただし、『おはよう!グッデイ』や『ウォッチ!』で設けられた30 - 50分に及ぶ差し替えはこの範疇ではない。

他系列局における放送[編集]

平日の本放送枠はTBS系列局の他にも、『ヤング720』はネットしていた他系列局もあった他、『モーニングジャンボ』から『ビッグモーニング』までの番組と、8時台の『8時の空』と『ときめき生情報810』は、他系列4局でもネットされていた。
秋田放送南海放送でのネット終了に伴い、JNN非加盟局での本枠のネットは終了した。

  • 秋田放送(日本テレビ系列) - 1970年から、それまで放送されていた『おはよう!こどもショー』(日本テレビ)を打ち切って『ヤング720』のネットを開始。『ヤング720』の終了と共に『おはよう!こどもショー』のネットに復帰したが、平日枠の終了とともに当枠のネットを1979年より再開。7:00 -8:10の時代も、8:10 - 8:30の番組とセットで放送されていたが、1992年9月30日のJNN番販参加終了と同時に『ビッグモーニング』が後枠の『じゃんけんキッズ』共々途中打ち切りとなった。
  • 福島テレビ(日本テレビ系列・TBS系列→TBS系列・フジテレビ系列→フジテレビ系列) - 日本テレビ系列単独加盟時代の1971年4月に『モーニングジャンボ』のネットを開始(開始から半年間は番販ネット)。1983年4月1日にTBS系メインのクロスネット局からフジテレビ系フルネット局に再ネットチェンジ(JNN脱退・FNN加盟)後も『朝のホットライン』を視聴者保護のために放送していたが、フジテレビ系フルネットに完全移行する為1983年9月30日を以って『朝のホットライン』が途中打ち切りとなった。福島県における『朝のホットライン』の放送は、1983年11月22日からテレビユー福島開局前の試験放送開始に伴い、約2カ月ぶりに再開している。
  • 四国放送(日本テレビ系列) - 1968年4月から『ヤング720』を終了までネットし、系列外ネットが廃止された『ポーラテレビ小説』の後番組として『ときめき生情報810』をネットした。
  • 南海放送(日本テレビ系列) - 1967年から『ヤング720』のネットを開始。本枠が7:00 -8:10の時代も、8:10 - 8:30の番組とセットで放送されていたが、1992年10月1日のあいテレビ開局に伴い『じゃんけんキッズ』共々放映権移行。

平日の本枠をネットしていた他系列4局で切り替えた番組は以下の通り。太字は放映権移行が行われた地域。

放送対象地域 放送局 後番組 後番組の開始時期 備考
秋田県 秋田放送 ズームイン!!朝!
日本テレビ
1992年10月1日[3] 本枠ネット終了と同時にJNN番販参加終了
秋田放送は22年ぶりに日本テレビ系同時ネット復活
愛媛県における本枠のネットはあいテレビへ放映権移行
愛媛県 南海放送
福島県 福島テレビ FNNモーニングワイド ニュース&スポーツ
フジテレビ
ポーラテレビ小説
(TBS)
ひらけ!ポンキッキ
(フジテレビ)
1983年10月3日 フジテレビ系フルネット化に伴う変更
『FNNモーニングワイド』は飛び降り解消
『ポーラテレビ小説』は遅れネット化
徳島県 四国放送 おはよう!こどもショー
(日本テレビ)
1971年4月 『ヤング720』終了に合わせて7時台のTBS系番組のネット受け終了
土曜日はおはようとくしま(ローカル番組)
『ひらけ!ポンキッキ』
(フジテレビ)
1985年4月1日 『ときめき生情報810』終了と同時に8時台のTBS系番組のネット受け終了
  • 秋田放送の『ビッグモーニング』と『じゃんけんキッズ』の打ち切り並びに、南海放送からあいテレビへの『ビッグモーニング』と『じゃんけんキッズ』の放映権移行[3]により、TBS系の帯番組における他系列同時ネット番組は全廃されたと同時に、他系列局で同時ネットで放送されるTBS系番組は1993年9月までの南海放送における『すてきな出逢い いい朝8時』(毎日放送制作)などの一部番組と、四国放送における『すてきな出逢い いい朝8時』のみとなり、秋田県ではTBS系同時ネット番組は全廃された。また、他系列で放送されるTBS系帯番組は3週遅れで放送されていた『花王 愛の劇場→愛の劇場』(2009年3月終了)のみとなった。
  • 平日の本枠をネットしていた他系列4局(秋田放送・福島テレビ・四国放送・南海放送)では、現在はキー局同時ネット番組を放送している。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 番組開始から俳優の香川照之を起用していたが、自身の不祥事により2022年8月26日に降板。
  2. ^ マスターが非対応のまま。
  3. ^ a b これに伴い、JNN非加盟局での本枠のネットは終了した。