TBSテレビ系列朝の情報番組枠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

TBSテレビ系列朝の情報番組枠(ティービーエスけいれつあさのじょうほうばんぐみわく)とは、TBSJNN)系列で、毎日朝に放送されている情報番組の枠のことである。

放送枠の歴史[編集]

1966年に7:20 - 8:00枠で若者向け情報番組『ヤング720』が開始される。平日のみならず土曜日にも放送され、土曜版はANNネットチェンジする前の朝日放送が制作していた。

1971年にニュースも内包した巨大情報番組『モーニングジャンボ』が開始されるもわずか1年で『JNNニュースショー』と『奥さま8時半です』に分割される。さらに『JNNニュースショー』は1975年1月にニュース枠も分離し『おはよう地球さん』となる。

1975年10月に『おはよう720』がスタートし、1976年10月改編では再度ニュース枠を吸収するとともに『おはよう700』へと改題する。その後、1980年10月に『テレビ列島7時』を開始する。

1981年10月改編で『朝のワイドX』という仮題のまま新たな情報番組が開始し、同年11月16日より正式タイトルとして『朝のホットライン』と命名される。以降同番組のフォーマットを継承した番組が『THE WAVE』『ビッグモーニング』とマイナーチェンジを繰り返しつつしばらく続く。

1994年10月改編ではTBS放送センター移転の目玉番組として『ザ・フレッシュ!』が開始される。しかし長らく続く低迷から脱することができず、朝6時台のニュース枠(『オンタイム』)と統合・再編の上で、1996年6月にJNN各局からのリレー中継を売りとした『おはようクジラ』が開始される。この時放送時間枠も6:00 - 8:30となり、歴代番組では初めて6時開始となる。その後、何度も改題やキャスター人事の見直しなど番組のテコ入れが相次ぐ。

2004年4月改編で『ウォッチ!』の放送時間が5:30開始となり、本枠は3時間枠となる。2005年4月には絶大な人気を誇り、TBSでも土曜朝の報道番組サタデーずばッと』の司会を担っていたみのもんたが総合司会に就任。番組も『朝ズバッ!』に改められ、みのの話術と硬派なニュース、巨大ボードを用いた番組進行で人気を得ることとなる。

2014年春改編で『朝ズバッ』が終了。後継番組『あさチャン!』は8:00終了となる。

土曜日[編集]

土曜朝の情報番組参入は、平日朝番組の視聴率不振もありキー局の中では後発(2002年4月に開始)で、制作するのも情報番組制作子会社のTBSライブ(当時)ではなく報道局だった。しかし週末情報を中心とした他局と差別化するため硬派路線をとった『サタデーずばッと』が成功し、結果として平日もみのが総合司会を務める『朝ズバッ!』が開始された。なお、『朝ズバッ!』は情報制作局が制作する。

2014年春改編で『サタデーずばッと』が終了、上記『あさチャン!』の土曜版『報道LIVE あさチャン!サタデー』が開始。

2017年春改編で『あさチャン!サタデー』が終了。『上田晋也のサタデージャーナル』が開始。前番組までは『JNNニュース』が番組内に15分間内包された関係から、その部分に限ってネットワークセールス枠であったが、本番組からは全編ローカルセールス枠での放送となる。

日曜日[編集]

日曜朝の情報番組としては草分けとなる、1987年10月に開始した『関口宏のサンデーモーニング』は1週間のニュースをVTRで振り返り文化人パネラーとスタジオトークする構成が受け、後に他局も模倣するようになる。かつての『NEWS23』『ブロードキャスター』など他時間枠に放送している報道・情報系番組はタイトル変更や出演者の入れ替えなどで若返りを図る中、『サンデーモーニング』は同時間帯視聴率首位を背景に番組リニューアルはほとんど行わず、TBSが制作する1時間以上の報道・情報番組でも最長寿番組となっている。

主な番組[編集]

平日[編集]

週末[編集]

土曜日
日曜日
  • 関口宏のサンデーモーニング(1987年10月4日 - 1997年9月28日)
  • 新サンデーモーニング(1997年10月5日 - 1999年3月28日)
  • サンデーモーニング(1999年4月4日 - )

番組の移り変わり[編集]

期間 平日 土曜日 日曜日
1966.10.31 1971.4.3 ヤング720※土曜日はABC制作 (なし)
1971.4.5 1972.3.31 モーニングジャンボ (なし)
1972.4.3 1975.1.3 モーニングジャンボJNNニュースショー 8時の空
1975.1.6 1975.9.26 モーニングジャンボおはよう地球さん
1975.9.29 1976.9.24 おはよう720
1976.9.27 1980.9.26 おはよう700
1980.9.29 1981.9.25 テレビ列島7時
1981.9.28 1984.3.30 朝のホットライン
1984.4.2 1985.3.29 朝のホットライン ときめき生情報810
1985.4.1 1987.9.25 朝のホットライン
1987.9.28 1990.4.1 (なし) 関口宏のサンデーモーニング
1990.4.2 1990.9.30 THE WAVE
1990.10.1 1994.10.2 ビッグモーニング
1994.10.3 1995.7.2 ザ・フレッシュ!
1995.7.3 1996.6.2 フレッシュ!
1996.6.3 1997.9.28 おはようクジラ
1997.9.29 1999.3.28 新サンデーモーニング
1999.3.29 2002.3.31 エクスプレス サンデーモーニング
2002.4.1 2003.3.30 おはよう!グッデイ サタデーずばッと
2003.3.31 2005.3.27 ウォッチ!
2005.3.28 2014.3.30 朝ズバッ!
2014.3.31 2017.3.26 あさチャン! 報道LIVE
あさチャン!サタデー
2017.3.27 現在 上田晋也のサタデージャーナル

歴代ネット局[編集]

系列は現在の系列。平日枠のネット局のみ記述。平日版に限っては現在はJNN28局(太字の局)でネットしている。
放送対象地域 放送局 系列 備考
関東広域圏 TBSテレビ TBS系列 制作局
北海道 北海道放送
青森県 青森テレビ 1969年12月開局から
岩手県 IBC岩手放送 『ときめき生情報810』は非ネット
宮城県 東北放送
秋田県 秋田放送 日本テレビ系列 1970年から『ヤング720』をネットし一時打ち切り、1979年3月5日 - 1992年9月30日打ち切り
山形県 山形放送 1968年4月から『ヤング720』のみ放送
テレビユー山形 TBS系列 1989年10月開局から
福島県 福島テレビ フジテレビ系列 1971年4月から、1983年9月30日打ち切り
1983年3月まではTBS系列とのクロスネット局
テレビユー福島 TBS系列 1983年12月5日から
(厳密に11月22日の試験放送開始から)
山梨県 山梨放送 日本テレビ系列 1968年4月から1970年3月まで『ヤング720』のみ放送
テレビ山梨 TBS系列 1970年4月開局から
新潟県 新潟放送
長野県 信越放送
静岡県 静岡放送
富山県 北日本放送 日本テレビ系列 1968年4月から『ヤング720』のみ放送
チューリップテレビ TBS系列 1990年10月開局から
石川県 北陸放送 1968年4月から
福井県 福井放送 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
1968年4月から『ヤング720』のみ放送
中京広域圏 CBCテレビ TBS系列
近畿広域圏 朝日放送テレビ テレビ朝日系列 1975年3月28日まで
1975年3月30日まではTBS系列局
毎日放送 TBS系列 1975年3月31日から、『ときめき生情報810』は非ネット
島根県
→島根県・鳥取県
山陰放送 1968年4月から、1972年9月21日までの放送エリアは島根県のみ
1972年9月22日の電波相互乗り入れで鳥取県でも放送
岡山県
岡山県・香川県
山陽放送 1983年3月31日までの放送エリアは岡山県のみ
1983年4月1日の電波相互乗り入れで香川県でも放送
広島県 中国放送
山口県 山口放送 日本テレビ系列 1970年3月まで
テレビ山口 TBS系列 1970年4月開局から
徳島県 四国放送 日本テレビ系列 1968年4月から1971年3月まで『ヤング720』を、
1984年4月から1985年3月まで『ときめき生情報810』をそれぞれネット
愛媛県 南海放送 1967年から1992年9月まで
あいテレビ TBS系列 1992年10月開局から
高知県 高知放送 日本テレビ系列 1969年4月から1970年3月まで
テレビ高知 TBS系列 1970年4月開局から
福岡県 RKB毎日放送
長崎県 長崎放送 1969年4月から
熊本県 熊本放送
大分県 大分放送
宮崎県 宮崎放送 1967年から
鹿児島県 南日本放送
沖縄県 琉球放送 1969年から

備考[編集]

他系列局における放送[編集]

平日の本放送枠はTBS系列局の他にも、『ヤング720』はネットしていた他系列局もあった他、『モーニングジャンボ』から『ビッグモーニング』までの番組と、8時台の『8時の空』と『ときめき生情報810』は、他系列4局でもネットされていた。
秋田放送南海放送でのネット終了に伴い、JNN非加盟局での本枠のネットは終了した。

  • 秋田放送(日本テレビ系列) - 1970年から、それまで放送されていた『おはよう!こどもショー』(日本テレビ)を打ち切って『ヤング720』のネットを開始。『ヤング720』の終了と共に『おはよう!こどもショー』のネットに復帰したが、平日枠の終了とともに当枠のネットを1979年よりのネットを再開。7:00 -8:10の時代も、8:10 - 8:30の番組とセットで放送されていたが、1992年9月30日のJNN番販参加終了と同時に『ビッグモーニング』が後枠の『じゃんけんキッズ』共々途中打ち切りとなった。
  • 福島テレビ(日本テレビ系列・TBS系列→TBS系列・フジテレビ系列→フジテレビ系列) - 日本テレビ系列単独加盟時代の1971年4月に『モーニングジャンボ』のネットを開始(開始から半年間は番販ネット)。1983年4月1日にTBS系メインのクロスネット局からフジテレビ系フルネット局に再ネットチェンジ(JNN脱退・FNN加盟)後も『朝のホットライン』を視聴者保護のために放送していたが、フジテレビ系マストバイに完全移行する為1983年9月30日を以って『朝のホットライン』が途中打ち切りとなった。福島県における『朝のホットライン』の放送は、1983年11月22日からテレビユー福島開局前の試験放送開始に伴い、約2カ月ぶりに再開している。
  • 四国放送(日本テレビ系列) - 1968年4月から『ヤング720』を終了までネットし、系列外ネットが廃止された『ポーラテレビ小説』の後番組として『ときめき生情報810』をネットした。
  • 南海放送(日本テレビ系列) - 1967年から『ヤング720』のネットを開始。本枠が7:00 -8:10の時代も、8:10 - 8:30の番組とセットで放送されていたが、1992年10月1日のあいテレビ開局に伴い『じゃんけんキッズ』共々放映権移行。

平日の本枠をネットしていた他系列4局で切り替えた番組は以下の通り。太字は放映権移行が行われた地域。

放送対象地域 放送局 後番組 後番組の開始時期 備考
秋田県 秋田放送 ズームイン!!朝!
日本テレビ
1992年10月1日[1] 本枠ネット終了と同時にJNN番販参加終了
秋田放送は22年ぶりに日本テレビ系同時ネット復活
愛媛県における本枠のネットはあいテレビへ放映権移行
愛媛県 南海放送
福島県 福島テレビ FNNモーニングワイド ニュース&スポーツ
フジテレビ
ポーラテレビ小説
(TBS)
ひらけ!ポンキッキ
(フジテレビ)
1983年10月3日 フジテレビ系マストバイ化に伴う変更
『FNNモーニングワイド』は飛び降り解消
『ポーラテレビ小説』は遅れネット化
徳島県 四国放送 おはよう!こどもショー
(日本テレビ)
1971年4月 『ヤング720』終了に合わせて7時台のTBS系番組のネット受け終了
土曜日はおはようとくしま(ローカル番組)
『ひらけ!ポンキッキ』
(フジテレビ)
1985年4月1日 『ときめき生情報810』終了と同時に8時台のTBS系番組のネット受け終了
  • 秋田放送の『ビッグモーニング』と『じゃんけんキッズ』の打ち切り並びに、南海放送からあいテレビへの『ビッグモーニング』と『じゃんけんキッズ』の放映権移行[2]により、TBS系の帯番組における他系列同時ネット番組は全廃されたと同時に、他系列局で同時ネットで放送されるTBS系番組は1993年9月までの南海放送における『すてきな出逢い いい朝8時』(毎日放送制作)などの一部番組と、四国放送における『すてきな出逢い いい朝8時』のみとなり、秋田県ではTBS系同時ネット番組は全廃された。また、他系列で放送されるTBS系帯番組は3週遅れで放送されていた『花王 愛の劇場→愛の劇場』(2009年3月終了)のみとなった。
  • 平日の本枠をネットしていた他系列4局(秋田放送・福島テレビ・四国放送・南海放送)では、現在はキー局同時ネット番組を放送している。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ これに伴い、JNN非加盟局での本枠のネットは終了した。
  2. ^ これに伴い、JNN非加盟局での本枠のネットは終了した。