皇室アルバム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
皇室アルバム
ジャンル 皇室情報番組
ナレーター 高井美紀
製作
プロデューサー 米田剛(初代)
制作 毎日放送
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1959年10月5日 - 放送中
放送時間 土曜または日曜早朝
放送分 15分
回数 3000
毎日映画社による番組紹介

特記事項:
放送時間は地域によって異なる。(ネット局参照)
放送回数は2018年8月5日現在。
テンプレートを表示

皇室アルバム』(こうしつアルバム)は、毎日放送毎日映画社の共同制作で1959年10月5日より放送されている、皇室を中心とする情報番組である[1]。現在は一部のTBS系列局で放送されている[2]

現存する番組としては民放最古のレギュラー番組であり、放送開始から半世紀を越えた長寿番組でもある。同番組を模倣した番組として、日本テレビの『皇室日記』やフジテレビの『皇室ご一家』がある。また、字幕放送は実施されていない。

2018年8月5日に(TBSでは2018年8月4日)放送3000回を迎えた。

スポンサー[編集]

開始当初から1970年代までは日本生命一社提供。日本生命は毎日放送の大株主で、2004年度の当時第9位に名を連ねていた[3]。その後1980年代から2003年3月まで高島屋の一社提供だった(1996年6月15日から1997年9月27日までは不祥事によりCMを自粛)。高島屋は本来朝日放送の大株主だが、昭和天皇即位の礼に際して旙[4]の制作に携わっていた縁で提供を担当していた[5]。高島屋がスポンサーを降板した後は、資生堂フジッコ(2012年12月頃)が単独で提供していた。

TBSでは2006年9月23日放送分を持ってフジッコが降板。同年9月30日放送分以降は、ハウス食品の15秒スポットを4本×5本立てで埋めている。制作局の毎日放送では、ヒサヤ大黒堂の単独提供(2017年9月時点)を経て、2018年からセレマフジ住宅がスポンサーに名を連ねる。いずれも30秒間のCMを放送するだけで、残りのCM枠をハウス食品などのスポットCMで埋めているため、提供クレジット上では「ご覧のスポンサー」として扱われている。

2019年9月からは隔週で交互に60秒と30秒のCMを出すようになり60秒の週は提供が読まれるようになった。

なお、北海道放送東北放送テレビユー山形では、放送地域の北海道宮城県山形県に店舗と工場を置く製菓会社・白松がモナカ本舗をスポンサーとする[6][7][8]ように高島屋以外のローカルスポンサーをつける例もあった[9]

また、毎年1月3日に放送している新春スペシャルでは複数社提供となっている。この新春SPについては、普段ネットされていない放送局でも放送されているところがある(tysRKBなど)。

ナレーション[編集]

いずれも担当当時は毎日放送アナウンサー(森本、高井美紀は現職)

ネット局[編集]

時間はすべてJST

対象対象地域 放送局 系列 放送日時 ネット状況 備考
近畿広域圏 毎日放送(MBS) TBS系列 日曜 6:30 - 6:45 制作局
宮城県 東北放送(TBC) 同時ネット [11]
石川県 北陸放送(MRO)
関東広域圏 TBSテレビ(TBS) 土曜 5:15 - 5:30 先行ネット
岡山県・香川県 RSK山陽放送(RSK) [12]
静岡県 静岡放送(SBS) 土曜 6:00 - 6:15 [13]
中京広域圏 CBCテレビ(CBC) 日曜 5:30 - 5:45
福岡県 RKB毎日放送(RKB) 土曜 5:05 - 5:20 遅れネット [14]
北海道 北海道放送(HBC) 土曜 5:15 - 5:30
山形県 テレビユー山形(TUY) 土曜 5:30 - 5:45
長崎県 長崎放送(NBC) 土曜 6:00 - 6:15 [15]
鳥取県島根県 山陰放送(BSS) 日曜 5:00 - 5:15 [16]
青森県 青森テレビ(ATV) 日曜 5:15 - 5:30 [17]
宮崎県 宮崎放送(MRT) [18]
岩手県 IBC岩手放送(IBC) 日曜 6:30 - 6:45
富山県 チューリップテレビ(TUT) [19]


なお、関東地区ではNETテレビで1963年10月から1968年9月までは月曜 21:30 - 21:45、1968年10月から1969年9月までは月曜 21:45 - 22:00、1969年10月からは『真珠の小箱』(この番組も毎日放送の制作)とともに1975年3月まではNETテレビ系列で金曜日の22時台に放送されていた[20]

ネットチェンジ後の1975年4月からは土曜 9:30 - 9:45に移動し、1996年4月に『王様のブランチ』がスタートするまでこの時間帯で21年間放送された(系列局も『王様のブランチ』のスタートで放送時間が移転した局が多い)。制作局の毎日放送では、2003年3月まで土曜 9:30 - 9:45の放送であった。 また、この番組の前の5分枠で『暮らしのレシピ』(TBS制作)を放送している(TBSでは途中、そうではない期間もあった)。

2018年8月5日(TBSでは2018年8月4日)に放送3000回を迎えた。

過去のネット局[編集]

これらの放送局でも、新春スペシャルなどの特別版をネットする場合がある。

対象対象地域 放送局 現在の系列 備考
関東広域圏 テレビ朝日(EX) テレビ朝日系列 [21][22]
北海道 札幌テレビ(STV) 日本テレビ系列 [23]
青森県 青森放送(RAB) [24]
宮城県 仙台放送(OX) フジテレビ系列 [25][26]
秋田県 秋田放送(ABS) 日本テレビ系列 [27][28][29]
山形県 山形放送(YBC) [30]
福島県 福島テレビ(FTV) フジテレビ系列 [31][32]
テレビユー福島(TUF) TBS系列 [33][27]
新潟県 新潟放送(BSN) TBS系列 [27]
富山県 北日本放送(KNB) 日本テレビ系列 [34]
富山テレビ(BBT) フジテレビ系列 [35]
福井県 福井放送(FBC) 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
[27]
長野県 信越放送(SBC) TBS系列 [27][36]
静岡県 テレビ静岡(SUT) フジテレビ系列 [27]
中京広域圏 東海テレビ(THK) [37][38][39]
名古屋テレビ(NBN) テレビ朝日系列 [40][41]
岡山県 岡山放送(OHK) フジテレビ系列 [42][43]
鳥取県・島根県 日本海テレビ(NKT) 日本テレビ系列 [44][45]
広島県 広島テレビ(HTV) [46]
広島ホームテレビ(HOME) テレビ朝日系列 [47][48]
中国放送(RCC) TBS系列 [27]
山口県 山口放送(KRY) 日本テレビ系列 [49][50]
テレビ山口(TYS) TBS系列 [27]
徳島県 四国放送(JRT) 日本テレビ系列
香川県 西日本放送(RNC) [51][52]
愛媛県 南海放送(RNB) 日本テレビ系列 [53]
テレビ愛媛(EBC) フジテレビ系列 [54]
あいテレビ(itv) TBS系列 [27]
高知県 高知放送(RKC) 日本テレビ系列 [55]
テレビ高知(KUTV) TBS系列 [27]
福岡県 九州朝日放送(KBC) テレビ朝日系列 [56]
熊本県 熊本放送(RKK) TBS系列 [27]
沖縄県 琉球放送(RBC) [57][58]

放送時間の変遷[編集]

制作局・毎日放送[編集]

  • 1959年10月5日 - 1962年3月26日 月曜日21:45 - 22:00
  • 1962年4月2日 - 1963年9月30日 月曜日21:00 - 21:15
  • 1963年10月7日 - 1968年9月30日 月曜日21:30 - 21:45
  • 1968年10月7日 - 1969年9月29日 月曜日21:45 - 22:00
  • 1969年10月3日 - 1975年3月28日 金曜日22:30 - 22:45
  • 1975年4月5日 - 1977年4月2日 土曜日12:00 - 12:15
  • 1977年4月9日 - 2003年3月29日 土曜日9:30 - 9:45
  • 2003年4月6日 - 現在 日曜日6:30 - 6:45

関東地区[編集]

  • NETテレビ(腸捻転時代、現在のテレビ朝日)
    • 1960年10月20日・27日 木曜日13:40 - 13:55
    • 1960年11月3日 - 1962年3月29日 木曜日13:45 - 14:00
    • 1962年4月2日 - 1963年9月30日 月曜日21:00 - 21:15
    • 1963年10月7日 - 1968年9月30日 月曜日21:30 - 21:45
    • 1968年10月7日 - 1969年9月29日 月曜日21:45 - 22:00
    • 1969年10月3日 - 1975年3月28日 金曜日22:30 - 22:45
  • TBS(腸捻転解消以降)
    • 1975年4月5日 - 1996年3月30日 土曜日9:30 - 9:45
    • 1996年4月6日 - 2002年3月30日 土曜日6:45 - 7:00
    • 2002年4月6日 - 2016年3月26日 土曜日5:30 - 5:45
    • 2016年4月2日 - 現在 土曜日5:15 - 5:30

特別番組[編集]

  • 2010年3月24日22:00 - 22:54(JST)に放送50周年を記念して「皇室アルバム50年スペシャル」をTBS系列28局ネットで放送。ナビゲーターは国分太一TOKIO)が務めた。
  • 2017年12月31日6:20 - 6:50(JST)に「皇室アルバム特別編 天皇ご一家 関西の思い出」を関西ローカルで放送。
  • 2018年8月12日14:00 - 14:54(JST)に放送3000回を記念して「皇室アルバム3000回特別番組 平成最後の夏 今ふりかえる」を毎日放送とTBSの2局ネットで放送。ナレーターは國村隼湯浅真由美が務めた。

映像ソフト[編集]

2019年4月に、3巻構成によるDVD/Blu-ray Disc『皇室アルバム 絆、そして祈り~昭和から平成 天皇ご一家の全記録~』をリリース。当番組から生まれた初めての映像ソフトで、写真集・年表・豪華ケース付きの完全受注生産品として、2018年平成30年12月22日から2019年令和元年5月31日まで2期にわたって予約センターや毎日新聞の販売店で注文を受け付けていた[59]

  1. 昭和のアルバム
    天皇・皇后(現:上皇上皇后)両陛下の誕生から結婚、子育てなどをまとめた。
  2. 平和のアルバム
    ご即位後の公務や国内外への慰霊の旅、被災地ご訪問などを収めた。
  3. 鮮やかに甦るアルバム
    ご成婚パレードや海外訪問などの様子をハイビジョンリマスタリングした。

エピソード[編集]

  • 番組のテーマソングとして、これまで「春の声」(作曲:ヨハン・シュトラウス2世)や「ばら色の人生」(作曲:エディット・ピアフ)が使用された。
  • 番組サブタイトル(例:「第2620集 皇后さま 草津の音楽祭へ」)で流れるBGMには、長年「セントラル・パークにて」(作曲:フランシス・レイ、映画「ある愛の詩」より)の冒頭部分が使用されている。
  • 番組の挿入曲として、「天の川パートII」(作曲:堀内護)が使用されたこともあった。
  • 番組が節目を迎えた時には、これまでの番組の裏事情が紹介されたことがあった。
    • 番組30年記念番組では、当時の昭和天皇の侍従であった卜部亮吾や当時の皇太子夫妻(現:上皇・上皇后)の東宮侍従が特別ゲストとして招かれている。放映開始当初は夜の放映だったため、ビデオ録画をして翌朝昭和天皇香淳皇后に見てもらうつもりが、ごくたまに他の業務でビデオ録画(当時は録画予約機能がなかった)をし忘れることがあり、お詫びすることもあったという。
    • 腸捻転解消を最も喜んでいたのは、昭和天皇・香淳皇后付きの侍従女官たちであったという。昭和天皇夫妻は、週1回の定例ご参内以外で他の皇族と顔を合わせる機会がなかなか無かったため、この番組を視聴して他の皇族の動向を把握していた。しかしNET時代は金曜日夜の放送だったため、侍従や女官たちは夫妻が見逃すことのないよう注意を払わなければならなかった。TBSに移行してからは、夫妻は土曜日の朝食を摂ってから視聴していたという。その様子を映した映像も番組で紹介された。

脚注[編集]

  1. ^ 高橋モータース@dcp (2012年12月8日). “みんな知ってた? 日本のご長寿番組たち”. マイナビニュース (マイナビ). http://news.mynavi.jp/c_career/level1/yoko/2012/12/post_2748.html 2015年1月3日閲覧。 
  2. ^ 関東地方では、1975年3月までNET(現:テレビ朝日)で放送されていた。
  3. ^ コーケン出版発行『日本民間放送年鑑2004』より一部引用。
  4. ^ ばん=金箔や刺繍等を施した旗状の飾り物。
  5. ^ 『毎日放送40年史』より。
  6. ^ HBCでは2010年9月まで、白松がモナカ本舗に加えTBSと同様に小学館もスポンサーに入っていた(但し「ご覧のスポンサー」扱い)。TBCでも同年4月まではHBCと同様。その後いずれも白松がモナカ本舗の単独提供となっていたが、HBCは2019年6月現在ノンスポンサー。
  7. ^ 東北放送と同じ宮城県を放送対象地域とする仙台放送の『皇室ご一家』(フジテレビ制作)も白松がモナカ本舗の一社提供である。
  8. ^ ただし、提供クレジット読みはHBC・TBC・TUYそれぞれ行う。
  9. ^ 北海道、宮城県、山形県に高島屋の店舗がないため。
  10. ^ 2019年5月19日(※MBSでの放送日)放送分「新皇后 雅子さま」では、喉の不調により後輩アナウンサーの松川浩子が代演。
  11. ^ 2010年3月までは土曜 6:45 - 7:00、制作局のMBSより6日遅れの放送だった。
  12. ^ 2007年3月までは木曜 9:55 - 10:10、2007年4月 - 2009年6月は火曜 9:55 - 10:10、2009年7月・8月は月曜 9:55 - 10:10、9月は土曜 4:45 - 5:00、10月からは日曜 5:45 - 6:00。後にTBSと同時ネットに変更。
  13. ^ 2017年4月1日開始(テレビ静岡でのネットが打ち切りとなって以来の再開)
  14. ^ 2017年10月7日開始(実質的に再開)。
  15. ^ 2015年度までは土曜 6:45 - 7:00。土曜 6:15 - 6:30に移動し、現在は更に同曜日で15分繰り上がっている。
  16. ^ みのもんたのサタデーずばッと』のフルネット移行により移動、2008年10月4日から2016年3月までは土曜 5:30 - 5:45。『報道LIVE あさチャン!サタデー』のフルネット堅持も、放送時間変更に伴う措置。
  17. ^ 2014年6月までは土曜 5:30 - 5:45。その後2016年3月までは土曜 5:45 - 6:00、後に土曜 5:15 - 5:30。
  18. ^ 2009年12月までは日曜 5:15 - 5:30。一時期、日曜 5:45 - 6:00になったが、以前の放送時間に戻している。
  19. ^ 2016年3月までは土曜 5:30 - 5:45に(『報道LIVE あさチャン!サタデー』のフルネット堅持も、放送時間変更に伴う措置)、2018年3月25日までは日曜 5:30 - 5:45に放送。
  20. ^ この枠は朝日放送とのネットチェンジ後は『必殺シリーズ』(朝日放送の制作)の時間帯になる。
  21. ^ 放送当時の局名は日本教育テレビ(NET)
  22. ^ 腸捻転解消でTBSへ移行。
  23. ^ 北海道テレビ開局後も引き続き放送。1975年3月29日時点では土曜 10:30 - 10:45に放送(出典:『北海道新聞』(縮刷版) 1975年(昭和50年)3月 テレビ欄)。腸捻転解消で北海道放送へ移行。
  24. ^ 腸捻転解消で青森テレビへ移行(青森テレビは1970年にNET(現テレビ朝日)系列で開局したが腸捻転時代は継続放映)
  25. ^ 腸捻転解消で東北放送へ移行
  26. ^ 宮城テレビ開局後も放送。
  27. ^ a b c d e f g h i j k 途中打ち切り。
  28. ^ 秋田テレビ開局後から腸捻転解消の間も放送。
  29. ^ 現在は『皇室日記』を放送。
  30. ^ テレビユー山形開局により移行。
  31. ^ フジテレビ系列へのネットチェンジに伴い1983年3月打ち切り
  32. ^ 福島中央テレビ開局後も放送。
  33. ^ 1984年1月から。
  34. ^ 1973年7月15日まで放送。
  35. ^ 1973年9月30日から。1990年10月にチューリップテレビへ移行。
  36. ^ 腸捻転時代も放送。
  37. ^ 名古屋テレビへ移行。
  38. ^ 名古屋テレビ開局後も暫く放送。
  39. ^ 『北日本新聞』1968年4月6日付朝刊、テレビ欄。
  40. ^ 時差ネット。
  41. ^ 腸捻転解消で中部日本放送(現:CBCテレビ)へ移行。
  42. ^ 開局より少し遅れて山陽放送から移行(1971年9月30日時点では山陽放送で木曜11:00 - 11:15に放送。出典:同日の中国新聞テレビ・ラジオ欄)。
  43. ^ 腸捻転解消で山陽放送へ再移行。
  44. ^ 1966年4月1日時点では金曜22:00 - 22:15に放送(出典:同日の産経新聞朝刊テレビ欄)
  45. ^ 山陰放送へ移行(鳥取・島根相互乗り入れ時か腸捻転解消時かは不明)
  46. ^ 1964年9月に中国放送から移行。1971年6月27日時点では日曜 12:45 - 13:00に放送(出典:同日の中国新聞ラジオ・テレビ欄)
  47. ^ 1971年10月に広島テレビから移行。1975年10月4日時点では月曜9:45 - 10:00に放送(出典:同日の中国新聞ラジオ・テレビ欄)。
  48. ^ 腸捻転解消で中国放送へ再移行。
  49. ^ 腸捻転解消でテレビ山口へ移行。
  50. ^ 日曜日15:30からの遅れネット。
  51. ^ 腸捻転解消で打ち切り。
  52. ^ 瀬戸内海放送開局後も放送。
  53. ^ あいテレビへ移行。
  54. ^ 編成により一時的に南海放送から移行。出典:1977年7月10日時点では日曜17:30から放送(出典:同日の中国新聞テレビ・ラジオ欄、24ページ)
  55. ^ 腸捻転解消でテレビ高知へ移行。
  56. ^ 腸捻転解消でRKB毎日放送へ移行。
  57. ^ 1978年頃打ち切り
  58. ^ その後も海邦国体昭和天皇崩御にかけて数々の沖縄と皇室を巡る問題が浮上(同局で同名のドキュメンタリーとして放送された、いわゆる「遅すぎた聖断」)し、労組の反発もあって現在に至るまでレギュラー放送は再開されていない。
  59. ^ 「皇室アルバム 昭和から平成」DVDとブルーレイ - 毎日新聞(社告)・2018年12月22日

各局の皇室番組[編集]

外部リンク[編集]

毎日放送(MBS)(本番組までNETテレビ系列の自社制作枠) 金曜日22:30 - 22:45枠
前番組 番組名 次番組
金曜名画座(NETテレビ制作)
※21:00 - 22:46
※設置後は22:26終了。
皇室アルバム
(1969.10 - 1975.3)
ここからTBS系列にネットチェンジ
金曜ドラマ・許せない愛(TBS制作)
※22:00 - 22:55
※金曜ドラマの枠自体はABCから番組移行
NET系列 金曜日22:30 - 22:45枠(ここまでMBSの制作枠、一部地域を除く。)
金曜名画座(NET制作)
※21:00 - 22:46
※設置後は22:26終了。
皇室アルバム
(1969.10 - 1975.3)
必殺必中仕事屋稼業
※22:00 - 22:55
腸捻転解消後はABC制作枠
毎日放送、TBS系列 土曜日9:30 - 9:45枠
皇室アルバム
(1975.4 - 1996.3)
王様のブランチ(第1部)
※9:30 - 11:45
(一部地域は別番組)
毎日放送、TBS系列 土曜日6:45 - 7:00枠
皇室アルバム
(1996.4.6 - 2002.3.30)
みのもんたのサタデーずばッと(第1部)
※5:45 - 6:30
(一部地域は別番組)
TBS 土曜日5:30 - 5:45枠
皇室アルバム
(2002.4.6 - 2016.3.26)
報道LIVE あさチャン!サタデー・第1部
※5:30 - 6:00
【ここからTBS制作、15分繰り上げ・30分短縮して継続】
毎日放送 日曜日6:30 - 6:45枠
不明
皇室アルバム
-
TBS 土曜日5:15 - 5:30枠
ぜひモノ
※5:00 - 5:30
【15分繰り上げて継続】
皇室アルバム
(2016.4.2 - )
-