夏目三久

半保護されたページ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

なつめ みく
夏目 三久
プロフィール
愛称 夏目親方[1]
夏目ちゃん
ミクちゃん
ミクパン
ミクティ など
出身地 日本の旗 日本大阪府箕面市
生年月日 (1984-08-06) 1984年8月6日(38歳)
血液型 O型
最終学歴 東京外国語大学外国語学部(ベトナム語専攻)
職歴 日本テレビ放送網
編成局アナウンス部
活動期間 2007年 - 2011年1月(日本テレビ)
2011年4月 - 2021年9月
ジャンル 情報番組・バラエティ
配偶者 有吉弘行(2021年 - )[2]
著名な家族 夏目三法
出演番組・活動
出演経歴 おもいッきりDON!
アナ☆パラ
マツコ&有吉の怒り新党
真相報道 バンキシャ!
あさチャン!
その他 go!go!ガールズ
ベアーズ

夏目 三久(なつめ みく、1984年8月6日 - )は、日本の元フリーアナウンサー・元日本テレビアナウンサー[3]大阪府箕面市出身。引退前の所属事務所は田辺エージェンシー。夫はお笑いタレントの有吉弘行

来歴

聖母被昇天学院小学校同志社女子中学校、同志社女子高等学校東京外国語大学外国語学部ベトナム語専攻)卒業。

学生時代

中学・高校時代は 新体操部に所属しており、個人の部(ボール)・京都大会6位、団体の部・京都大会3位の経歴を持っている[4]

2002年、高校3年の時に姫路獨協大学主催の第15回高校生英語スピーチコンテストで最優秀賞を受賞している[5]

大学時代、部活はスペイン舞踊部で、全国学生フラメンコ連盟に所属。また、アメリカ合衆国シアトル市に短期語学留学した。

また、テレビ朝日アスクに通っており、同局アナウンサーの久保田直子から講義を受けていたことを後年『マツコ&有吉 かりそめ天国』の特番で明かしている[6][7]

日本テレビに入社

2007年
4月、入社。入社式で「一番好きな番組」に「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」を挙げている[8]7月30日、『あすの天気』にてアナウンサーデビュー。
10月1日スタートの昼の帯番組『おもいッきりイイ!!テレビ』のアシスタントに抜擢される。
12月20日、翌2008年の日本テレビ開局55周年をPRするため結成した「go!go!ガールズ」の初お披露目を「日本テレビ開局55年プロジェクト」(2008年1月 - 2009年3月)の会見の場で行った。
2008年
2月17日に挙行された東京マラソンに出場[9]、6時間34分04秒で完走[10]
7月12日公開のアニメ映画それいけ!アンパンマン 妖精リンリンのひみつ』で声優デビュー。go!go!ガールズとして、ダンスが大好きな3匹の猿の1匹・ミクッキーというキャラクターを担当。
10月、『笑ってコラえて』開始13年目を迎えてリニュアルされることになり、夏目が新アシスタントを担当することになった[8]
12月5日、go!go!ガールズで歌手デビューも果たし、12月7日に日本テレビゼロスタ広場でデビューイベントを行った[11]
2009年
2月18日、開局55年記念コンピレーションCD『ベスト・ヒット!日テレ55 エイベックス・エディション』[12]でCDデビュー、ジャケット写真は宮崎宣子とのツーショットだった。
3月3日、go!go!ガールズの活動を記録した写真集『go!go!ガールズ卒業写真集 -Graduation-」[13]が発売された。7月9日、日本テレビのアナウンサーユニット「ベアーズ」結成メンバーに加わる。
2011年
1月31日付で日本テレビを退職[14][15]

フリーアナウンサーとして

2011年4月5日から2016年3月30日まで、テレビ朝日系列のバラエティ番組『マツコ&有吉の怒り新党』にて他局初出演。
2012年
4月8日からラジオ番組『夏目三久 Tokyo♥ナビゲッチュ〜!』がニッポン放送でスタートする。
4月15日から、初の冠TV番組[16]ナツメのオミミ』がスタートする。以降、夏目MCの深夜バラエティ番組『ナツメ・道楽』『夏目☆記念日』『夏目と右腕』『ヤーヌス』『はくがぁる』『 chouchou』『 ポルポ』『 アニマルエレジー』の全9番組が、放送時間帯を変更しつつ2021年9月26日までの約9年間、テレビ朝日系で放送された。
2013年
4月より、日本テレビの『真相報道 バンキシャ!』の総合司会に就任。前任の鈴江奈々産休に入ったため[17][18]
2014年
3月31日、『あさチャン!』の総合司会に就任。
2021年
4月2日、お笑いタレントの有吉弘行と前日の4月1日に結婚したことを所属事務所を通じて発表した[2]
4月23日、怒り新党の後番組である『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日)に有吉と共に出演。共演者であるマツコ・デラックスに今後の仕事について質問された際に、同年秋を以って芸能界を引退することを発表した[19]
9月30日、有吉と共に出演した怒り新党の緊急生放送『マツコ&有吉 怒り新党 解散!!生放送2時間スペシャル』が最後のテレビ出演となり、この日を以って芸能界を引退した[20]

人物

家族

エピソード

出演

日本テレビ時代

go!go!ガールズ#主な活動も参照。

BS日テレ

参考:BS日テレ
  • 東京マラソン2008ダイジェスト(2008年2月17日放送) - 走者として
  • go!go!ガールズがご案内!ルノワール+ルノワール展の魅力、全部見せます!!(2008年4月7日放送)
  • アナウンサーコンチェルト(2008年11月15日放送)
  • 加藤夏希のトレンドアイズ #24(2009年2月25日放送) - go!go!ガールズとして出演

シーエス日本

参考:シーエス日本
  • WeeklyNews24(CS日テレNEWS24、2007年9月 - 2008年3月) - 不定期
  • イチオシ!!日テレ☆アナちゃん #8 (日テレプラス、2008年4月2日他)ミニコーナーにチャイナ服姿で番組PRするgo!go!ガールズ
  • G+「月間PR」(日テレG+、2008年9月後半紹介分など、不定期に)
  • ぷらナビ(日テレプラス、2008年12月紹介分など、不定期に)
  • ぷらナビスピンオフ 見せちゃうぞ!映画 252 生存者あり(日テレプラス、2008年12月1日ほか放送)

日テレNEWS24

  • 日テレNEWS24(2009年10月3日 - ) - 土曜日(12:00 - 19:00)担当

ラジオ日本

参考:ラジオ日本

映画

フリー転向後

テレビ

テレビドラマ
  • 日曜劇場 半沢直樹(TBS)
    • 2013年版(2013年7月7日 - 9月22日)- 東京中央銀行のイメージキャラクター 役
    • 2020年版(2020年7月19日 - 9月27日)- 東京中央銀行のイメージキャラクター 役[27]

ラジオ

映画

CM

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ “夏目三久も沈痛「気持ち立ち直れない…」 “夏目親方”と呼ばれる相撲好き”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2017年11月15日). https://www.daily.co.jp/gossip/2017/11/15/0010733711.shtml 2021年4月24日閲覧。 
  2. ^ a b “有吉弘行と夏目三久が結婚 所属事務所が発表”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2021年4月2日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202104020000943.html 2021年4月2日閲覧。 
  3. ^ “夏目三久、熟れ時35歳の気になるニット越しバストの“ボリュームアップ”!”. アサ芸プラス. (2019年12月8日). https://www.asagei.com/excerpt/138918 2020年2月16日閲覧。 
  4. ^ この『夏』の『目』玉商品です! 2007年4月入社の新人アナウンサー1名を紹介いたします。”. 日本テレビ (2007年8月1日). 2013年4月30日閲覧。
  5. ^ 姫路獨協大学 学内広報誌「HDU21」第29号”. 姫路獨協大学総務部 (2002年10月1日). 2009年1月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月24日閲覧。
  6. ^ 夏目アナ、学生時代に久保田アナの講義受けていた「ガハハという笑顔で」”. 日刊スポーツ (2021年4月23日). 2021年4月24日閲覧。
  7. ^ 合格者一覧 2007年度実績”. テレビ朝日アスク. 2021年5月22日閲覧。
  8. ^ a b “新装開店「笑ってコラえて」に夏目三久アナ”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2008年9月20日). オリジナルの2008年9月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080920122953/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2008/09/20/04.html 2008年9月20日閲覧。 
  9. ^ 日本テレビ開局55年記念番組「東京マラソン2008」|番組注目ランナー紹介(2008年2月22日時点のアーカイブ
  10. ^ 東京マラソン2008 完走者の個人記録検索/Runner Search
  11. ^ “日テレ「go!go!ガールズ」歌手デビュー!竹内まりやカバー、直接指導も”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2008年12月5日). オリジナルの2008年12月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081207012236/http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20081205-OHT1T00032.htm 2008年12月5日閲覧。 
  12. ^ ベスト・ヒット! 日テレ55 | 日テレ開局55年”. 2009年2月21日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年3月4日閲覧。
  13. ^ go!go!ガールズ卒業写真集 -Graduation- | 日テレ開局55年”. 2009年2月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年3月4日閲覧。
  14. ^ “すでに有休消化入り…夏目アナ今月退社”. 日刊スポーツ. (2011年1月7日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20110107-721668.html 2013年4月30日閲覧。 
  15. ^ “羽鳥・夏目アナが退社へ 日本テレビ”. 47NEWS. 共同通信. (2011年1月24日). オリジナルの2011年1月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110128220913/http://www.47news.jp/CN/201101/CN2011012401000694.html 2013年4月30日閲覧。 
  16. ^ 「夏目三久、TV初冠番組でマツコと有吉の偉大さを実感 oricon.news 2012年4月5日
  17. ^ 鈴江アナ産休「バンキシャ」後任は夏目アナ”. 日テレNEWS24. 日本テレビ (2013年1月30日). 2014年7月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月24日閲覧。
  18. ^ “「バンキシャ!」4月から夏目三久アナ…鈴江奈々アナ産休で”. YOMIURI ONLINE (読売新聞). (2013年1月30日). オリジナルの2013年2月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130206145625/http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news2/20130129-OYT8T00991.htm 2021年4月24日閲覧。 
  19. ^ “夏目三久アナは秋で芸能界引退へ、有吉「2人で相談して」”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2021年4月23日). https://www.nikkansports.com/m/entertainment/news/202104230001133_m.html?mode=all 2021年4月23日閲覧。 
  20. ^ “夏目三久「怒り新党」で芸能界引退 笑顔で別れ 有吉弘行と最後の夫婦共演 最後のメールは夏目”. スポニチアネックス (スポーツニッポン新聞社). (2021年9月30日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/09/30/kiji/20210930s00041000560000c.html 2021年9月30日閲覧。 
  21. ^ “お嬢さまぞろいの女子アナ…“実家がいちばんお金持ち”は誰?”. 女性自身 (光文社). (2013年6月28日). オリジナルの2013年8月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130801180322/http://jisin.jp/news/2592/6018/ 2021年4月24日閲覧。 
  22. ^ “日テレ女性アナウンサーも創業者一族 イー・ガーディアン買い人気沸騰 大塚HD、メディカルネット登場に追い風か”. NSJ日本証券新聞 (日本証券新聞社). (2010年12月2日). オリジナルの2012年11月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121101091714/http://www.nsjournal.jp/column/detail.php?id=236406&dt=2010-12-02 
  23. ^ 今大会初出場!中継MC夏目三久アナ”. FIFAクラブワールドカップジャパン2007. 日本テレビ (2007年11月30日). 2013年4月30日閲覧。
  24. ^ アナ給湯室 #755 (2008/11/28) 「クラブのワールドカップ特集」(後編)“ファンクラブ会員”
  25. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 夏目三久 - オリコンTV出演情報
  26. ^ 夏目三久アナ:新番組「ポルポ」でタコと共演 リアクション磨きに意欲”. まんたんウェブ (2019年1月30日). 2019年1月30日閲覧。
  27. ^ “夏目三久アナ「半沢直樹」続投「本当に恐縮」東京中央銀行のイメージキャラクター役 堺雅人も「お世話に」”. Sponichi Annex. (2020年7月17日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/07/17/kiji/20200717s00041000165000c.html 2020年7月17日閲覧。 
  28. ^ 小栗旬&夏目三久が映画に出演決定!”. 『映画ドラえもん 新・のび太の大魔境〜ペコと5人の探検隊〜』公式サイト (2014年1月22日). 2021年4月24日閲覧。
  29. ^ a b c 夏目三久 - オリコンCM出演情報
  30. ^ “夏目三久が堺雅人の議員秘書役に挑戦…スカパー新CMで”. スポーツ報知. (2016年10月20日). オリジナルの2016年10月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161020070506/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20161020-OHT1T50149.html 2016年10月20日閲覧。