草野仁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
くさの ひとし
草野 仁
プロフィール
出身地 満州国の旗 満州国新京
生年月日 1944年2月24日(72歳)
血液型 A型
最終学歴 東京大学文学部社会学科
職歴 NHKアナウンサー
TBS局契約
→フリー
活動期間 1967年 -
ジャンル 情報・バラエティ・スポーツ
配偶者 あり
公式サイト 草野仁の日々是精仁
出演番組・活動
現在 世界・ふしぎ発見!
過去 朝のホットライン
ザ・ワイド
草野☆キッド』など
その他 ロサンゼルスオリンピック中継(総合司会)
今上陛下即位10年関連行事司会進行

草野 仁(くさの ひとし、1944年2月24日 - )は日本のニュースキャスター司会者。元NHKアナウンサー身長169cm、胸囲120cm(2005年時点)[1]

略歴・人物[編集]

1944年、満州国新京(現:中国吉林省長春)に生まれる。父は数学者で長崎大学名誉教授草野萬三郎、母は音楽教師。2歳の時に引き揚げ長崎県島原市で育つ。島原市立島原第一中学校卒業後、長崎県立島原高等学校に進学。その後、長崎県立長崎西高等学校への転校を経て東京大学文学部社会学科を卒業。卒業論文のテーマは「戦後沖縄における対米感の推移」[2]

1967年NHK入局。報道記者志望だったにも関わらず、アナウンサーで採用された。鹿児島福岡大阪東京アナウンス室などでの勤務経歴がある。また鹿児島局から福岡局へ転勤した頃に自律神経失調症を患い、当時を振り返って『病は気からだった』と述懐している[3]

1985年にNHKを退職。この頃「アナウンス室は報道局の指示に全て従う」と通達が発せられ、報道局の言いなりとなることを危惧したからであったと後述している[4]。並びにTBSと一時専属契約(TBSとの専属契約は1991年まで)し、同年4月から同局の『朝のホットライン』の司会を担当。

以後、主に主婦向けのテレビ番組で人気を博している。また、フリーとなってからは各地で講演もしている。 フリー転身後はほぼ司会・キャスターの仕事に専念していたが、テレビ朝日草野☆キッド』等のバラエティ番組に出演してこれまで見せてこなかった「肉体派」「ボケキャラ」の一面を披露して視聴者を驚かせたり、コミカルなCMに出演するなど還暦を越えてからも様々なことに積極的にチャレンジしている。

歌唱力も優れており、CDデビューの経験があるほか、フジテレビお笑い芸人歌がうまい王座決定戦スペシャル』の常連出演者であり優勝経験がある。

妻とは逆プロポーズで結婚を決意するが、相手が高卒で年上である事から両親には猛反対された。両親の反対を押し切って籍を入れたが結婚式もせず、指輪も買わないまま48年を迎えたと快傑えみちゃんねるで語った。[5]

スポーツアナウンサーとして[編集]

かつての草野はスポーツアナウンサーとして知られ、1976年モントリオールオリンピック実況中継担当、1984年ロサンゼルスオリンピック中継、『ニュースセンター9時』のスポーツコーナーキャスター、『テレビスポーツ教室』の司会などを歴任した。

モントリオールオリンピックでは、競泳男子100m自由形決勝でジム・モンゴメリーアメリカ合衆国)が50秒の壁を破る49秒99の世界新記録を出して優勝したレースでの実況(NHKラジオ第1放送)などを担当した。

1980年レークプラシッド冬季五輪では男子スピードスケートエリック・ハイデン(アメリカ合衆国)が500m、1,000m、1,500m、5,000m、10,000mと全ての距離のレースを制覇し史上初の五冠王に輝いたすべてのレースの実況を担当したのも草野である。

2008年北京オリンピックではテレビ東京のオリンピック放送メインキャスターを務めた。草野にとってはNHK時代の1984年のロサンゼルスオリンピック、そして1992年バルセロナオリンピックニッポン放送をキーステーションに全国ラジオ局共同放送)以来のオリンピック中継担当であった。

競走馬馬主として[編集]

草野が一口馬主として出資したブエナビスタ

NHK入局当時からの競馬ファンでもあった草野は競馬中継も担当しており、グリーングラステンポイントトウショウボーイを降して勝った1976年菊花賞シンボリルドルフが三冠達成した1984年の菊花賞などの実況も担当していた(初実況は1975年の菊花賞)。日本ダービー1982年に実況した。

フリーになってから馬主登録を行い、2001年の菊花賞に出走したメイクマイデイを所有(8番人気で6着)している。
また、一口馬主としてカッティングエッジ(第24回クイーンカップ優勝)を始めダンスインザダークダンスインザムードブエナビスタというGIレース優勝馬を持っている。岡部幸雄を始めとして競馬関係者との交友もあり、自ら執筆した競馬に関するエッセイも書籍化されている。

草野の実況は杉本清を手本とした部分もあったと『優駿』2010年5月号での杉本の対談でも語っていた。

エピソード[編集]

  • 少年時代から運動能力が抜群であった[1][6]
    • 中学時代は長崎県大会の陸上100mで優勝。高校時には100mを11秒2(当時のインターハイ決勝進出レベル)で走った。ソフトボール投げは86mを記録し、頼まれて出場した高校野球の新人戦では4番を打った。だが「勉強もしない根性無しがスポーツをやってもダメだ」と父親に叱られ、当時入部していた陸上部を強制的に退部させられた。
    • 大学時代はひょんな事から相撲国体・長崎県予選に参加することになったが、当時77.5kgの体で130kgの前年度優勝者を投げ優勝してしまった。しかし、大学の卒業論文を仕上げなければならないとの理由で国体出場を辞退した。
    • NHK新人時代には上司とアマチュアレスリングの取材に行き「お前もやってみろ」と言われ関西大学の現役学生選手と対戦したところ、未経験ながら勝ちを収めてしまったという逸話もある。
  • 剣道の有段者(二段)でもあるほか日頃からウエイトトレーニングを欠かさず、ベンチプレスでは100キロ超を挙上する。リンゴを片手で握りつぶしたり、分厚い電話帳を真っ二つに引きちぎったり、親指と人差し指でクルミを潰すこともできる。これらにより、テレビCMでも草野の肉体にスポットを当てた企画が登場した。多忙の身でありなかなかジムでトレーニングをする時間が取れないため、現在では自宅でトレーニングをしているとのこと。「自分で自分の体をコントロール出来るように」と5kgのダンベルをほぼ毎日300回している。昔は15kgのダンベルを使用していた[1]
  • 穏やかで怒らなさそうな見た目だが、内心は短気であり、店員がメニューを間違えると「職業柄怒れないが、内心はキレている」という。また、潔癖な部分があるが本人は「ちょっと神経質」と話している。アナウンサーの言葉遣いが間違っているのも気になるらしく、テレビにツッコミを入れている。本人の考えとして、どの職業もプロなのだからプロフェッショナルな仕事をすべきという持論があるためである。
  • ミニチュアダックスフントを二代続けて飼っており、現在は「モカ」と「クッキー」の2匹を飼っている。
  • 大のプロレスファン。特にアメリカのWWEを愛好していることで知られる。きっかけは「2000年に息子がテレビ観戦していた映像を横目で見たこと」といい、以後テレビ放送は毎週欠かさず視聴しているほか、WWEの日本公演もスケジュールが許す限り観戦している[7]2008年1月には日本公演のプロモーションのため来日したリック・フレアーからWWE・世界ヘビー級王座のチャンピオンベルトを贈られた[8]
  • 2007年9月、14年間司会を務めた日本テレビ・読売テレビ共同制作の『ザ・ワイド』が、読売テレビの制作撤退や、視聴率低下などから終了に至った。終了後は多くの番組にゲスト出演している。
  • 長崎育ちであり、お酒を飲まないため大好物はカステラ
  • 現在は個人事務所の「株式会社草野仁事務所」所属だが、同事務所には他に尾崎勇気(元関脇・隆乃若)、都築紗矢香羽田未蘭野が所属している(2015年8月現在)[12]。過去には中島亜梨沙立花優美も所属していた。

出演[編集]

現在の出演番組[編集]

テレビ

過去の出演番組[編集]

NHKの局アナ時代[編集]

テレビ

NHK退職後[編集]


出演CM(既に契約切れ(放送終了)も含む)[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

音楽[編集]

著書[編集]

  • 「人生ふしぎ発見!」(メディアファクトリー)1992.4. ISBN 4889912460
  • 「たかが競馬されど競馬」(大和出版)1993.5. ISBN 4804760245
  • 「娘へ」(小学館)1997.7. ISBN 4093963010
  • 「生きてるからこそ―私を変えたかけがえのない出会い49話」(小学館)1999 ISBN 4093963029
  • 「名言再発見―ハッとする100の言葉」(東京書籍)2002 ISBN 4487798752
  • 「何度でも使える乾杯・中締めのあいさつ」(大泉書店)2003 ISBN 4278035322
  • 「きみに話したかったこと」(ぶんか社文庫) 2008 ISBN 978-4821151691
  • 「信頼は、つくれる ~なぜ草野仁は、長寿番組の司会者であり続けられるのか?」(ワニブックス)2010 ISBN 978-4847065125
  • 「話す力」(小学館新書)2013 ISBN 9784098251773
  • 「老い駆けろ!人生」(角川新書) 2015 ISBN 978-4047316577

翻訳[編集]

  • 「父親 子どもの未来に悔いを残すな!」 ステファン・T.クレマー,三笠書房, 1998,ISBN 4837955533

脚注[編集]

  1. ^ a b c “草野仁はスーパーひとし君だった”. 日刊スポーツWeb. http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/interview/2005/sun050417.html 2016年3月13日閲覧。 
  2. ^ 草野仁の日々是精進 「恩師 辻村明先生」http://kusanohitoshi.com/hibikore/archives/2009/03/post-41.html
  3. ^ 他エピソードも掲載有“私のセルフメディケーション(1) 草野仁氏 エアロバイク、ダンベルで有酸素運動”. 日経BPネット. (2007年7月31日). http://www.nikkeibp.co.jp/style/secondstage/kenkou/chie100_070731_2.html 
  4. ^ 朝日新聞2011年3月6日28面「草野 仁が語る仕事(2)」より
  5. ^ 2016年2月12日放送「怪傑えみちゃんねる」
  6. ^ 日本テレビ おもいっきりDON! きょうは何の日”. 日本テレビ公式サイト. 2012年10月29日閲覧。
  7. ^ WWE日本公演の魅力を草野アナが語る - 日刊スポーツ・2008年2月11日
  8. ^ 草野仁、伝説のレスラーからチャンピオンベルトを奪取! - ORICON STYLE・2008年1月11日
  9. ^ キャンディス、Y2J、Woooooo! - J SPORTS online shop スタッフブログ・2008年1月10日
  10. ^ 2003年7月の来日公演「SMACKDOWN! UNLEASHED IN THE EAST(横浜アリーナ大会・神戸ワールド記念ホール大会)」のときのもの。
  11. ^ https://twitter.com/HBKOffice
  12. ^ 草野仁事務所
  13. ^ 草野仁、約19年ぶりに旅番組司会「生放送は独特の緊張感」”. ORICON STYLE (2015年12月6日). 2015年-12-06閲覧。

外部リンク[編集]