品川庄司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
品川庄司
SHINAGAWA SHOJI
メンバー 品川祐
庄司智春
別名 品庄
結成年 1995年
事務所 吉本興業
活動時期 1996年 -
出身 NSC東京校1期
出会い NSC
旧コンビ名 アンバサダー(品川)
フィルダースチョイス(庄司)
あん肝すな肝(庄司)
フェニックスブラザーズ(庄司)
クリーニングクリーム(庄司)
ミサイル
現在の活動状況 テレビ・ライブなど
芸種 漫才 ほか
ネタ作成者 品川祐
現在の代表番組 MIRAI系アイドルTV
過去の代表番組 すイエんサー
ココリコミラクルタイプ
笑っていいとも!
同期 ハチミツ二郎東京ダイナマイト
西田幸治笑い飯
中岡創一ロッチ
コウメ太夫
ラーメンズなど
受賞歴
2001年 爆笑オンエアバトル第3回チャンピオン大会 準優勝
2002年 ゴールデン・アロー賞 芸能新人賞
2005年 M-1グランプリ 決勝4位
テンプレートを表示
YouTube
チャンネル
活動期間 2020年 -
ジャンル エンターテイメント
登録者数 1.59万人
総再生回数 89.8万回
チャンネル登録者数、総再生回数は2020年11月15日時点。
テンプレートを表示

品川庄司(しながわしょうじ)は、吉本興業東京吉本)に所属する日本のお笑いコンビ。通称(略称)は品庄(しなしょう)。

メンバー[編集]

品川 祐(しながわ ひろし、1972年4月26日 - )ボケ・ネタ作り担当、立ち位置は向かって左。
48歳。身長173cm。
作家・映画監督として活動する際は「品川ヒロシ」名義を用いる。既婚で1女の父。
庄司 智春(しょうじ ともはる、1976年1月1日 - )ツッコミ担当、立ち位置は向かって右。
45歳。身長176.5cm。
妻は藤本美貴(元モーニング娘。)。1男2女の父。筋肉キャラで知られている。

来歴[編集]

  • 2人共に吉本総合芸能学院東京校(東京NSC)で出会い、1996年コンビ結成。なお、NSC東京校1期出身同士で組まれたコンビは2018年現在、品川庄司のみとなっている。
  • コンビ名の由来は単純にお互いの名字をあわせたもの。
    • 結成当初のコンビ名は『ミサイル』だったが勝ち抜き形式の番組で負けたため、縁起が悪いと考えて改名した。
    • テレビ朝日のプロデューサーからコンビ名が良くないと忠告されて『オレンジジュース』『レモンスカッシュ』などを提示したが違うと言われ、結局現在のままにした[1]
    • 『品川庄司』という語感からピン芸人[2]、あるいは会社名(品川商事)と誤解されたりする。
  • 爆笑オンエアバトル』にも出場経験がある。通算戦績7戦6勝。第3回チャンピオン大会では自身初、更にチャンピオン大会初のオーバー500を達成し、ファイナルに進出。優勝の可能性もあったがボール2個差でルート33に敗れ、チャンピオンを逃した。
  • 2000年に『わらいのじかん』の若手芸人によるコーナーへ出演した際、ダウンタウンに名前を覚えてもらう。後日マネージャーにお願いし、『HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP』の前説に抜擢された。同時期に『ロンドンハーツ』の前説も担当していた。
  • M-1グランプリは2002・04年と準決勝で敗退(2001・03年は参加見送り)。結成10年目の2005年大会において初めて決勝進出を果たした。若手の登竜門だったM-1に、すでに単独ライブや冠番組を多数経験していた人気芸人が出場するのは当時では異例だった。結果は4位で最終決戦への進出こそ逃したものの審査員の島田洋七から「番組が盛り上がる」、島田紳助から「10年目だけあって稽古量が伝わってきて感動した」と高評価を受けた。
  • 中川家麒麟次長課長ペナルティおぎやはぎらと共に現在の若手お笑い芸人ブーム到来よりも数年前(2000年代前半)に売れたため、「自分達はお笑いブームに上手く乗れていない」と発言することがある。2008年以降、10年にわたってコンビでのレギュラー番組は1本も持てなかった。しかし雛壇芸人としての評価は高く、不定期のゲスト出演は途切れたことがない。決して勢いだけではなく、お笑いブームの中で安定している芸人と言える。
  • コンビ仲の悪さで知られる。2年目ほどから仲は悪かったが、2006年頃から小説「ドロップ」の出版など品川個人の活動が活発になったことも拍車をかける。『めちゃ×2イケてるッ!』に映画「ドロップ」宣伝のために出演した際には、収録中のやりとりを巡って収録後に殴り合いのケンカに発展した。この頃が解散寸前の最も険悪な時期であったという。一方、映画公開後はメールで感想のやりとりするほど改善はされたがしこりは残っていた(コンビ仲が良くなっていったのは2018年頃から)。品川は小説や映画の仕事へさらにやる気を出し、コンビとしての新しいネタを書く機会は減少。庄司は結婚を機にピンとしてネタを披露する機会が増え、特に庄司の嫁である「ミキティー!」の叫びは最早ギャグと化している。また、R-1ぐらんぷり出場にも意欲を見せた。そして品川が庄司の特徴である筋肉キャラ・イケメンキャラにも浸食しつつある。
  • 2018年11月7日放送開始となる『MIRAI系アイドルTV』(TOKYO MX)にて、約15年ぶりにコンビで地上波レギュラー番組のMCを務める事となった[3][4]
  • 2019年4月より、結成25年を記念してコンビ初の全国ツアー「品川庄司漫才初全国ツアー」を開催[5]

芸風[編集]

  • しゃべくり漫才で、品川のボケに対して庄司が的確にツッコむスタイル。結成初期は主にコントを披露していたがオンエアバトルにて漫才で初めてオンエアされたため、漫才中心に移行した。なお、現在もライブを中心にコントを行うことがある。
  • 品川によると、庄司に漫才のネタを書いて貰ったところコンビで演じるネタなのに登場人物が3人になっていたため、その後はすべて品川がネタを書くようになったとのこと。

現在の出演番組[編集]

コンビでの主演番組のみ、単独での出演はそれぞれの項目を参照のこと。

レギュラー

不定期出演

過去の出演番組[編集]

テレビ
2008年春は品川が45問3:28.15で1位になった。
家庭訪問企画中に品川が庄司の家を荒らし「次に無茶したら退場」と警告を受ける。しかし翌週のシチュエーションコント企画で品川の肛門を見せる下ネタを執拗に繰り返したため、1年間出入り禁止に。ただし目出し帽を着用して「マスクマン」として出演継続。2005年1月1日のスペシャル、恒例の「露天風呂だるまさんがころんだ」中にマスクが取れて復帰。
放送開始当初は極楽とんぼの冠番組であり、タイトルも「極楽とんぼのこちらササキ研究所」であったが、メンバーである山本圭壱が同年7月13日の放送を最後に番組を降板したため、急遽8月3日放送分から山本の代役としてレギュラー出演していた。

・ 「シンクロナイズドテイスティング団体戦」レギュラー ・ 「恋のかま騒ぎ」コーナー

など

ラジオ

CM[編集]

  • アコム(2005年3月 - 2006年2月頃)一時期、品川庄司が歌うCM曲が流れていた(未発売)
  • 資生堂uno(2007年上半期)公式サイト上にてCM出演者をプレイヤーキャラにできるバトルゲームも公開

映画[編集]

DVD[編集]

単独ライブ

※販売元は全てよしもとミュージックエンタテインメント。

  • 「MANZAIドライブ」(2002年6月26日)
  • 「INSTANT」(2002年10月19日)
  • 「MANZAIドライブ2」(2003年5月28日)
  • 「8MEN」(2003年9月25日)
  • 「コントドライブ」(2004年3月24日)
  • 「POINT ~点~」(2005年2月23日)
  • 「デコレーション」(2006年2月22日)
テレビ番組
  • 「M-1グランプリ」関連(販売元はすべてよしもとアール・アンド・シー
    • 「M-1グランプリ2002完全版 ~その激闘のすべて・伝説の敗者復活戦45組すべて収録~」(2003年12月17日)- ※敗者復活戦のみ。
    • 「M-1グランプリ2004完全版 ~いざ! M-1戦国時代へ "東京勢の逆襲"~」(2005年4月27日)- ※敗者復活戦のみ。
    • 「M-1グランプリ2005完全版 ~本命なきクリスマス決戦! "新時代の幕開け"~」(2006年4月26日)
    • 「M-1グランプリ the BEST 2004~2006」(2007年12月10日)
  • 「ココリコミラクルタイプ 恋のみそ味 恋のしお味 DVD-BOX」(2003年9月3日、ポニーキャニオン
  • 「ココリコミラクルタイプ 恋のしょうゆ味 恋のとんこつ味 DVD-BOX」(2004年11月17日、ポニーキャニオン)
  • 「NO PLAN & その仲間たち 『今日だけ勘違いしていいですか!?』LIVE」(2004年7月7日、キューンミュージック
  • 「クイズ!ヘキサゴンII 2009合宿スペシャル in宮古島 & 熱海」(2010年3月24日、よしもとアール・アンド・シー)
その他
  • 「よしもと本物流 赤版Vol.1 ~月刊レンタルDVD~」2005年7月号 - ※非売品(レンタル専用)
  • 「YOSHIMOTO PRESENTS LIVE STAND 07 0429」(2007年10月24日、よしもとミュージックエンタテインメント)

舞台[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 余談だが、2001年10月~2007年10月まで「オレンジジュース」というお笑いコンビがプロダクション人力舎に在籍していた事がある(現在は解散)。
  2. ^ 2004年4月6日に配信されたゲンダイネットの『覆面座談会』という記事上で、ある女性タレントの交際相手ではないかとして名前を挙げられた。
  3. ^ 品川庄司が新バラエティ番組でMC、未来に活躍するアイドル育成”. お笑いナタリー (2018年11月2日). 2018年11月14日閲覧。
  4. ^ 品川庄司、「約15年ぶり」地上波レギュラーMC 素直に喜べず戸惑いも「浮かれるのは早い」”. ORICON NEWS (2018年11月5日). 2018年11月14日閲覧。
  5. ^ 結成25年の品川庄司、初の漫才全国ツアーへ「テレビでは見られない中年の本気」”. お笑いナタリー (2019年2月15日). 2019年2月25日閲覧。
  6. ^ 最高KBは通常回の数字を記録する為、チャンピオン大会での記録は最高KBとしてはカウントされない。
  7. ^ サイレントで庄司がモノボケで使ったシャンプーハットをもう一度使用した為、審査員5人全員が笑ったものの賞金100万円は没収され、番組史上初の失格になった。

外部リンク[編集]