サバンナ (お笑いコンビ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
サバンナ
メンバー 高橋茂雄
八木真澄
結成年 1994年
事務所 吉本興業
活動時期 1994年 -
出身 事務所直入
出会い 立命館中学校
現在の活動状況 テレビ・ライブなど
芸種 コント漫才
ネタ作成者 高橋茂雄
過去の代表番組 なるトモ!
オニ発注
おはよう朝日です
ヒルナンデス!など
同期 ロンドンブーツ1号2号
浜本広晃(テンダラー
有吉弘行
劇団ひとり
ふかわりょうなど
公式サイト 公式プロフィール
受賞歴
1997年 ABCお笑い新人グランプリ優秀新人賞
2009年 BGO上方笑演芸大賞
テンプレートを表示

サバンナは、吉本興業に所属する日本お笑いコンビ1994年結成。2人とも京都府出身。

メンバー[編集]

高橋 茂雄(たかはし しげお、1976年1月28日 - )(46歳)
ボケ(たまにツッコミ)・ネタ作り担当、立ち位置は向かって右。相方・八木はかなりの天然ボケであるためトーク番組などネタ番組以外では基本的に後輩の立場だが、八木に対して頭を叩きながらツッコむことも頻繁にある。
京都府京都市出身。
身長176cm、体重67kg。血液型A型。
立命館中学校立命館高等学校立命館大学産業社会学部情報メディアコース卒業。
通称「茂雄」。
「犬井ヒロシ」のキャラクターでも知られる。
八木 真澄(やぎ ますみ、1974年8月4日 - )(48歳)
ツッコミ(たまにボケ)担当、立ち位置は向かって左。天然ボケでネタ番組以外ではボケの立場。大学の後輩だった相方・高橋にはよく頭を叩かれながらツッコまれる。そして視聴者にも八木がツッコミということはほとんど知られていない。
京都府綴喜郡井手町出身。
身長176cm、体重73kg。血液型O型。
立命館中学校立命館高等学校、立命館大学産業社会学部卒業。
通称「八木ちゃん」「真澄」。
「有酸素運動マン」「置き引き」のキャラクターでも知られる。
ザ☆健康ボーイズなかやまきんに君とのコンビ)としても活動している。

経歴[編集]

  • 立命館大学在学中、学祭に来た千原ジュニア千原兄弟)が高橋の漫才を見て褒め、それから遊び心で現在のコンビを結成[1]。八木がコンビ名として『ジャマイカ』を提案してみると高橋からは反対され、地域名なら妥協してくれるだろうと『サバンナ』を代わりに考案してそのままコンビ名になった。高橋がハロルド作石の大ファンであるため、当時連載されていた『サバンナのハイエナ』にちなんでサバンナを考えたとも語っている。
  • 1994年4月コンビ結成、初舞台は1994年、心斎橋筋2丁目劇場のオーディションイベント「2丁目ワチャチャライブJr.」。吉本所属のコンビだが2人ともNSCへ一切通わずデビューしたという、NSC設立後養成所近経由でのデビューが多い芸人の中では珍しいパターン。芸歴としてはNSC大阪校12期(小籔千豊2丁拳銃COWCOWなど)より後輩だが、同13期(ブラックマヨネーズ野性爆弾次長課長など)よりは先輩という位置となっている。云わば12.5期という立ち位置になる(広義ではNSC大阪校12期と同期であり、コンビ歴が比較的近いのはロンドンブーツ1号2号DonDokoDonペナルティテンダラー)。吉本以外では猿岩石スープレックスビビるやるせなすふかわりょうにしおかすみこなどが同期扱いとなる。
    • デビュー直後の2人がファミレスでネタ合わせをしていたところ、小杉竜一(ブラックマヨネーズ)が偶然通りかかった(当時の小杉はNSC在籍中でデビュー前)。前述の通りサバンナはNSCに通っておらず、自分よりも先輩だとは全く思わなかった小杉は「何や自分らお笑いやってるん? まあ頑張りや!」と偉そうに声を掛けて去っていった[2]
  • 2008年以降にブレイクしてからはコンビとしての活動を熟す一方で、機転の利いたツッコミや回転の速さが評価された高橋によるピンでの仕事が目立っていく。八木も持ち前のギャグや筋肉キャラなどでピンでの仕事はあるが、高橋ほど多くはない。
  • 2022年3月31日に放送分の『ヒルナンデス!』を卒業したことにより、コンビにおける東京でのレギュラー番組は消滅した。

エピソード[編集]

  • 芸風は主にコントを得意とし、ネタに登場するキャラクターは100以上にもなる。漫才も演じており、M-1グランプリでは準決勝まで進出した経験を持つ。
  • 高橋が扮する『エンタの神様』でエンディングを担当するキャラクター、犬井ヒロシは本来2002年頃に完成したサバンナの看板コント「ブルース」でのキャラクターだった。エンタの神様以外でも「よしもとサンサンTV」で「犬井ヒロシ」というメインのコーナーをもっていた。
  • 犬井ヒロシで一気に全国区へ知られたため、当初は営業など高橋のみのオファーが多かった。しかし営業はコンビでしか受けないと高橋が決めており、そのことには今でも感謝していると八木は述べている[3]。ただしその後、八木のギャグが全国区に知られるようになってからは柄の悪い舞台を苦手とする高橋が営業に参加せず、八木単独(もしくは『ザ☆健康ボーイズ』として)で営業を受けるようになっているという[4]
  • 2人は柔道部の先輩後輩の関係で、八木が先輩、高橋が後輩である。八木が黒帯で主将を務めるほどの実力者だったが、高橋は全く目立たない部員だった。
  • 2009年春、2人とも活動拠点を東京へ移した[5]。当初は東京・大阪にそれぞれ家を借りていたが、1年後に高橋は大阪に借りていた家を後輩の西代洋(ミサイルマン)へと譲っている。一方の八木は大阪にも家を借り続け、妻はそこに住んでいる。
  • 正月特番である『芸能人格付けチェック2012』に、芸人による予選大会を勝ち抜いた特別枠としてAKB48の派生ユニット・ノースリーブスと共に出演。結果自体は最下位の「映す価値なし」こそ逃れたものの、その次点に当たる「そっくりさん」と不本意な成績であった。ちなみに前回の『芸能人格付けチェック2011』には、芸人による予選大会にて出場している。
  • 2人の両方の名前が「プロ野球選手の名前」であるため、野球好きの芸人からネタにされることがある(例:高橋=高橋由伸+長嶋茂雄、八木=八木裕+桑田真澄)。
  • 日本テレビの昼の情報番組・『ヒルナンデス!』では放送開始当初から出演し続けている数少ないレギュラーメンバー[6]として、お笑いコンビでは唯一出演し続けていたが、2022年3月31日の放送を以って卒業した[7]

受賞歴[編集]

出演[編集]

メンバー単独での出演は八木真澄高橋茂雄の項を参照。

テレビ番組[編集]

現在のレギュラー

不定期

不定期特番

  • 芸人報道(日本テレビ、2010年4月5日 - 2014年3月31日、2014年6月6日 - )- 高橋のみ、レギュラー放送終了後は不定期放送。八木もゲストとして出演経験あり

過去のレギュラー

過去の準レギュラー

テレビアニメ[編集]

映画[編集]

CM[編集]

犬井ヒロシがステージで歌い、八木は客席の警備員として出演。
犬井ヒロシが教室で歌い、八木は教師として教壇にいる。
キモチスイッチCMバトル2007」東京都担当
  • NAVITIME
  • リクルートジョブズ From A navi(2012年8月 - )[8]

ラジオ番組[編集]

ウェブテレビ[編集]

  • 和田アキ子 史上初の誕生会生中継(2019年4月10日、AbemaTV[9]

DVD[編集]

  • サバンナのハイエナ
  • うめだ花月2周年記念DVD 永久保存版
  • うめだ花月2周年記念DVD A級保存版
  • バトルオワライヤル
  • 緊急特別DVD 追悼ケンドーコバヤシさん
  • 宇宙ターザン

出版[編集]

八木が手帳に書き溜めていた、想像上の怪獣のイラストをまとめた本。
  • 『ぼくの怪獣大百科【レッド】』(扶桑社、八木真澄、ISBN 978-4594049706
怪獣大百科の第2弾。怪獣一つ一つがカラーで紹介されている。着色は実母が担当。
  • 『世界一長続きするダイエット』(ヨシモトブックス、八木真澄、ISBN 978-4847019067

関連書籍[編集]

単独ライブ[編集]

  • 1995年
    • 11月18日 - 「頭投げ」(心斎橋筋2丁目劇場/大阪)
  • 1999年
    • 5月25日 - 「サバンナのハイエナ」(TORII HALL/大阪)
  • 2000年
    • 3月30日 - 「サバンナのCONTE LIVE」(baseよしもと/大阪)
    • 11月28日 - 「デス」(baseよしもと/大阪)
    • 12月28日 - 「サバンナの満点ジャック」(baseよしもと/大阪)
  • 2001年
    • 6月28日 - 「デス」(baseよしもと/大阪)
    • 7月26日 - 「サバンナのスキッピーパンチ」(baseよしもと/大阪)
    • 10月30日 - 「デス」(baseよしもと/大阪)
    • 12月20日 - 「サバンナの満点ジャック」(baseよしもと/大阪)
  • 2002年
    • 3月22日 - 「サバンナのハイエナ」(baseよしもと/大阪)
    • 5月22日 - 「SオとMミ」(baseよしもと/大阪)
    • 6月27日 - 「バンナ&ローゼス」(baseよしもと/大阪)
    • 7月24日 - 「サバンナチェリ雄」(baseよしもと/大阪)
    • 9月19日 - 「サバンナシチュー」(baseよしもと/大阪)
    • 11月13日 - 「シゲオラモーンとマスミラモーン」(baseよしもと/大阪)
    • 12月12日 - 「サバンナの満点ジャック」(baseよしもと/大阪)
  • 2003年
    • 3月26日 - 「サバンナのハイエナ」(なんばグランド花月/大阪)
    • 5月28日 - 「マスミボールとシゲオボール」(baseよしもと/大阪)
    • 9月21日 - 「サバンナの北の狼 南の虎」(うめだ花月/大阪)
  • 2004年
    • 1月12日 - 「サバンナの太陽にもしものことがあったらど〜する?」(うめだ花月/大阪)
    • 2月14日 - 「サバンナの3か4回目」(うめだ花月/大阪)
    • 4月9日 - 「サバンナのタケノコダイナマイト」(うめだ花月/大阪)
    • 5月8日 - 「サバンナから君へ」(うめだ花月/大阪)
  • 2005年
    • 2月11日 - 「サバンナのノースシャワー」(うめだ花月/大阪)
    • 4月9日 - 「サバンナのNOKY(なかなかおーけーゆわへん)」(うめだ花月/大阪)
    • 5月31日 - 「サバンナのホー65」(うめだ花月/大阪)
    • 10月8日 - 「サバンナのハイエナ」(大阪ビジネスパーク円形ホール/大阪)
    • 11月14日 - 「サバンナのハイエナ 2005」(シアターVアカサカ/東京)
  • 2006年
    • 03月21日 - サバンナライブ〜プレーンなトレーナー〜(うめだ花月/大阪)
    • 11月02日 - サバンナのトークライブ(うめだ花月/大阪)
  • 2007年
    • 1月20日 - サバンナコントライブ〜travelingを聴きながら〜(うめだ花月/大阪)
    • 2月04日 - サバンナライブ〜今回は入院しない方向で〜(ルミネtheよしもと/東京)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ チハラトーク祇園花月会場で高橋本人が発言。
  2. ^ 2011年4月16日『ブラマヨとゆかいな仲間たち アツアツっ!』より。
  3. ^ 2012年6月17日『東西芸人いきなり!2人旅』より。
  4. ^ 2020年10月20日『あちこちオードリー』より。
  5. ^ 2009年5月21日放送『浜ちゃんが!』より。
  6. ^ サバンナ以外ではいとうあさこ横山裕(関ジャニ∞)、久本雅美らがいる。
  7. ^ サバンナ&友近『ヒルナンデス!』卒業 横山裕“発起人”でサプライズ演奏「笑顔で3人の花道を作りたい」Yahoo!ニュース.2022年3月31日閲覧
  8. ^ “有村架純、海の家で未知との遭遇!パン田一郎はシリー ズ史上最適バイトに遭遇?”. リクルートジョブズ. (2014年8月18日). http://www.recruitjobs.co.jp/info/pdf/pr201408181714.pdf 2014年8月25日閲覧。 
  9. ^ 和田アキ子 史上初の誕生会生中継(終了時間未定) | 無料のインターネットテレビは【AbemaTV(アベマTV)】” (日本語). AbemaTV (2019年4月10日). 2019年4月10日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]