中島亜梨沙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
なかじま ありさ
中島 亜梨沙
別名義 旧芸名:羽桜 しずく(はざくら しずく)[1]
生年月日 (1982-12-22) 1982年12月22日(34歳)
出生地 日本の旗 日本北海道札幌市[1]
身長 164cm
血液型 A型[1]
職業 俳優タレント
ジャンル 舞台テレビ
活動期間 2003年 - 現在
活動内容 2003年宝塚歌劇団入団[1]
2008年月組に異動[2]
2009年:宝塚歌劇団退団[3]
2011年:現芸名に改名[4]
事務所 アクラ
公式サイト 中島亜梨沙オフィシャルサイト
主な作品
舞台
ME AND MY GIRL』(2008年)[2][5]
備考
宝塚歌劇団卒業生[3]

中島 亜梨沙(なかじま ありさ[1]1982年12月22日[1] - )は、日本女優タレント。元宝塚歌劇団月組の娘役。

宝塚歌劇団時代の芸名は、羽桜 しずく(はざくら しずく)[1]

北海道札幌市出身[1]。アクラ所属。愛称は「ありさ」[2]

略歴[編集]

久富淑子バレエ研究所出身[6]全国ツアー『風と共に去りぬ』を見て憧れ、2001年宝塚音楽学校に入学[要出典]

2003年第89期生として宝塚歌劇団入団。月組公演『花の宝塚風土記/シニョール・ドン・ファン』で初舞台を踏み、星組配属後は少女役から母親役まで演じられる娘役として活動[要出典]。入団時の成績は49人中42位[7]。同年5月22日[7]星組配属。

2005年、『長崎しぐれ坂』新人公演で当時の2番手娘役・陽月華が演じた柳麗役を[8]、同年10月、『龍星』で主人公の記憶の母役を演じる[9]2006年、『愛するには短すぎる』でヒロインの少女時代役に抜擢される[10]

2007年、『シークレット・ハンター』の新人公演で初ヒロイン[11]

2008年2月、月組へ組替え[2]。同年4月、『ME AND MY GIRL』の新人公演においてヒロインを演じる[2]。同年8月、博多座公演『ME AND MY GIRL』にてヒロインのサリー役に選ばれた(主演は霧矢大夢[5]

2008年夏の彩乃かなみ退団後、月組トップ娘役は不在となったが[2]、同年11月の大劇場公演『夢の浮橋』ではヒロイン浮舟役に選ばれた[2]

2009年12月27日[7]、『ラストプレイ/Heat on Beat!』千秋楽をもって、当時の月組トップスター瀬奈じゅんらとともに宝塚歌劇団を退団[3]。退団後はカナダ留学を経て[4]2011年に芸名を「中島亜梨沙」に変更し、芸能活動を開始[4]。2013年2月10日からアクラに所属[1]

エピソード[編集]

同期生に夢咲ねね白華れみ澪乃せいら華月由舞大月さゆ純矢ちとせ愛花ちさき凪七瑠海望海風斗明日海りお美弥るりか壱城あずさ蓮城まこと七海ひろきなど。

3歳からピアノを習い始める。中学校時代はソフトテニス部に入部していた。この頃、バレエを母と一緒に1年ほど習う。高校に入学した後は、吹奏楽に所属し、フルートを担当。ある時、音大を目指そうと思い、声楽を2年習った。

宝塚音楽学校の受験は「思い出作り」という軽い気持ちだったため、ジーパンにスニーカーで受験に挑む。髪形は「お団子」と呼ばれる髪の毛を高い位置でひとつにまとめるスタイルが「常識」なのだが、これも肩まで伸ばしたままで来ており、受験会場では「完全に浮いていた」という。「お団子スタイルも上級生の方に結ってもらって、ジーパン姿には『大丈夫?』って呆れられていましたから」とのこと(上級生とは花組の華耀きらりで、羽桜の1年先輩にあたる)。

受験当時は既に大学への進学が決まっており、本人は宝塚音楽学校に合格するとは思っていなかった。また付き添ってくれた母親も合格するとは思っておらず、母は合格発表も待たずにさっさと北海道に帰ってしまった。「合格発表も10分ぐらい遅れて見に行っていた」らしく、まさか受かるとは思わなかったという。

宝塚歌劇団時代の主な舞台出演[編集]

星組時代[編集]

  • 2003年7月 - 11月、『王家に捧ぐ歌
  • 2004年2月 - 6月、『1914/愛/タカラヅカ絢爛-灼熱のカリビアンナイト-』
  • 2004年10月 - 12月、『花舞う長安/ロマンチカ宝塚'04』
  • 2005年3月、真飛聖ディナーショー『Sky Blue』
  • 2005年5月 - 8月、『長崎しぐれ坂/ソウル・オブ・シバ!!』 新人公演:柳麗(本役:陽月華[8]
  • 2005年10月、『龍星』記憶の母[9]
  • 2006年1月 - 4月、『ベルサイユのばら-フェルゼンとマリー・アントワネット編-』ばらの少女 新人公演:ミレイユ(本役:琴まりえ
  • 2006年6月、『フェット・アンペリアル-帝国の祝祭-』ヴァイオレット
  • 2006年8月 - 11月、『愛するには短すぎる/ネオ・ダンディズム!』クラウディア(少女時代) 新人公演:マーガレット(本役:南海まり[10]
  • 2006年12月 - 2007年1月、『ヘイズ・コード』ヴェルマ・ウォード
  • 2007年3月 - 7月、『さくら/シークレット・ハンター』 新人公演:ジェニファー(本役:遠野あすか) *新人公演初ヒロイン
  • 2007年8月、『シークレット・ハンター/ネオ・ダンディズム!II』
  • 2007年11月 - 2008年2月、『エル・アルコン-鷹- / レビュー・オルキス―蘭の星―』ギルダ(少女時代) 新人公演:イザベラ(本役:万里柚美

月組時代[編集]

  • 2008年3月 - 7月、『ME AND MY GIRL』メイ 新人公演:サリー(本役:彩乃かなみ) *新人公演ヒロイン
  • 2008年8月、『ME AND MY GIRL』サリー *ヒロイン
  • 2008年11月 - 2009年2月、『夢の浮橋/Apasionado!!(アパショナード)』浮舟 *本公演初ヒロイン 新人公演:女三の宮(本役:天野ほたる
  • 2009年3月、『二人の貴公子』エミーリア *ヒロイン
  • 2009年5月 - 8月、『エリザベートルドルフ(少年時代) 新人公演:エリザベート(本役:凪七瑠海) *新人公演ヒロイン
  • 2009年10月 - 12月、『ラスト・プレイ/Heat on Beat!』ヘレナ *退団公演

宝塚歌劇団退団後の主な出演[編集]

所属事務所公式サイト上のプロフィール[1]をもとに記述。

テレビ[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

舞台[編集]

CM・広告[編集]

ラジオ[編集]

受賞歴[編集]

  • 2008年度 第39回阪急すみれ会パンジー賞 新人賞[1]
  • 2008年度 宝塚歌劇団年度賞 新人賞[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n 中島亜梨沙オフィシャルサイト”. アクラ. 2013年4月8日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 土谷美樹 (2008年11月10日). “冷静に、情熱的に 宝塚月組・羽桜しずく”. asahi.com (朝日新聞社). http://www.asahi.com/showbiz/stage/spotlight/TKY200811100154.html 2013年4月8日閲覧。 
  3. ^ a b c “瀬奈じゅん、東京宝塚劇場でサヨナラ公演千秋楽”. スポニチ Sponichi Annex 大阪 (スポーツニッポン新聞社). (2009年12月28日). http://www.sponichi.co.jp/osaka/ente/200912/28/ente226587.html 2013年4月8日閲覧。 
  4. ^ a b c "韓国開運紀行・人生に福をもたらす秘策". 日立 世界・ふしぎ発見!. TBSテレビ. 2011年8月20日放送. 第1198回. 2016年4月11日閲覧。
  5. ^ a b 薮下哲司 (2008年8月2日). “歌に演技に「魅せます」霧矢…博多座で開幕「ミー&マイガール」”. スポニチ Sponichi Annex 大阪 (スポーツニッポン新聞社). http://www.sponichi.co.jp/osaka/ente/takarazuka/backnumber/080802/takarazuka.html 2013年4月8日閲覧。 
  6. ^ 出身者紹介
  7. ^ a b c 監修:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日、115ページ。ISBN 9784484146010
  8. ^ a b 宝塚ミュージカル・ロマン『長崎しぐれ坂』主な配役”. TAKARAZUKA REVUE公演案内. 宝塚歌劇団 (2005年5月). 2016年4月11日閲覧。
  9. ^ a b シアター・ドラマシティ東京特別公演『龍星』主な配役”. TAKARAZUKA REVUE公演案内. 宝塚歌劇団 (2005年10月). 2016年4月11日閲覧。
  10. ^ a b 星組公演『愛するには短すぎる』主な配役”. TAKARAZUKA REVUE公演案内. 宝塚歌劇団 (2006年10月). 2016年4月11日閲覧。
  11. ^ “安蘭目標に頑張れ! 初主演の麻尋 星組新人公演「シークレット・ハンター」”. スポニチ Sponichi Annex 大阪 (スポーツニッポン新聞社). (2007年4月14日). http://www.sponichi.co.jp/osaka/ente/takarazuka/backnumber/070414/takarazuka.html 2013年4月8日閲覧。 
  12. ^ “中島亜梨沙、『真田丸』吉野太夫役 1回だけの出演予定がキーパーソンに大出世”. ORICON STYLE. (2016年7月31日). http://www.oricon.co.jp/news/2076046/full/ 2016年8月1日閲覧。 
  13. ^ “中島亜梨沙、波瑠主演ドラマにバレエ講師役でゲスト出演”. ORICON STYLE. (2016年7月26日). http://www.oricon.co.jp/news/2075741/full/ 2016年7月27日閲覧。 
  14. ^ 三谷氏新作「風雲児たち」女性陣も「真田丸」一色!長野里美&岸井ゆきの&中島亜梨沙”. Sponichi Annex (2017年10月5日). 2017年10月6日閲覧。
  15. ^ “全キャスト発表、塚田僚一主演「サクラパパオー」に中島亜梨沙&片桐仁ら”. ステージナタリー. (2017年1月12日). http://natalie.mu/stage/news/216451 2017年1月12日閲覧。 
  16. ^ CMギャラリー・Plan Do See

外部リンク[編集]