ヒロシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヒロシ
本名 齊藤 健一
さいとう けんいち
生年月日 1972年1月23日(44歳)
出身地 日本の旗 日本熊本県荒尾市
血液型 O型
身長 175cm
方言 共通語熊本弁
最終学歴 日本の旗 日本
九州産業大学商学部商学科
出身 福岡吉本
コンビ名 ベイビーズ(解散
相方 友納 一彦
芸風 漫談
事務所 ヒロシ・コーポレーション
活動時期 1995年 -
同期 バカリズム
ドロンズ石本
コージー冨田
他の活動 俳優
配偶者  未婚
公式サイト ヒロシの部屋
受賞歴
2004年:『R-1ぐらんぷり』決勝進出
2005年:『R-1ぐらんぷり』6位
2005年:『第1回お笑い芸人歌がうまい王座決定戦スペシャル』優勝

ヒロシ1972年1月23日[1] - )は、日本お笑いタレント漫談師ベーシスト俳優である。本名、齊藤 健一(さいとう けんいち)。

熊本県荒尾市出身(福岡県大牟田市生まれ)。ヒロシ・コーポレーション所属(サンミュージック企画業務提携)。

九州産業大学商学部商学科卒業。身長175センチメートル、体重70キログラム、血液型はO型

趣味は釣りキャンプ、キャンプグッズ集め、家庭菜園、バンド活動(ベース担当)。特技は「あるんだったらテレビに出てるよね」(ヒロシ談)。小型船舶操縦免許取得。


来歴・人物[ソースを編集]

デビュー時は吉本興業福岡事務所に3年間所属。その後上京し、一時はワタナベエンターテインメントに所属していた。当時は「ベイビーズ」というコンビを組んでいた。コンビ時代はキレ芸だったという。コンビ解散後、東京都三鷹市で3年間ホストをしていた。ホストをしていたときの源氏名は「冴神 剣(さえがみ けん)」。当時の最高月収は8万円ほどだったという。その時住んでいたアパートの家賃は43000円だったという。(『ごきげん!ブランニュ』より)

「ヒロシ」という芸名はフリーアナウンサー生島ヒロシに由来する(たまたま家にあった雑誌の表紙に生島ヒロシが写っていたのがきっかけとのこと)。サンミュージックプロダクションに所属したときにすでにHIROSHIという同名のミュージシャンがいて、短い期間だが「カズヤ」という芸名で活動していたことが自らパーソナリティをしている『サタデーホットリクエスト』で明らかになった。

ドラマは『タイガー&ドラゴン』(TBS系)が初出演。役柄は、元ミュージシャン「デス・キヨシ」。2005年1月に放送されたスペシャル版と、連続ドラマ版の第7話に登場。その後、同年の『FNS ALLSTARS あっつい25時間テレビやっぱ楽しくなければテレビじゃないもん!』(フジテレビ系)枠内で放映された『THE WAVE!』に編成部員・谷口真治役で出演している。このドラマで主役を演じた明石家さんまは、いつものネタの時のヒロシとキャラクターが同じなので、笑いをこらえて演技しなければならないのが困る、と述べた。

2005年の『R-1ぐらんぷり』では、前回に引き続き2回目の決勝進出を果たした。決勝戦では、結果は6位だった。

2005年の『第1回お笑い芸人歌がうまい王座決定戦スペシャル』で見事初代王者となり200万円と車を獲得した。

2006年、『青春★ENERGY』で連続ドラマ初出演。

2007年に公開された映画『転校生 さよならあなた』(大林宣彦監督)で映画俳優デビューを果たす。その後『22才の別れ Lycoris 葉見ず花見ず物語』(大林宣彦監督)にも出演。いずれも本名の斉藤(本名は旧字の「齊藤」)健一[2]で出演している。彼のファンである大林が出演を依頼したのだと言う。また、『転校生』で医大生を演じるにあたり、上京して以来ずっと金髪だった髪を8年ぶりに黒くした(その後金髪に戻している)。

2011年、土田英生演出による『バッド・アフタヌーン』にて舞台初主演。また同年、日本テレビ『しゃべくり007』出演を機に、メディアの露出が再び増え始める。

2013年、8年ぶりとなる単独ライブ『泥水』を行った。

芸風[ソースを編集]

自身の日常や失敗談を題材とする、いわゆる自虐ネタを得意とする。基本的なスタイルは、ポケットに手を突っ込み上目使いで「ヒロシです」と名乗ってから、うつむきつつ九州弁(詳しく言えば、肥筑方言の「 - とです。」)でネタを言って笑いをとる、というもの。この時、ラテン音楽のスローナンバーやブルースBGMとして流れる(主にペピーノ・ガリアルディの「ガラスの部屋」("Che Vuole Questa Musica Stasera") が使われる)。「ヒロシです」が3回以上繰り返される事でネタは終了する。「一発屋」と呼ばれることが多いため、近年は「給料が少なくなった」「熱烈なファンレターがパッタリ途絶えた」「テレビに出る機会が減った」などの売れなくなったネタが定番となっている。「テレビに出なくなってやったぜ、ワイルドだろ?」や「安心してください、生きてますよ」など、そのときの流行りの芸人の持ちネタのパロディで売れなくなったことをネタにすることもある。

「ひろしです」の「ひろし」のアクセントは、初期は平板型であったが、途中から頭高型に変えている。また、日常的には共通語を話し、、なまりはないものの、方言を使うことで下に見られてかわいげが出るのではないかという計算があったと語っている。 [3]

テレビでネタを放送するときには、必ず、音楽番組におけるソロ・アーティストのようなディゾルブを多用したカメラワークを用いられるが、これは2003年から、ほぼ毎月ライブ出演していた『お笑いCDTV』(TBS、 - 2004年)のカメラマンが開発したもので、それ以降、各局で用いられるようになった。『お笑いCDTV』は、ヒロシがテレビで初めてネタを披露した番組でもある。

作品[ソースを編集]

書籍[ソースを編集]

発行部数30万部を突破。
8日で発行部数12万部を突破。2は○囲みの2であるが、機種依存文字のため2としている。
  • 沈黙の轍 ずんだれ少年と恋心 (ジュリアン刊、2008年4月、ISBN 978-4902584660
三井三池炭鉱の炭鉱夫だった父との思い出や、1970年代から1980年代の少年時代の思い出を赤裸々につづった自叙伝
6年振りのネタ本。表紙の絵もヒロシが描いた。

連載[ソースを編集]

CD[ソースを編集]

  • ガラスの部屋〜ヒロシが選ぶ哀愁のヨーロピアン・ミュージック〜(キングレコード、2007年10月24日)- 「ヒロシです…」ネタのBGMとして一貫して使用しているペピーノ・ガリアルディの「ガラスの部屋」などを収録している。

DVD[ソースを編集]

その他[ソースを編集]

  • ヒロシの日めくりカレンダー「まいにち、ネガティブ。」(自由国民社、2015年9月6日)[4]

出演番組[ソースを編集]

現在[ソースを編集]

テレビ[ソースを編集]

ラジオ[ソースを編集]

たびたび、笑点で出演しているほか、地方番組でも活動しているという。

過去[ソースを編集]

テレビ・ラジオ[ソースを編集]

ドラマ[ソースを編集]

出演その他[ソースを編集]

CM[ソースを編集]

映画[ソースを編集]

舞台[ソースを編集]

  • 「錦鯉NISHIKIGOI」吉田 役
北九州芸術劇場(作品プロデュース担当) 2006年11月3日 - 5日、イオン化粧品 シアターBRAVA! 2006年11月7日・8日、天王洲銀河劇場 2006年11月14日 - 23日

DVD[ソースを編集]

WEB[ソースを編集]

その他[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「もてないキャラなのにバレンタイン生まれの設定」でプロフィール上は2月14日生まれ。『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』2014年2月3日放送にて
  2. ^ 著書『沈黙の轍』より。
  3. ^ 大竹まこと ゴールデンラジオ 大竹メインディッシュ(2016年2月4日放送(同番組はポッドキャストで視聴可能))
  4. ^ ヒロシの日めくりカレンダー「まいにち、ネガティブ。」発売”. お笑いナタリー (2015年8月3日). 2015年8月3日閲覧。
  5. ^ ヒロシ、ぼっちキャンプをPR「1人でもBBQが楽しめるとです…」”. お笑いナタリー (2015年8月21日). 2015年8月21日閲覧。

外部リンク[ソースを編集]