NHK競馬中継

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

NHK競馬中継(エヌエイチケイけいばちゅうけい)は、日本放送協会(NHK)で放送されている、競馬中継のことである。なお番組タイトルには「競馬中継」とは表記されず、「NHK SPORTS」統一タイトル・競技マークと放送する競走の名称のみが表記されている。

概要[編集]

日本中央競馬会(JRA)が行う中央競馬GI競走のうち一部を、総合テレビBS1で放送している。また、海外向けNHKワールド・プレミアムでも総合テレビと同時放送されている(BS1単独放送を同時放送する場合もある)。

NHKによる競馬中継は1931年7月3日札幌競馬場のレースを中継したことをきっかけとして頻繁にラジオ実況中継を行っていたが当時はギャンブルとしての競馬は禁止されたり許されたりということを繰り返していた上、天皇主権・軍国主義の時代であったため軍馬の育成に繋がるものであることが最優先で求められており、そうした側面での放送であった[1]

戦後、テレビ放送の時代を迎え、まず東京での放送開始から間もない1953年東京優駿(日本ダービー)をテレビで実況中継することを検討した。この時は技術的な準備が間に合わず実現できなかったが、同年6月28日中山競馬場で開催された中山大障害(優勝馬:ハクオー)の中継でテレビとしては初めて実況中継を行った。この日は13:00から放送され、第4競走の「アラブ系障害」(2600m・優勝馬:キヨミドリ)が、テレビで実況された最初の競走となった。

以後長らく3歳牡馬クラシックレース(皐月賞、東京優駿、菊花賞)、春・秋の天皇賞有馬記念及びGIレースではないが自らの冠名が入ったNHK杯の中継を行ってきた。ただし、GIIIのきさらぎ賞はNHKの賞であるがNHKでの放送は行っていない。

第16代NHK会長であった川口幹夫の在任期間中(19911997年)、川口自身が競馬ファンだったという背景やNHKが衛星放送(BS)を積極的に推進していたこともあり番組ソフト拡充という観点を踏まえJRAに対して競馬中継の拡大を要望したところ、上記以外のいくつかのGIレースもBSで放送できるようになった。

実際には会長が海老沢勝二に交代してからの1998年高松宮記念からBSで放送開始した。また川口在任中の1996年にNHK杯がGIに格上げされ現在のNHKマイルカップとなった。

BSでは当初衛星第1(旧BS1)で放送されていたがBSデジタル放送が始まった2000年12月からは原則としてBSハイビジョンに移行した。ただし高松宮記念(2000年から3月に開催移行)のみ、選抜高等学校野球大会と重なった場合はBSハイビジョンで野球中継を行ったため旧BS1で放送されていた[2]

1981年に開設されたジャパンカップは当時から八大競走と同格扱いとなっていたことのある国際競走ではあるが、NHKは2011年にBS1で放送を開始するまでテレビでの中継は行われなかった。この理由はジャパンカップ開設時に同レースを放送すべきだと言う局内の意見[3]に対し、局内上層部の「ジャパンカップというレースがどんなものになるかもわからないし、このレースが今後どうなっていくのか、このレースがどう成長するかもわからない。よってテレビではやれない」と言う結論に達したからである[4]

2011年はNHKの衛星放送が3波から2波に再編されたことに伴い、BSでの放送はBS1に変更された。上述のジャパンカップがBS1で放送されるようになった一方で、ヴィクトリアマイル安田記念エリザベス女王杯ジャパンカップダート中山大障害は放送されなくなった。また、5月1日に行われた天皇賞(春)参議院予算委員会に伴う国会中継のため競馬中継を取りやめた。地上波での競馬中継取りやめは史上初。さらに当初4月16日に開催予定だった中山グランドジャンプはBS1で放送する予定だったが東日本大震災の影響により7月2日に延期されたものの、その日には放送されなかった。

2014年の高松宮記念は同時間にプロ野球中継(北海道日本ハムファイターズ - オリックス・バファローズ戦)が組まれたため102chの放送となった。

特徴[編集]

放送時間は基本的にフジネットワーク(FNS)の地上波系番組と同じ15時から16時までの1時間であるが、発走時刻などの関係で前後したり延長したりする場合がある。同時間帯の民放各社と異なるところはNHKはその日のメインレースのみを放送し、放送時間内に発走する他の競走は放送しない点である。従ってCMや他レースの結果情報が一切皆無であることも手伝って、パドックに割く時間が民放やBSグリーンチャンネル)の競馬中継よりも概ね長いことが特徴である。なお中央競馬以外では、凱旋門賞生中継を2回放送したことがある(エルコンドルパサーの出走した1999年ディープインパクトの出走した2006年)。

また、フジテレビ系列の高知さんさんテレビテレビ熊本ではNHKマイルカップの放送日はしない。

司会、実況等はNHKのアナウンサーが担当。解説者1970年代中頃から1980年代前半頃まではタケシバオーの馬主であった小畑正雄が務めてきたが、以後は概ねJRA所属の調教師を招いている[5]。もっとも人選においては出走馬に関係する人物は避けられ、また調教師の予想行為は禁じられているため予想もしない。小畑が解説者として出演していた時にも予想行為は一切行っていなかった。

2015年現在は元調教師の鈴木康弘白井壽昭が解説を務めている。

レース中は画面の右下にタイムの表示が行われる。またレースが終わった後、結果が確定するまで着順が表示された電光掲示板を映したワイプが画面の左上に表示される。

総合テレビで放送される中継については、2014年の皐月賞から字幕放送対応である[6]

NHKマイルカップ放送時のゲスト出演者[編集]

NHKマイルカップの中継日には大河ドラマあるいは連続テレビ小説に出演している俳優が番組の宣伝も兼ねてゲスト出演しており、加えて優勝馬関係者へのプレゼンテーターも務めている。競走馬を題材にした連続テレビ小説『ファイト』が放送された2005年より俳優のゲスト出演が始まった。

ゲスト 出演番組
2005年 緒形直人 連続テレビ小説『ファイト』
2006年 三原じゅん子 大河ドラマ『功名が辻
2007年 比嘉愛未
東幹久
連続テレビ小説『どんど晴れ
2008年 榮倉奈々 連続テレビ小説『
2009年 小泉孝太郎 大河ドラマ『天地人
2010年 松下奈緒 連続テレビ小説『ゲゲゲの女房
2011年 水川あさみ 大河ドラマ『江〜姫たちの戦国〜
2012年 田中麗奈 大河ドラマ『平清盛
2013年 羽田美智子 ドラマ10第二楽章
2014年 黒木瞳 大河ドラマ『軍師官兵衛
2015年 宮崎香蓮 大河ドラマ『花燃ゆ[7]
2016年 木村多江 連続テレビ小説『とと姉ちゃん[8]
2017年 阿部純子 土曜ドラマ4号警備
2018年 南野陽子 大河ドラマ『西郷どん

中継する競走の一覧[編集]

現在[編集]

総合テレビ[編集]

NHKワールド・プレミアムでも同時放送[9]。☆は2009年までBSハイビジョンと同時放送。

BS1[編集]

2011年から放送を開始したジャパンカップを除きBSハイビジョンからの移行。★は2000年まで旧BS1で放送されていた競走。

過去[編集]

総合テレビ[編集]

BSハイビジョン[編集]

★は2000年まで旧BS1で放送されていた競走。

アナウンサー[編集]

通常はこのうちの3〜4名が役割(進行役、実況、パドックレポーター、インタビュアー)を分担する。ただしインタビュアーについては共同インタビューとなるため、民放のアナウンサーが入る場合がある。カッコ内は現在の所属局。

リポーター[編集]

かつて出演したアナウンサー・解説者など[編集]

アナウンサー[編集]

キャスター[編集]

解説者など[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 第1回 日本ダービー - NHK名作選(動画・静止画) NHKアーカイブス
  2. ^ 2011年はBSハイビジョンでの選抜高校野球中継が行われなかったものの、このレースは旧BS1で放送された。
  3. ^ 当時NHKアナウンサーで競馬ファンでもあった草野仁も放送を提案していた。
  4. ^ 中山馬主協会HPの草野仁へのインタビューより
  5. ^ 一例を挙げると1988年の天皇賞(春)では武邦彦が、同年のNHK杯では高松邦男が、東京優駿(日本ダービー)では加賀武見がそれぞれ招かれている。
  6. ^ NHKネットクラブ 番組詳細 競馬「第74回皐月賞」〜中山競馬場から中継〜(発走 3:40)
  7. ^ 競馬「第20回NHKマイルカップ」〜東京競馬場から中継〜(発走 3:40) ヤフーテレビ 2015年5月7日閲覧
  8. ^ 競馬「第21回NHKマイルカップ」〜東京競馬場から中継〜(発走 3:40) ヤフーテレビ 2016年5月4日閲覧
  9. ^ 2010年の菊花賞は番組編成の都合上、日本国内より10分遅れのディレイ放送となった。
  10. ^ アナウンスルーム・高木優吾
  11. ^ 競馬「第76回桜花賞」(発走 3:40)〜阪神競馬場から中継〜 ヤフーテレビ 2016年4月8日閲覧

関連項目[編集]

  • 世界の競馬(BS1で放送されている海外競馬を取り扱う番組)

外部リンク[編集]