森本哲郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

森本 哲郎(もりもと てつろう、1925年10月13日 - 2014年1月5日)は、日本の評論家

人物[編集]

東京出身。日本文明批評の第一人者として知られた。東京新聞記者、朝日新聞記者、フリーの批評家、情報番組のキャスター大学教授、再びフリーと転身している。朝日新聞記者時代には、1972年のグアム島横井庄一が発見された際に現地取材を担当した[1]

フリーアナウンサー森本毅郎は弟。自身が「海外取材ニッポンの実力」のキャスターになったとき、毅郎は『NHKニュースワイド』のキャスターだったため、「テレビ界初の兄弟キャスター」と話題になった。また、毅郎がNHKを退局してフリーになった際「組織に収まりきれないのが森本家の血筋」とコメントした。

2014年1月5日、虚血性心不全にて死去[1]。88歳没。

略歴[編集]

エピソード[編集]

  • 大学在学中に風刺雑誌『VAN』の編集長を務めた。

著書[編集]

  • 『神々の時代』弘文堂 1960 のち角川文庫
  • 『文明の旅 歴史の光と影』新潮選書 1967
  • 『詩人与謝蕪村の世界』至文堂 1969 のち講談社学術文庫
  • 『スペイン・アンダルシア』朝日新聞社 1970
  • 『生きがいへの旅 現代社会の哲学的風景』ダイヤモンド社 1970 のち角川文庫
  • 『サハラ幻想行 哲学の回廊』河出書房新社 1971 のち角川文庫
  • 『人間へのはるかな旅』潮出版社 1971 のち角川文庫
  • 『ゆたかさへの旅 日曜日・午後二時の思索』ダイヤモンド社 1972 のち角川文庫
  • 『ぼくの旅の手帖 または、珈琲のある風景』ダイヤモンド社 1973 のち角川文庫
  • 『ことばへの旅』第1-5集 ダイヤモンド社 1973-78(愛蔵版)。のち角川文庫、PHP文庫 (上下巻)
  • 『異郷からの手紙 私たちとは何か』ダイヤモンド社 1974 のち角川文庫
  • 『イースター島 遺跡との対話』平凡社カラー新書 1975
  • 『あしたへの旅 変わりゆく人間変わりゆく社会』ダイヤモンド社 1975 のち角川文庫
  • 『タッシリ・ナジェール』平凡社カラー新書 1976
  • 『すばらしき旅 人間・歳月・出会い』ダイヤモンド社 1976
  • 『旅と人生の手帖』ダイヤモンド社 1976
  • 夢二の小径』講談社文庫 1976
  • 『そして--ぼくは迷宮へ行った。』芸術生活社 1976 のち角川文庫
  • 『四季の旅 花のある風景』ダイヤモンド社 1978
  • 『日本の挽歌 失われゆく暮らしのかたち』角川書店 1979 「日本人の暮らしのかたち」PHP文庫
  • 『「私」のいる文章 発想・取材・表現』ダイヤモンド社 1979 のち新潮文庫
  • 『名作の旅、伝説の旅』角川文庫 1980
  • 『そして、自分への旅』ダイヤモンド社 1980 のち角川文庫
  • 『豊かな社会のパラドックス 70年代を問い直す』角川書店 1980
  • 『そして文明は歩む』新潮社 1980 のち文庫
  • 『読書の旅 愛書家に捧ぐ』講談社 1981 のち文庫
  • 『ぼくの会話学校』角川書店 1981
  • 『旅と自然と人生』聖教新聞社〈文化教養シリーズ〉 1981
  • 『信仰のかたち』新潮選書 1982
  • 『日本民族のふるさとを求めて 知的冒険の旅』朝日新聞社 1982 のち新潮文庫
  • 『私のニジェール探検行 マンゴ・パークの足跡をたどって』中公新書 1982
  • 『思想の冒険家たち』文藝春秋 1982
  • 『音楽への旅』音楽之友社 1983
  • 『中国幻想行』角川選書 1983 「中国詩境の旅」PHP文庫
  • 『ぼくの作文学校』角川書店 1983
  • 『二十世紀の知的風景』TBSブリタニカ 1983
  • 『書物巡礼記』文化出版局 1985
  • 『ぼくの旅のカタログ』角川文庫 1985
  • 『学問への旅』佼成出版社 1985
  • 『日本語 表と裏』新潮社 1985 のち文庫
  • 『二十世紀を歩く』新潮選書 1985
  • 『神のアルバム』文藝春秋 1986
  • 『生き方の研究』正・続 新潮選書 1987-89 のちPHP文庫全1冊
  • 『森本哲郎「旅物語」』講談社 1988
  • 『戦争と人間』文藝春秋 1988 のちPHP文庫
  • 『神の旅人 パウロの道を行く』新潮社 1988 のちPHP文庫
  • 『ある通商国家の興亡 カルタゴの遺書』PHP研究所 1989 のち文庫
  • 『サムライ・マインド 歴史をつくる精神の力とは』PHP研究所 1991 のち文庫
  • 『日本語 根ほり葉ほり』新潮社 1991 のち文庫
  • 『月は東に-蕪村の夢 漱石の幻』新潮社 1992 のち文庫
  • 『遥かなる道』クレオ 1992
  • 『ウィーン 世界の都市の物語』文藝春秋 1992 のち文庫
  • 森本哲郎世界への旅』全10巻別巻1 新潮社 1993-94。※別巻は写真傑作選と著書未収録のエッセイ
  • 『世紀末を歩く 地球曼荼羅』PHP研究所 1993
  • ソクラテス最後の十三日』PHP研究所 1995 のち文庫
  • 『ぼくの東京夢華録』新潮社 1995 「懐かしい「東京」を歩く」PHP文庫
  • 『旅の半空』新潮社 1997  「旅は人生」PHP文庫
  • 『ぼくの哲学日記』集英社 1999
  • 『この言葉! 生き方を考える50話』PHP新書 2000
  • 『文明の主役 エネルギーと人間の物語』新潮社 2000
  • 『ぼくの日本十六景 空の名残り』新潮社 2001 のちPHP文庫
  • 『ぼくのおみやげ図鑑 旅のエッセイ』シティ出版 2005
  • 『吾輩も猫である』清流出版 2005 のちPHP文庫
  • 『老いを生き抜く 長い人生についての省察』NTT出版 2012

共編著[編集]

  • 『日本の顔顔顔・・・』疋田桂一郎共編 朝日新聞社 1971
  • 『歴史対談集 歴史の謎 文明の謎』河出書房新社 1977。※歴史学者との対談集
  • 『おくのほそ道行』平凡社 1984。写真笹川弘三
  • 『世界 知の旅』小学館 1986-87。責任編集、全10冊
  • 『驚異の世界史』文春文庫 1986-91。ビジュアル版の編著、全7冊
  • 『人の生き方について』筑摩書房〈こころの本〉 1988。15編の人生論(編著)
  • 『日本・日本語・日本人』新潮選書 2001。※大野晋鈴木孝夫と共著

脚注[編集]

  1. ^ a b c 評論家の森本哲郎さん死去 88歳 朝日新聞 2014年1月10日閲覧