高松宮記念 (競馬)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
高松宮記念
Curren-Chan20120325(1).jpg
第42回高松宮記念
主催者 日本中央競馬会
開催地 日本の旗中京競馬場
施行時期 3月下旬
(原則2回中京6日目)
格付け GI
1着賞金 9500万円
賞金総額 1億8050万円
距離 芝1200m
出走条件 サラブレッド系4歳以上(国際)(指定)
出走資格も参照
負担重量 定量(57kg、牝馬2kg減)
第1回施行日 1971年6月27日
テンプレートを表示

高松宮記念(たかまつのみやきねん)とは日本中央競馬会(JRA)中京競馬場1200メートルで施行する中央競馬重賞GI競走である。1997年までの競走名は高松宮杯で、この年まで皇族高松宮家から優勝杯を賜与されていた。一部の競馬ファンや解説者からは「宮記念」や旧称の高松宮杯から「宮杯」と通称されている。

正賞は名古屋市長賞、名古屋競馬株式会社賞、日本馬主協会連合会会長賞、グローバル・スプリント・チャレンジ賞(2013年現在)。

概要[編集]

2013年まで中央競馬のGIでは唯一4大場(東京中山京都阪神)以外で開催されているレースである(代替開催時を除く[1]2014年よりジャパンカップダートがチャンピオンズカップに名称変更されるとともに阪神から中京に移設予定)。

1967年から1970年に施行されていた中京大賞典を前身とし1970年に高松宮宣仁親王から優勝杯を賜与されたのを機に1971年に4歳(現3歳)以上・混合・別定の重賞競走高松宮杯として新設、中京競馬場の芝2000mで施行された[2]

中京競馬場では最も格の高い競走に位置付けされ盛大な盛り上がりを見せ、中でも第4回のハイセイコー、第18回のオグリキャップが出走した時は中京競馬場の1日の総入場者数の上位を記録している[3]。更には中京競馬場で勝馬投票券の売上げが最も多い競走でもある。

1984年にはグレード制施行によりGIIに格付け、GIに昇格する前年の1995年までGIIで最も格の高い及び夏競馬の最重要競走として定着していった。また1989年からは混合競走に指定され、外国産馬の出走が可能になった。

1996年からは中央競馬における短距離路線の再整備に伴い秋のスプリンターズステークスと対になる春の短距離最強馬を決める芝1200mのGI競走に昇格、中央競馬の主要4競馬場(東京競馬場中山競馬場・京都競馬場・阪神競馬場)以外で初めてのGI競走となった。また指定競走に指定され地方所属の競走馬も出走が可能になり、中距離競走としての機能は金鯱賞へと引き継がれた。移行1年目のレースでは三冠馬ナリタブライアンが出走し、色々な意味で注目もされた(結果は4着)。

1998年からは高松宮杯競輪において宮家に支払われていた謝礼金が皇室経済法違反との問題となり本年以降からは高松宮家から優勝杯が下賜されなくなったため、競輪と足並みを揃えるように以前から競艇でも使用されていた高松宮記念へと名称を変更した[4]

2000年からは短距離路線の見直しを図るため5月から3月の開催に繰り上げられ、それに伴い出走資格を5歳(現4歳)以上に変更、更に中山競馬場と阪神競馬場と共に3場開催となり、いわゆる「裏開催」である第3場開催では唯一のGI競走となった。

2001年からは国際競走に指定された。2011年よりグローバル・スプリント・チャレンジに参加、本競走は第2戦に組み込まれている。

現在の優勝レイは紫色地に金色文字の配色。本競走のルーツにちなみ、レイの上部には皇室の紋章であるの模様が刺繍されている。

出走資格[編集]

  • 原則サラ系4歳(旧5歳)以上のJRA所属の競走馬、地方所属の競走馬及び外国調教馬(9頭まで)、出走枠は18頭まで。
  • 2014年より以下の競走で1着に入ると、優先出走権が付与される。
優先出走権付与競走
競走名 格付 施行競馬場 施行距離 競走条件
阪急杯 GIII 日本の旗阪神競馬場 芝1400m 国際競走
オーシャンステークス GIII 日本の旗中山競馬場 芝1200m 国際競走
  • JRA所属競走馬は以下の順で出走馬を決定する(地方馬でGI1着に入った競走馬も含む)。
    • 外国で行われたグローバル・スプリント・チャレンジ対象競走で2着以内に入った競走馬。
    • レーティング順位の上位5頭(2012年より。牡馬・セン馬は110ポンド、牝馬は106ポンド以上であることが条件)。
    • 「通算の収得賞金」+「過去1年間の収得賞金」+「過去2年間のGI(JpnI)競走の収得賞金」の総計が多い順。
  • 地方競馬所属馬は阪急杯、オーシャンステークス(以上はステップ競走に指定)、グローバル・スプリント・チャレンジ対象競走(外国で行われる競走に限る)のいずれかで2着以内に入ると本競走に出走できる。

負担重量[編集]

  • 定量で牡馬・セン馬は57kg、牝馬2kg減の55kgである。
    • GII時代は別定重量(1987年からグレード別定)、GIに格上げされ、3歳馬が出走可能だった第26回から第29回までは3歳馬は53kg(牝馬は51kg)に設定されていた。

コース[編集]

旧コース
1996年から2010年までの旧・芝1200mコースではスタート地点は2コーナー出口付近。向正面を通り中間点となる「⑥」のハロン棒を通過。最終の直線を通ってゴールとなる。この間の所要時間は僅か70秒。直線が短く坂もない(厳密にはゴール前200mは緩い上り坂になっている)短距離レースではあるが逃げ・先行馬が勝ちにくく、逃げ切って勝ったのは15年間でショウナンカンプローレルゲレイロの2頭のみである。
新コース
2012年からの新・芝1200mコースでは向正面からスタートし、3コーナーまでなだらかな下りが続く。長さ412mの最後の直線では、ゴール板まで残り約350m地点から2mの急勾配がある。

賞金[編集]

グレード制が施行された第14回(1984年)以降
回(施行年) 総額賞金 1着 2着 3着 4着 5着
第14回(1984年) 8,180万円 4,300万円 1,700万円 1,100万円 650万円 430万円
第15回(1985年) 8,400万円 4,400万円 1,800万円 1,100万円 660万円 440万円
第16回(1986年) 8,530万円 4,500万円 680万円 450万円
第17回(1987年) 9,100万円 4,800万円 1,900万円 1,200万円 720万円 480万円
第18回(1988年) 9,900万円 5,200万円 2,100万円 1,300万円 780万円 520万円
第19回(1989年) 1億830万円 5,700万円 2,300万円 1,400万円 860万円 570万円
第20回(1990年) 1億1,400万円 6,000万円 2,400万円 1,500万円 900万円 600万円
第21回(1991年) 1億2,330万円 6,500万円 2,600万円 1,600万円 980万円 650万円
第22回(1992年) 1億3,090万円 6,900万円 2,800万円 1,700万円 1,000万円 690万円
第23回(1993年)
第24回(1994年)
第25回(1995年)
第26回(1996年) 1億7,940万円 9,400万円 3,800万円 2,400万円 1,400万円 940万円
第27回(1997年)
第28回(1998年)
第29回(1999年)
第30回(2000年)
第31回(2001年)
第32回(2002年)
第33回(2003年)
第34回(2004年)
第35回(2005年)
第36回(2006年) 1億8,050万円 9,500万円 950万円
第37回(2007年)
第38回(2008年)
第39回(2009年)
第40回(2010年)
第41回(2011年)
第42回(2012年)

歴史[編集]

中距離競走(芝2000m)時代
短距離競走(芝1200m)時代
  • 1996年
    • 格付けをGIIからGIに昇格。
    • 施行距離を芝1200mに変更。
    • 開催時期を7月から5月に変更。
    • 指定交流競走に指定され、地方馬にも門戸が開かれる。
    • 負担重量を定量に変更(3歳牡馬・セン馬は53kg、4歳以上牡馬・セン馬は57kg、牝馬は2kg減に設定)。
  • 1998年
    • 名称を現在の高松宮記念に変更。
    • 安田修馬主として史上初の連覇。
  • 2000年
    • 開催時期を5月から3月末に変更。
    • 出走資格が「4歳(現3歳)以上」から「5歳(現4歳)以上」に変更。
  • 2001年
    • 馬齢表示の国際基準への変更に伴い、出走資格が「5歳以上」から「4歳以上」に変更。
    • 混合競走から国際競走に変更され、外国調教馬は5頭まで出走可能となる。
  • 2003年
    • 外国馬が初めて出走(ディスタービングザピースとエコーエディ)。地方所属馬も初出走となる(ネイティヴハート(船橋))。
    • 安藤勝己が地方競馬出身の騎手として史上初の優勝。
  • 2007年
    • 国際GIに格付け。
    • 日本のパートI国昇格に伴い、外国調教馬の出走枠が9頭に拡大。
  • 2009年 - 第30回優勝馬キングヘイローの仔・ローレルゲレイロが優勝、史上初の父仔制覇。
  • 2011年
  • 2012年
    • 出走馬選定方法が変わり、レーティングで上位5頭に優先出走を認める。
    • 改修工事後、初めての施行になった。
  • 2013年

歴代優勝馬[編集]

国際競走となった2001年以降は優勝馬の国旗を表記する。

中距離競走(芝2000m)時代
回数 施行日 優勝馬 性齢 勝時計 優勝騎手 管理調教師 馬主
第1回 1971年6月27日 シュンサクオー 牡5 2:00.1 飯田明弘 小林稔 岩佐俊策
第2回 1972年6月25日 ジョセツ 牝5 2:01.8 岡部幸雄 鈴木清 中村勝五郎
第3回 1973年6月24日 タケデンバード 牡4 2:01.0 蓑田早人 稲葉秀男 武市伝一
第4回 1974年6月23日 ハイセイコー 牡4 2:00.4 増沢末夫 鈴木勝太郎 (株)ホースマンクラブ
第5回 1975年6月22日 イットー 牝4 2:00.2 簗田善則 田中好雄 (有)荻伏牧場
第6回 1976年6月27日 フジノパーシア 牡5 2:01.3 大崎昭一 柴田寛 真田繁次
高橋金次
第7回 1977年6月26日 トウショウボーイ 牡4 2:03.8 武邦彦 保田隆芳 トウショウ産業(株)
第8回 1978年6月25日 ヤマニンゴロー 牡4 2:03.2 古川隆文 諏訪佐市 土井宏二
第9回 1979年6月24日 ネーハイジェット 牡3 1:59.8 松本善登 布施正 (株)大丸企業
第10回 1980年6月22日 リンドプルバン 牡4 2:01.1 田原成貴 見上恒芳 (株)デルマークラブ
第11回 1981年6月28日 ハギノトップレディ 牝4 2:01.8 伊藤清章 伊藤修司 日隈広吉
第12回 1982年6月27日 カズシゲ 牡5 2:00.5 田原成貴 須貝彦三 (株)ホースメン
第13回 1983年6月26日 ハギノカムイオー 牡4 2:01.1 伊藤清章 伊藤修司 日隈広吉
中村和夫
第14回 1984年6月24日 キョウエイレア 牡5 2:03.9 田島信行 久保田金造 松岡正雄
第15回 1985年6月23日 メジロモンスニー 牡5 2:03.5 清水英次 大久保正陽 メジロ商事(株)
第16回 1986年6月22日 ラグビーボール 牡3 2:01.3 河内洋 田中良平 小田切有一
第17回 1987年7月12日 ランドヒリュウ 牡5 1:59.8 村本善之 小林稔 木村善一
第18回 1988年7月10日 オグリキャップ 牡3 1:59.0 河内洋 瀬戸口勉 佐橋五十雄
第19回 1989年7月09日 メジロアルダン 牡4 1:58.9 河内洋 奥平真治 (有)メジロ牧場
第20回 1990年7月08日 バンブーメモリー 牡5 1:59.4 武豊 武邦彦 武田辰一
第21回 1991年7月07日 ダイタクヘリオス 牡4 1:59.4 加用正 梅田康雄 中村雅一
第22回 1992年7月12日 ミスタースペイン 牡4 2:00.6 石橋守 橋口弘次郎 架谷外茂次
第23回 1993年7月11日 ロンシャンボーイ 牡4 1:59.0 清山宏明 小原伊佐美 清岡政徳
山本次郎
第24回 1994年7月10日 ナイスネイチャ 牡6 2:00.7 松永昌博 松永善晴 豊嶌泰三
第25回 1995年7月09日 マチカネタンホイザ 牡6 2:02.6 柴田善臣 伊藤雄二 細川益男
短距離競走(GI・芝1200m)時代
回数 施行日 調教国・優勝馬 性齢 勝時計 優勝騎手 管理調教師 馬主
第26回 1996年5月19日 フラワーパーク 牝4 1:07.4 田原成貴 松元省一 吉田勝己
第27回 1997年5月18日 シンコウキング 牡6 1:08.0 岡部幸雄 藤沢和雄 安田修
第28回 1998年5月24日 シンコウフォレスト 牡5 1:09.1 四位洋文 栗田博憲 安田修
第29回 1999年5月23日 マサラッキ 牡6 1:08.0 藤田伸二 増本豊 丸井正貴
第30回 2000年3月26日 キングヘイロー 牡5 1:08.6 柴田善臣 坂口正大 浅川吉男
第31回 2001年3月25日 日本の旗トロットスター 牡5 1:08.4 蛯名正義 中野栄治 高野稔
第32回 2002年3月24日 日本の旗ショウナンカンプ 牡4 1:08.4 藤田伸二 大久保洋吉 国本哲秀
第33回 2003年3月30日 日本の旗ビリーヴ 牝5 1:08.1 安藤勝己 松元茂樹 前田幸治
第34回 2004年3月28日 日本の旗サニングデール 牡5 1:07.9 福永祐一 瀬戸口勉 後藤繁樹
第35回 2005年3月27日 日本の旗アドマイヤマックス 牡6 1:08.4 武豊 橋田満 近藤利一
第36回 2006年3月26日 日本の旗オレハマッテルゼ 牡6 1:08.0 柴田善臣 音無秀孝 小田切有一
第37回 2007年3月25日 日本の旗スズカフェニックス 牡5 1:08.9 武豊 橋田満 永井啓弍
第38回 2008年3月30日 日本の旗ファイングレイン 牡5 1:07.1 幸英明 長浜博之 (有)社台レースホース
第39回 2009年3月29日 日本の旗ローレルゲレイロ 牡5 1:08.0 藤田伸二 昆貢 (株)ローレルレーシング
第40回 2010年3月28日 日本の旗キンシャサノキセキ 牡7 1:08.6 四位洋文 堀宣行 吉田和美
第41回 2011年3月27日 日本の旗キンシャサノキセキ 牡8 1:07.9 U.リスポリ 堀宣行 吉田和美
第42回 2012年3月25日 日本の旗カレンチャン 牝5 1:10.3 池添謙一 安田隆行 鈴木隆司
第43回 2013年3月24日 日本の旗ロードカナロア 牡5 1:08.1 岩田康誠 安田隆行 (株)ロードホースクラブ
第44回 2014年3月30日 日本の旗コパノリチャード 牡4 1:12.2 M.デムーロ 宮徹 小林祥晃

高松宮記念の記録[編集]

  • レースレコード[7] - 1:07.1(第38回優勝馬ファイングレイン)
    • 参考記録 - 1:08.1(第43回優勝馬ロードカナロア)
  • 2着との最大着差 - 3 1/2馬身(第32回優勝馬ショウナンカンプ)
  • 最高齢勝利 - 8歳(第41回優勝馬キンシャサノキセキ)
  • 最多勝利騎手 - 3勝 藤田伸二(第29、32、39回)- すべてGIで勝利。
    • 武豊(第20、35、37回) - GI2勝。
    • 柴田善臣(第25、30、36回) - GI2勝。GII時代最後の勝利騎手。
    • 田原成貴(第10、12、26回) - GI1勝。GI昇格後最初の勝利騎手。
    • 河内洋(第16、18、19回) - GIは勝利できず。
  • 中京競馬場の1日の最高総入場者数 - 74,201人(第26回)
  • 中京競馬場の1競走の最高馬券売上げ - 260億4,495万1,400円(第27回)

父仔制覇[編集]

父馬名 優勝回 仔馬名 優勝回
キングヘイロー 第30回 ローレルゲレイロ 第39回

本競走との短距離GI連覇[編集]

1996年から春の短距離最強馬決定戦として施行されており、本競走優勝馬のうち下記4頭が秋のスプリンターズステークスとの短距離GI連覇をしている。また第33回優勝馬ビリーヴは前年の第36回スプリンターズステークスと、第42回優勝馬カレンチャンは前年の第45回スプリンターズステークスとの連覇をしている。第43回優勝馬ロードカナロアは前年の第46回スプリンターズステークスおよび第14回香港スプリントとの連覇をしている。

なお、本競走の優勝馬が秋のマイルチャンピオンシップを連覇した例は一度もない。

回数 施行日 馬名 性齢 優勝競走
第26回 1996年5月19日 フラワーパーク 牝4 第30回スプリンターズステークス
第31回 2001年3月25日 トロットスター 牡5 第35回スプリンターズステークス
第39回 2009年3月29日 ローレルゲレイロ 牡5 第43回スプリンターズステークス
第43回 2013年3月24日 ロードカナロア 牡5 第47回スプリンターズステークス

本競走と安田記念との関係[編集]

1996年以後、本競走と安田記念を連勝した例は1回ある。

回数 施行日 馬名 性齢 優勝競走
第43回 2013年3月24日 ロードカナロア 牡5 第63回安田記念

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2011年は中京競馬場の改修工事により阪神競馬場の芝1200mで施行。
  2. ^ JRAデータバンク 日本中央競馬会オフィシャルサイト
  3. ^ 1995年7月9日放映東海テレビドリーム競馬吉村功コメント
  4. ^ 競艇でも以前は「高松宮杯」という名を使っていたが、1987年2月以降から競輪や中央競馬よりも早く「高松宮記念」に名称を変更していた(参考:高松宮殿下と住之江 日本財団電子図書館)。
  5. ^ 本来のコースである中京芝1200mのフルゲートは18頭(コース改修後も変更無し)だが阪神芝1200mのフルゲートは16頭に制限されているため、この年のみフルゲートが16頭に縮小された。
  6. ^ サンケイスポーツ週刊Gallop2010年9月掲載)によると、「平年の中京裏開催期間中の時期は小倉競馬場での振替が予定されているが、小倉で高松宮記念を開催することになると、関東馬が不利になると考えられる」(2010年9月24日付け)とある。阪神での開催は「高松宮杯」時代の1979年以来であるが短距離GIへの変更、また名称が「高松宮記念」となってからは初めて他の競馬場で行われる。
  7. ^ 中京競馬場のレコードタイムはコース改修により新たな基準タイムを設定しているが、高松宮記念のレースレコードに限り引き続き旧コース時代のレコードタイムが適用されている。なお新コースでの最高タイムは、レースレコードを更新していない場合は参考記録扱いとなる(参考:中京競馬場のレコードタイムの取扱いについて)。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]