中村勘九郎 (6代目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
六代目 中村なかむら 勘九郎かんくろう
屋号 中村屋
定紋 角切銀杏 Sumikiri Ichō inverted.png
生年月日 (1981-10-31) 1981年10月31日(41歳)
本名 波野雅行[1][2]
襲名歴 1. 二代目中村勘太郎[3]
2. 六代目中村勘九郎
[2][4][5][6][7]
出身地 日本の旗 日本東京都[2]
曽祖父 三代目中村歌六(父方の父方)
六代目尾上菊五郎(父方の母方)
五代目中村福助(母方の父方)
祖父 十七代目中村勘三郎(父方)
七代目中村芝翫(母方)
十八代目中村勘三郎
波野好江(七代目芝翫の娘)
兄弟 二代目中村七之助(実弟)
前田亜季(義妹)
前田愛
三代目中村勘太郎(長男)
二代目中村長三郎(次男)
公式サイト 株式会社ファーンウッド公式ホームページ
中村屋公式Webサイト|中村勘九郎 中村七之助 後援会

六代目 中村勘九郎(ろくだいめ なかむら かんくろう、1981年昭和56年〉10月31日 - [2])は、歌舞伎役者、俳優屋号中村屋定紋角切銀杏、替紋は丸に舞鶴歌舞伎名跡中村勘九郎」の当代。本名は波野 雅行(なみの まさゆき)[1][2]

東京都出身[2]ファーンウッド所属。公称身長174cm・体重65kg・血液型O型。好きな色:なす紺 → 黒 → 緑。好きな食べ物:寿司[8][9]

来歴[編集]

父は十八代目中村勘三郎、弟は二代目中村七之助。父方の祖父は十七代目中村勘三郎で、母方の祖父は七代目中村芝翫。父方の伯母は女優の波乃久里子六代目尾上菊五郎は父方の母方の曽祖父で、大伯父(大叔父)は七代目尾上梅幸二代目尾上九朗右衛門二代目大川橋蔵寺島しのぶ五代目尾上菊之助二代目尾上右近は再従兄弟にあたる(祖父母同士が兄弟)。九代目中村福助八代目中村芝翫は母方の叔父にあたる。六代目中村児太郎四代目中村橋之助は母方の従兄弟にあたる。

妻は女優の前田愛。義妹は女優の前田亜季

1986年1月、歌舞伎座盛綱陣屋』の小三郎役として初お目見得。翌1987年1月、歌舞伎座『門出二人桃太郎』の兄の桃太郎役として二代目中村勘太郎襲名初舞台[3]。2012年2月、新橋演舞場で父の前名の「中村勘九郎」を六代目として襲名[10]

青山学院初等部中等部卒業、高等部を中退し堀越高等学校に転校、卒業。東洋大学中退。

2017年2月の『二月大歌舞伎』にて長男・七緖八が自身の初名である「中村勘太郎」を3代目として、次男・哲之が「中村長三郎」を2代目としてそれぞれ襲名して初舞台を踏んだ[11]

2019年、NHK大河ドラマいだてん〜東京オリムピック噺〜』で金栗四三役として主演、父・中村勘三郎が5代目中村勘九郎時代の1999年に『元禄繚乱』で主役を演じており、親子二代での主演となった。親子での大河ドラマ主演は、緒形拳太閤記峠の群像)と緒形直人信長 KING OF ZIPANGU)以来2組目である[12]

2021年開催の2020年東京オリンピックでは聖火リレーの最終ランナーとして、東京都の「到着式」の聖火皿に点火を行った[13](※国立競技場の聖火台ではない)。

2022年2月、コクーン歌舞伎「天日坊」に主演していたが、同月25日に公演関係者が体調不良を訴え、公演中止[14]。同月28日に新型コロナウイルスに感染したことが公表された[15][16]

初舞台向け1986年のイベント[編集]

歌舞伎座・1987年1月「江戸歌舞伎三百六十年 猿若祭初春大歌舞伎」公演の筋書きP.51-53に、以下全ての紹介がありました[3]

  • 4月23日 中村勘太郎・中村七之助 初舞台記者会見
  • 9月27日 岡山県岡山市吉備津神社にて、舞台成功祈願及び鳴釜神事
  • 9月28日 香川県高松市女木島(鬼ヶ島)を訪問し、鬼が住んでいたと言われている洞窟を見学。また高松市役所にも訪問し、市長と面会。
  • 10月21日 『門出二人桃太郎』の拵えをしてPR用スチール撮影
  • 10月24日 猿若祭として浅草寺仲見世お練り及び懇親会(父方の祖父・十七代目中村勘三郎、母方の祖父・七代目中村芝翫、父・五代目中村勘九郎(当時)、伯父・二代目澤村藤十郎が幼い兄弟と共に練り歩いた)
  • 12月3日 初舞台挨拶廻り(フジテレビ)
  • 12月8日 歌舞伎座劇場前にて、猿若祭初春大歌舞伎の切符前売り初日御挨拶

人物[編集]

視力が悪く、舞台以外では眼鏡をかけることもある。

妻・前田愛とは、ドラマ『光の帝国』での共演をきっかけに交際を通じて、結婚した。

趣味は漫画を読むことで、単行本よりも週刊誌をリアルタイムで読むことに感動するという[17]。父仕込みでTVゲームのファンである[18]

若手の歌舞伎役者仲間で趣味の「歌舞伎ダーツクラブ」を作っている。リーダーは、二代目中村勘太郎(のち六代目中村勘九郎)。メンバーは、四代目中村梅枝二代目尾上松也四代目中村種太郎(のち四代目中村歌昇)中村壱太郎坂東新悟など(※2010年当時)[19]

女性アイドルが好き。10代の頃はモーニング娘。特に市井沙耶香の熱心なファンで、市井の卒業ライブに昼夜通いつめた様子がDVDに映り込んでいる。市井の卒業以降はアイドルから離れていたが、2016年頃からアイドルグループの欅坂46(特にゆいちゃんず)と日向坂46のファンとなる。[20]過去には歌舞伎の中に欅坂46ネタを入れたこともある[注 1]。日向坂46の推しメンバーは富田鈴花[21][22]

受賞歴[編集]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

ドキュメンタリー[編集]

映画[編集]

Webドラマ[編集]

劇場アニメ[編集]

現代劇・時代劇[編集]

CM[編集]

テレビ番組[編集]

その他[編集]

  • システィーナ礼拝堂500年祭記念 ミケランジェロ展 天才の軌跡(国立西洋美術館、2013年) - 音声ガイド

著書[編集]

  • 『歌舞伎の名セリフ - 粋で鯔背なニッポン語』(光文社、2002年) ISBN 978-4-334-00744-7
  • 『ボクらの時代 自分を「美しく」見せる技術』藤原竜也髙橋大輔共著(扶桑社、2008年) ISBN 978-4-594-05727-5

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 実際に博多座で歌舞伎の公演をした際、馬に乗った後にメンバーの菅井友香の持ちギャグ「がんばりき」を台詞の中に入れたり、馬を走らせている時にメンバーの志田愛佳の名言「あたらっぷ」を叫んだり、寝ている時に寝言でメンバーの長沢菜々香の愛称「なーこ」を連呼したりしている。

出典[編集]

  1. ^ a b 松竹:(1987年)昭和62年1月2日発行『江戸歌舞伎三百六十年 猿若祭初春大歌舞伎 筋書き』P.30-31 萩原雪夫の寄稿に唯一、兄弟2人の本名フルネーム掲載
  2. ^ a b c d e f 読売年鑑2013』P.596(読売新聞東京本社,2013年3月27日刊行)
  3. ^ a b c 編集:歌舞伎座宣伝部/松竹:(1987年)昭和62年1月2日発行,頒価1,300円『江戸歌舞伎三百六十年 猿若祭初春大歌舞伎 筋書き』P.36及びP.51-54
  4. ^ 【国立劇場調査記録課 編『歌舞伎俳優名跡便覧[第四次修訂版]』|独立行政法人日本芸術文化振興会 (平成24年)2012年1月31日発行】のP.292「名跡 六代 中村勘九郎」初出。 "平成24年2月、東京新橋演舞場にて襲名予定"と記載
  5. ^ 【国立劇場調査記録課 編『歌舞伎俳優名跡便覧[第五次修訂版]』|独立行政法人日本芸術文化振興会 2020年3月31日発行】のP.218上段「名跡 中村勘九郎|六代」掲載。 "典拠:平成24年2月東京新橋演舞場の筋書き"
  6. ^ 【公益社団法人日本俳優協会松竹株式会社・社団法人伝統歌舞伎保存会 共同編集発行『かぶき手帖 2012年版(歌舞伎の公式データブック)』|2012年4月1日発行】のP.158-159に「芸名 中村勘九郎|六代目」初出。
  7. ^ 一般社団法人伝統歌舞伎保存会編集・発行『歌舞伎俳優名鑑 現在の俳優篇2021』P.244-245に掲載|2021年3月31日発行
  8. ^ 日本タレント名鑑(VIPタイムズ社)
  9. ^ 月刊演劇界発行『最新歌舞伎俳優名鑑』①平成元年/1989年(11月)増刊号のP.148-149には 身長・体重など記述なし。《定紋:角切銀杏》/②平成14年/2002年1月臨時特別増刊 のP.205-206には 身長173cm・体重68kg・血液型O型 と掲載。学歴記述なし。趣味:映画鑑賞。好きな色:なす紺。好きな花:ひまわり。好きな食べ物:きゅうり以外の物。抱負:いっぱいありすぎる。《定紋:角切銀杏》/③平成18年/2006年2月特別増刊 のP.191には 身長173cm・体重68kg・血液型O型 と掲載。学歴記述なし。趣味:映画鑑賞。好きな色:黒。好きな花:かすみ。好きな食べ物:寿司・そば。抱負:何でも挑戦したいです。《定紋:角切銀杏》/④平成27年/2015年9月号特別付録 のP.47-48には 身長175cm・体重65kg と掲載。学歴記述なし。趣味:読書・ダーツ。好きな色:緑。好きな花:かすみ草。好きな食べ物:寿司・芋焼酎。《定紋:角切銀杏》◎ 所属事務所の公式サイトには身長174cm・体重65kgと掲載
  10. ^ 歌舞伎俳優名鑑 現在の俳優篇 「六代目 中村勘九郎」”. 歌舞伎 on the web. 社団法人日本俳優協会. 2019年2月11日閲覧。
  11. ^ “中村勘太郎、中村長三郎、来年「二月大歌舞伎」初舞台を発表” (プレスリリース), 松竹「歌舞伎美人」, (2016年3月7日), http://www.kabuki-bito.jp/news/3201 2016年3月8日閲覧。 
  12. ^ 勘九郎「うれしい」親子2代で大河主役 阿部サダヲとリレー主演”. デイリースポーツ. 神戸新聞社 (2017年4月4日). 2019年2月12日閲覧。
  13. ^ 中村勘九郎 丸刈り、足袋シューズ「金栗四三」で聖火リレー締める ネット歓喜「これは泣く」「胸熱」(スポニチアネックス)” (日本語). スポーツニッポン新聞社. 2022年1月14日閲覧。
  14. ^ 【重要】『天日坊』2月25日公演の中止に関するお知らせ (PDF) 松竹.(閲覧:2022-03-01)
  15. ^ 新型コロナウイルス感染症「陽性」反応者に関するお知らせ (PDF) 松竹.(閲覧:2022-03-01)
  16. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2022年2月28日). “中村勘九郎さんら31人感染 コクーン歌舞伎の関係者” (日本語). 産経ニュース. 2022年3月1日閲覧。
  17. ^ SWITCHインタビュー「中村勘九郎×ヤマザキマリ」
  18. ^ 2015年4月4日めざましどようび中村勘九郎「ハイ&ロー」より。
  19. ^ “第3回 中村梅枝(芸の眼差し、遊の素顔)”. 歌舞伎美人 (松竹株式会社). (2010年12月9日). https://www.kabuki-bito.jp/special/actor/tepco-manazashi/post-manazashi-51/ 2022年2月15日閲覧。 
  20. ^ 『週プレNo.52』集英社、12月27日 2021、158頁。 
  21. ^ 富田鈴花 (2020年8月30日). “すーじー、浸透しますようにっ”. 富田 鈴花公式ブログ. 日向坂46公式サイト. 2021年3月19日閲覧。
  22. ^ 歌舞伎俳優 六代目中村勘九郎が藤原竜也のラジオで『日向坂46を勝手にプロモーション!』のはずが…日向坂46の佐々木久美&富田鈴花がサプライズ出演!!|朝日放送ラジオ株式会社のプレスリリース”. PR TIMES (2020年9月25日). 2021年3月19日閲覧。
  23. ^ 『中村勘九郎 中村七之助 春暁特別公演2022』の公演パンフレット・六代目勘九郎プロフィールに掲載
  24. ^ 歌舞伎座 (1990年12月) - 歌舞伎公演データベース|歌舞伎on the web
  25. ^ “第16回読売演劇大賞発表”. 演劇ニュース (シアターリーグ). (2009年2月4日). http://www.moon-light.ne.jp/news/2009/02/16.html 2022年3月20日閲覧。  "杉村春子賞は、中村勘太郎と深津絵里の2人に絞りこまれたものの、最早、深津絵里は女優賞を争うべき存在ということで、勘太郎の受賞が決まったということ"
  26. ^ “第16回読売演劇大賞 贈賞式が行われました。”. トピックス (歌舞伎on the web). (2009年3月4日). https://www.kabuki.ne.jp/cms/topics_20090304_6.html 2022年3月20日閲覧。  "2月26日(木)、第16回読売演劇大賞の贈賞式が東京・内幸町の帝国ホテルで…"
  27. ^ 会員一覧 | 伝統歌舞伎保存会”. www.kabuki.or.jp. 2020年10月26日閲覧。
  28. ^ “第26回浅草芸能大賞 大賞に吉永小百合、新人賞にナイツ”. ORICON NEWS (オリコン株式会社). (2009年11月13日). https://www.oricon.co.jp/news/70661/full/ 2022年3月20日閲覧。  "奨励賞は歌舞伎役者の中村勘太郎が受賞"
  29. ^ “中村勘太郎、妻・前田愛との新婚旅行を報告「20日間くらい海外を満喫」”. ORICON NEWS (オリコン株式会社). (2010年3月20日). https://www.oricon.co.jp/news/74497/full/ 2022年3月20日閲覧。  "20日、東京・浅草公会堂で行われた『第26回浅草芸能大賞』授賞式に出席"
  30. ^ 第33回松尾芸能賞 - 公益財団法人 松尾芸能振興財団
  31. ^ “勘九郎が松尾芸能賞新人賞を受賞しました”. ニュースリリース(歌舞伎美人) (松竹株式会社). (2012年3月30日). https://www.kabuki-bito.jp/news/981 2022年3月20日閲覧。  "3月29日(木)に、第33回松尾芸能賞の贈呈式が東京・赤坂のANAインターコンチネンタルホテル東京で行われ、中村勘九郎が新人賞を受賞"
  32. ^ “読売演劇大賞 笑顔の贈賞式”. 読売新聞 朝刊 (読売新聞社): pp. 38面. (2013年2月28日) 
  33. ^ “勘九郎が読売演劇大賞「最優秀男優賞」、七之助が「杉村春子賞」受賞”. ニュースリリース(歌舞伎美人) (松竹株式会社). (2013年2月28日). https://www.kabuki-bito.jp/news/2065 2022年3月20日閲覧。  "2月27日(水)、第20回読売演劇大賞の授賞式が行われ、「最優秀男優賞」を受賞した中村勘九郎、「杉村春子賞」と優秀男優賞を受賞した中村七之助が出席、喜びと感謝のスピーチ"
  34. ^ 岩谷時子賞【2013年 第4回】 - 公益財団法人 岩谷時子音楽文化振興財団
  35. ^ “勘九郎が岩谷時子賞奨励賞受賞”. ニュースリリース(歌舞伎美人) (松竹株式会社). (2013年4月5日). https://www.kabuki-bito.jp/news/2013/04/post_756.html 2022年3月20日閲覧。 
  36. ^ “岩谷時子賞授賞式に参加した(左から)下払桐子氏、中村勘九郎、八千草薫、岩谷時子氏、松任谷由実、岩井俊二”. スポニチ (株式会社スポーツニッポン新聞社). (2013年4月5日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/04/05/gazo/G20130405005548560.html 2022年3月20日閲覧。 
  37. ^ 大賞は『レ・ミゼラブル』スタッフ・出演者一同へ 「第39回菊田一夫演劇賞」発表に(シアターガイド、2014年4月4日)
  38. ^ “第39回「菊田一夫演劇賞」発表”. 観劇予報 (雑誌「えんぶ」演劇キック). (2014年4月4日). http://kangekiyoho.blog.jp/archives/51914486.html 2022年3月20日閲覧。  "中村勘九郎(『さらば八月の大地』の張凌風、『真田十勇士』の猿飛佐助役の演技に対して)"
  39. ^ “中村勘九郎、菊田一夫演劇賞受賞 「少しでも父に近づけるように」”. Daily News (Billboard JAPAN). (2014年4月16日). https://www.billboard-japan.com/d_news/detail/19373/2 2022年3月20日閲覧。  "「第39回 菊田一夫演劇賞」授賞式が16日、東京都内で行われ、演劇賞を受賞した歌舞伎俳優の中村勘九郎が出席"
  40. ^ “「第39回菊田一夫演劇賞」授賞式に出席した中村勘九郎”. スポニチ (株式会社スポーツニッポン新聞社). (2014年4月17日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/04/17/gazo/G20140417007987450.html 2022年3月20日閲覧。 
  41. ^ 中村勘九郎・七之助、『森光子の奨励賞』受賞「父と祖父に感謝」”. ORICON (2015年5月7日). 2015年5月8日閲覧。
  42. ^ “大衆芸能の振興に貢献した芸能人平成30年度「スターの手型」被顕彰者決定!”. プレスリリース2018年度 (東京都台東区). (2018年12月14日). https://www.city.taito.lg.jp/kusei/sanka/release/2018/201812/press1214-1.html 2022年3月20日閲覧。  "顕彰式は平成31年2月16日(土曜日)、「江戸まちたいとう芸楽祭 クロージング第1部」と併せて浅草公会堂において実施"
  43. ^ Asakusa Japan 平成30年度 スターの手形 顕彰式 - 浅草観光連盟
  44. ^ “勘九郎、七之助「スターの手型」顕彰”. ニュースリリース(歌舞伎美人) (松竹株式会社). (2019年2月18日). https://www.kabuki-bito.jp/news/5308 2022年3月20日閲覧。 
  45. ^ “【どうする家康】豪華追加キャストを発表 立川談春、田辺誠一、中村勘九郎ら【7人の役柄紹介】”. ORICON NEW (oricon ME). (2022年12月1日). https://www.oricon.co.jp/news/2258892/full/ 2022年12月1日閲覧。 
  46. ^ 「赤めだか」二宮和也らが故・立川談志師匠に撮了報告”. ニュースウォーカー (2015年11月21日). 2015年12月7日閲覧。
  47. ^ "中村勘九郎、伝説の歌舞伎役者役でドラマ主演「不思議な縁を感じます」 上白石萌音が妻役". ORICON NEWS. oricon ME. 19 July 2021. 2021年7月19日閲覧
  48. ^ a b “勘九郎 映画&舞台“同時”主演!来年9月「真田十勇士」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2015年12月15日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/12/15/kiji/K20151215011687370.html 2015年12月15日閲覧。 
  49. ^ 「銀魂」新八は菅田将暉、神楽は橋本環奈!長澤まさみ、岡田将生らも出演”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2016年8月4日). 2016年8月4日閲覧。
  50. ^ 実写ドラマ版「銀魂」はミツバ篇!ヒロイン役は北乃きい”. シネマトゥデイ (2017年6月8日). 2017年6月20日閲覧。
  51. ^ dTVドラマ「銀魂2」の詳細解禁!立木文彦が実写版マダオ役で登場、堤真一も出演”. 映画ナタリー. 株式会社ナターシャ (2018年7月9日). 2018年7月9日閲覧。
  52. ^ “上白石萌歌、中村勘九郎が「ポケットモンスター ココ」参加、少年とポケモン役に”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2020年7月31日). https://natalie.mu/eiga/news/389816 2020年7月31日閲覧。 
  53. ^ “勘太郎が三谷幸喜『ろくでなし啄木』に主演”. ニュースリリース(歌舞伎美人) (松竹株式会社). (2010年11月1日). https://www.kabuki-bito.jp/news/455 2022年3月20日閲覧。  三谷幸喜書き下ろしの新作・演出で、藤原竜也と中村勘太郎のW主演
  54. ^ “「三谷幸喜大感謝祭」第1弾、藤原竜也がろくでなしを熱演”. 日テレNEWS (日本テレビ放送網). (2011年1月4日). https://news.ntv.co.jp/category/culture/283153 2022年3月21日閲覧。  "脚本家の三谷幸喜氏(49)が作・演出を務める舞台「ろくでなし啄木」(7日〜23日)の公開けいこが4日、東京・池袋の東京芸術劇場で行われた(略)東京・天王洲 銀河劇場でも、2月17日〜26日まで上演"
  55. ^ 三谷幸喜「ろくでなし啄木」|ステージ|WOWOWオンライン 収録:2011年2月24日・天王洲 銀河劇場|WOWOW初放送:同年5月4日(水・祝)。
  56. ^ “「ヱビスビール」新TVCMのお知らせ”. ニュースリリース (サッポロビール). (2018年12月28日). https://www.sapporobeer.jp/news_release/0000009203/ 2022年3月21日閲覧。  "サッポロビール(株)は、「ヱビスビール」の新TVCM「ニッポンを映す金屏風」篇を1月2日より全国で放映"
  57. ^ “「ヱビスビール」新TVCMのお知らせ”. ニュースリリース (サッポロビール). (2020年3月6日). https://www.sapporobeer.jp/news_release/0000011876/ 2022年3月21日閲覧。  "サッポロビール(株)は「ヱビスビール」の新TVCM「金のコク」篇を3月7日より全国で放映"
  58. ^ “中村勘九郎さん中村七之助さんを40周年CMイメージキャラクターに起用!7月20日(水)より全国でオンエア開始”. 共同通信 PR Wire. (2016年7月20日). http://prw.kyodonews.jp/opn/release/201607202629/ 2016年7月26日閲覧。 
  59. ^ “ドラゴンクエストXI「楽しみにしすぎる人々」篇 新CM O.A.記念  タレント5組のプライベート“ドラクエ”エピソード満載!”. PR TIMES(株式会社スクウェア・エニックスのプレスリリース) (スクウェア・エニックス). (2017年7月21日). https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000026095.html 2022年3月21日閲覧。  "7月29日(土)発売の『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』の新CMが本日7月21日(金)よりTVCMとしてオンエア"

関連項目[編集]

外部リンク[編集]