コクーン歌舞伎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

コクーン歌舞伎(コクーンかぶき)は、東京・渋谷のBunkamura内の劇場、シアターコクーンで行われる歌舞伎公演である。

1994年5月、歌舞伎役者の十八代目中村勘三郎(初演時は五代目中村勘九郎)、 三代目中村橋之助らが『東海道四谷怪談』を上演したのが始まりである。その後も勘三郎、九代目中村福助、橋之助、二代目中村勘太郎(現六代目中村勘九郎)二代目中村七之助をはじめとする花形役者・若手役者が出演して、1〜2年に一回、約1ヶ月間の公演が行われている。2005年の公演には、襲名公演の期間中であった勘三郎は出演せず、福助、橋之助が中心となって『桜姫』が上演された。

特色[編集]

  • 古典歌舞伎の演目を新たな演出で上演する公演である。
  • 本水、本泥の使用や、石野卓球椎名林檎ら現代のポップミュージシャンを起用した演出が話題になった。
  • 1階席の前方には、椅子ではなく座布団に座る「平場席」が設けられる。
  • 客席での飲食が認められている。(シアターコクーンでは、通常は客席での飲食を禁止している)

演出家[編集]

1996年の『夏祭浪花鑑』以降は、初演時にシアターコクーンの芸術監督だった串田和美が演出を担当している。

串田は、2006年の『東海道四谷怪談・北番』で、読売演劇大賞最優秀演出家賞を受賞した。

上演記録[編集]

上演年月 演目 備考
第1弾 1994年5月 東海道四谷怪談
第2弾 1996年8月 夏祭浪花鑑
第3弾 1998年9月 盟三五大切』(南番・北番) 五代目中村勘九郎(当時)三代目中村橋之助(当時)の配役を入れ替えた2バージョンを上演
第4弾 2001年6月 三人吉三
第5弾 2003年6月 『夏祭浪花鑑』 再演
第6弾 2005年6月 『桜姫』
第7弾 2006年3~4月 『東海道四谷怪談』(南番・北番) 再演(南番)
台本、配役、演出などの異なる新作(北番)も上演
第8弾 2007年6月 『三人吉三』 再演
椎名林檎の新譜『玉手箱』をメインテーマ曲に使用
第9弾 2008年6月 『夏祭浪花鑑』 再々演
平成中村座ヨーロッパ公演凱旋記念公演として上演
第10弾 2009年7月 『桜姫』 再演
同年6月公演の現代劇版『桜姫』との連続上演
第11弾 2010年6月 『佐倉義民傳』 結果的に十八代目勘三郎が主演したのはこれが最後となった
第12弾 2011年6月 『盟三五大切』
第13弾 2012年6~7月 『天日坊』 原作:河竹黙阿弥「吾嬬下五十三次駅」、脚本:宮藤官九郎
主演:六代目中村勘九郎
第14弾 2014年6月 『三人吉三』
第15弾 2016年2月 四谷怪談
第16弾 2018年5月 切られの与三 原作:瀬川如皐「与話情浮名横櫛」、補綴:木ノ下裕一
主演:二代目中村七之助
第17弾 2021年5月 『夏祭浪花鑑』 主演:六代目中村勘九郎
第18弾 2022年2月 『天日坊』 第13弾の再演

新型コロナウイルス集団感染[編集]

松竹の発表によると、2022年2月1日から上演中のコクーン歌舞伎第18弾「天日坊」上演中の同月25日、公演関係者が体調不良となった。そのため25日・26日公演が中止[1][2]となり、公演関係者のPCR検査が行われた結果、25日に3人、26日に28人、計31人の陽性反応者が出たという。新型コロナウイルス感染者は歌舞伎俳優(中村扇雀中村獅童中村勘九郎中村七之助片岡亀蔵を含む)と公演スタッフたちであり、感染者は療養に専念しているという[3][4]

松竹は「公益社団法人全国公立文化施設協会」[5]及び「緊急事態舞台芸術ネットワーク」[6]の感染拡大予防ガイドラインに基づいた対策を講じて公演を開催していた[7]。しかし、結果的に感染者を出したこと、25・26日の公演中止に至ったことを謝罪している[8]。公演期間後の発表についても、「公演期間後となりましたが、事の重大性をかんがみ」と説明している[9]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 【重要】『天日坊』2 月 25 日公演の中止に関するお知らせ(2022年2月25日)”. 2022年3月1日閲覧。
  2. ^ 【重要】 「天日坊」公演中止期間延長のお知らせ(2022年2月25日)”. 松竹. 2022年3月1日閲覧。
  3. ^ 新型コロナウイルス感染症「陽性」反応者に関するお知らせ(2022年2月28日)”. 松竹. 2022年3月1日閲覧。
  4. ^ 中村獅童、中村勘九郎ら5人が新型コロナウイルス感染 コクーン歌舞伎「天日坊」中止していた - 芸能 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com(2022年2月28日). 2022年3月1日閲覧。
  5. ^ 新型コロナウイルス文化芸術関係情報 : 全国劇場・音楽堂等総合情報サイト | 公益社団法人全国公立文化施設協会”. www.zenkoubun.jp. 2022年3月1日閲覧。
  6. ^ 「舞台芸術公演における新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン(第四版)」(2021年10月21日改定)を公開しました | News” (日本語). 緊急事態舞台芸術ネットワーク|Japan Performing Arts Solidarity Network. 2022年3月1日閲覧。
  7. ^ 公演概要・チケット情報 | 渋谷・コクーン歌舞伎 第十八弾『天日坊』 | Bunkamura”. www.bunkamura.co.jp. 2022年3月1日閲覧。
  8. ^ コクーン歌舞伎で31人がコロナ感染 勘九郎、七之助、獅童も すでに2日間公演中止/デイリースポーツ online” (日本語). デイリースポーツ online(2022年2月28日). 2022年3月1日閲覧。
  9. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2022年2月28日). “中村勘九郎さんら31人感染 コクーン歌舞伎の関係者” (日本語). 産経ニュース. 2022年3月1日閲覧。