G2 (演出家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

G2(ジーツー、本名:非公表、1959年 - )は、日本の劇作家演出家

来歴・人物[編集]

1987年、演劇ユニット「売名行為」の演出で舞台演出デビュー。1991年には「売名行為」の升毅牧野エミらと劇団MOTHERを結成し、作・演出を手がける。(2002年解散)

1995年に演劇制作ユニット「G2プロデュース」の活動開始。1998年に有限会社ジーツープロデュースを設立。G2プロデュース公演のほか、松尾貴史とのユニット「AGAPE store」や、篠井英介らとの「3軒茶屋婦人会」などを手がける。

北九州芸術劇場との共同製作や新橋演舞場での時代劇や歌舞伎、ミュージカルの翻訳・訳詞も手掛けるなど、精力的に舞台公演の企画・制作活動を行っている。

2011年に脚本を手掛けた歌舞伎「東雲烏恋真似琴」にて、大谷竹次郎奨励賞を受賞。

2013年、G2プロデュースを解散し、社名もPREG株式会社と改めた。

主な作品[編集]

舞台[編集]

  • 12人のおかしな大阪人(1995年、演出)
  • 12人の入りたい奴ら(1997年、演出)
  • 一郎ちゃんが行く。(1998年、2003年、演出)
  • こどもの一生(1998年、演出)
  • 止まれない12人(1998年、2003年、演出)
  • 人間風車(2000年、演出)
  • BIG BIZ 〜宮原木材危機一髪!〜(2001年、2002年、演出)
  • 天才脚本家(2001年、演出)
  • おじいちゃんの夏(2002年、2005年、作・演出)
  • ダブリンの鐘つきカビ人間(2002年、2005年、演出)
  • BIGGER BIZ 〜絶体絶命!結城死す?〜(2003年、2005年、演出)
  • ヴァニティーズ(2003年、演出)
  • ゴーストライター(2003年、作・演出)
  • しかたがない穴(2004年、演出)
  • MIDSUMMER CAROL ガマ王子 vs ザリガニ魔人(2004年、2008年、演出)
  • 痛くなるまで目に入れろ(2004年、作・演出)
  • ハンブルボーイ(2004年、演出)
  • キャンディーズ(2005年、作・演出)
  • 仮装敵国(2005年、演出)
  • BIGGEST BIZ〜最後の決戦!ハドソン川を越えろ〜(2006年、演出)
  • 女中たち(2006年、演出)
  • ミュージカル「OUR HOUSE」(2006年、演出)
  • 開放弦(2006年、演出)
  • 魔界転生(2006年、作・演出)
  • ジェイルブレイカーズ(2006年、作・演出)
  • 地獄八景‥浮世百景(2007年、演出)※落語の演目で3代目桂米朝が掘り起こした地獄八景亡者戯がテーマになっている。
  • ツグノフの森(2007年、作・演出)
  • 東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜(2007年、演出)
  • 憑神(2007年、作・演出)
  • ミュージカル「THE LIGHT IN THE PIAZZA」(2007年、翻訳・演出)
  • からっぽの湖(2008年、演出)
  • A MIDSUMMER NIGHT'S DREAM(2008年、翻訳・演出)
  • ウドンゲ(2008年、演出)
  • フライパンと拳銃(2008年、作・演出)
  • ミュージカル「スーザンを探して」(2009年、演出・翻訳・訳詞)
  • テーブル・マナー(2009年、演出・翻訳)
  • 江戸の青空(2009年、演出)
  • ミュージカル「COCO」(2009年、演出・翻訳)
  • 静かじゃない大地(2009年、作・演出)
  • ミュージカル「Nine The Musical」(2009年、演出・翻訳・訳詞)
  • 残念なお知らせ(2010年、演出)
  • 相対的浮世絵(2010年、演出)
  • おくりびと(2010年、演出)
  • アリバイのない天使(2010年、作・演出)
  • W 〜ダブル(2010年、脚本・演出)
  • 今の私をカバンにつめて(2010年、演出)
  • ギルバート・グレイプ(2011年、脚本・演出)
  • ロング・ロスト・フレンド(2011年、作・演出) 
  • 紅姉妹(2011年、演出[1]
  • 6月のビターオレンジ(2011年、作・演出)
  • リタルダンド(2011年、演出)
  • 新橋演舞場八月花形歌舞伎「東雲烏恋真似琴」(2011年、作・演出) 
  • 江戸の青空 弐 〜惚れた晴れたの八百八町〜(2011年、演出) 
  • 8人の女たち(2011年、脚本・演出)
  • 灰色のカナリア(2012年、作・演出) 
  • ミュージカル「Bitter days,Sweet nights」(2012年、作・演出) 
  • こどもの一生(2012年、演出)
  • 助太刀屋助六 外伝(2012年、作・演出)  
  • NO WORDS,NO TIME〜空に落ちた涙〜(2013年、作・演出)
  • デキルカギリ(2013年、作・演出) 
  • 3軒茶屋婦人会「ブライダル」(2013年、作・演出)
  • ミュージカル「マイ・フェア・レディ」(2013年、翻訳・訳詞・演出)
  • ミュージカル「シルバースプーンに映る月」(2013年、作・演出) 
  • 今の私をカバンにつめて(2013年、演出) 
  • 歌芝居「芝浜」〜女の心意気〜(2013年、作) 
  • 明治座「コンダーさんの恋〜鹿鳴館騒動記〜」(2014年、作・演出) 
  • PACO〜パコと魔法の絵本〜(2014年、演出)
  • フォレスト・ガンプ(2014年、上演台本・演出) 
  • ガラスの仮面(2014年、脚本・演出)
  • オン・ザ・タウン(2014年、翻訳・訳詞) 
  • AGAPE store「君はフィクション」(2014年、脚本・演出) 
  • めんたいぴりり〜博多座版〜(2015年、演出) 
  • 嵐が丘(2015年、脚本・演出)
  • 3軒茶屋婦人会「ス・ワ・ン」(2015年、作・演出)
  • ドリアン・グレイの肖像(2015年、脚本)
  • 博多座 石川さゆり特別公演「はかた恋人形」(2015年、作・演出)、「オンステージ」(2015年、構成・演出)
  • 「ダブリンの鐘つきカビ人間」(2015年、演出)
  • 「ベイビーさん」(2015年、演出)
  • 「REPAIR」(2015年、作)
  • AGAPE store「七つの秘密」(2016年、演出)
  • 「天空の恋」(2016年、作・演出)
  • 御宿かわせみ(2016年、脚本・演出)
  • 「メルシー!おもてなし」(2016年、脚本・演出)
  • ミュージカル「マイ・フェア・レディ」(2016年、翻訳・訳詞・演出)
  • 「ガラスの仮面」(2016年、脚本・演出)
  • ミュージカル 「バイオハザード 〜ヴォイス・オブ・ガイア〜」(2016年、脚本・演出)[2]
  • 熱血!ブラバン少女。(2017年、作・演出)[3]

テレビドラマ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 3軒茶屋婦人会との共同演出
  2. ^ “「バイオハザード」がミュージカルに!主演は柚希礼音、演出はG2”. ステージナタリー. (2016年3月16日). http://natalie.mu/stage/news/179966 2016年3月16日閲覧。 
  3. ^ “女子高吹奏楽部が劇中で生演奏、「熱血!ブラバン少女。」主演は博多華丸”. ステージナタリー. (2016年5月20日). http://natalie.mu/stage/news/187928 2016年5月23日閲覧。 

外部リンク[編集]