MIDSUMMER CAROL ガマ王子 vs ザリガニ魔人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

MIDSUMMER CAROL ガマ王子 vs ザリガニ魔人』(みっどさまー きゃろる がまおうじ たい ざりがにまじん)は、日本舞台作品。2004年初演2008年に『パコと魔法の絵本』のタイトルで映画化された。

概要[編集]

初演は2004年。作者は後藤ひろひと、演出はG2。G2が主宰していた演劇制作ユニット「G2プロデュース」の作品として上演された。劇中歌は瓜生明希葉が歌っている。

病院が舞台となっており、登場人物のほとんどは入院患者、医師、看護師。頑固で偏屈な男・大貫が、パコという少女に出会い、変化していく様子を描く。

2004年初演版[編集]

2004年7月4日から25日まで東京渋谷のPARCO劇場から始まり、その後、大阪、新潟、名古屋、福井、仙台、広島、福岡で8月14日まで上演された。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

2008年版[編集]

2008年3月21日から4月6日まで初演と同じPARCO劇場から始まり、その後、新潟、仙台、大阪、広島、福岡で4月21日まで上演された。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

2014年版[編集]

『Paco〜パコと魔法の絵本〜 from「ガマ王子vsザリガニ魔人」』のタイトルで、2014年2月7日から25日まで東京日比谷のシアタークリエから始まり、その後、金沢、仙台、大阪、広島、名古屋、福岡、南相馬で3月21日まで上演された。

タイトルは映画タイトルに合わせる形に変えられているが、映画化の際に加えられた設定や登場人物(浩二の家の1階がダンス教室になっていることや、入院患者たちによる包帯バンドが登場することなど)は取り入れられていない。

東京公演の録画は、2014年5月3日、『Eテレシアター』で放映された。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

2017年版[編集]

『MIDSUMMER CAROL ガマ王子 vs ザリガニ魔人』のタイトルで、2017年8月16日から20日まで東京シアターサンモールから始まり、その後、大阪ABCホールで9月2日から3日まで上演された。 木之元の性別と光岡の名前等一部が映画版準拠となっている。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 照明 - 斎藤真一郎
  • 殺陣指導 -TeamAZURA
  • ヘアメイク -ビューティ★佐口
  • 衣裳 - 阿部美千代(MIHYプロデュース)・杮沼千晴
  • 美術 -小林奈月
  • 音響 - 松木優佳
  • 舞台監督 - 金安凌平
  • 演出助手 - 加藤雅人(ジェイズプロデュース)
  • 宣伝美術 - 矢野啓太(toyvox)
  • キャスティング協力- 高柳亮博
  • 制作協力 - 大森晴香
  • 制作助手 - 赤木山伍里蔵(ジェイズプロデュース)
  • プロデューサー -清水順二(ジェイズプロデュース)・原 葵(Jnapi L.L.C.)・杉山直樹(ジェイズプロデュース)

映画版[編集]

2008年、中島哲也の監督で『パコと魔法の絵本』というタイトルが付けられて映画化され、大貫役を役所広司、パコ役をアヤカ・ウィルソンが演じた。詳細はパコと魔法の絵本を参照。

関連商品[編集]

書籍[編集]

  • 「Paco〜パコと魔法の絵本〜」よりガマ王子vsザリガニ魔人 絵 たなかしん(2014年、求龍堂ISBN 978-4763014184

DVD[編集]

  • MIDSUMMER CAROL〜ガマ王子VSザリガニ魔人〜(2005年)2004年版を収録
  • MIDSUMMER CAROL〜ガマ王子VSザリガニ魔人〜 2008年版(2008年)
  • Paco〜パコと魔法の絵本〜 from「ガマ王子vsザリガニ魔人」谷花音バージョン(2014年)
  • Paco〜パコと魔法の絵本〜 from「ガマ王子vsザリガニ魔人」キッド咲麗花バージョン(2014年)

外部リンク[編集]