憑神

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
憑神
著者 浅田次郎
発行日 2005年9月22日
発行元 新潮社
ジャンル 時代小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 上製本
ページ数 286
コード ISBN 978-4-10-439402-9
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

憑神』(つきがみ)は、浅田次郎小説[1]、およびそれを原作とした日本映画、舞台作品。小説は、『小説新潮』に2004年9月号から2005年5月号にかけて連載され、2005年9月に新潮社より単行本化された。映画は2007年6月23日に公開(興行収入は約8.8億円)。舞台は同年9月4日 - 9月26日新橋演舞場10月1日 - 10月25日大阪松竹座にて上演。

あらすじ[編集]

時は幕末。将軍の影武者を代々務めてきた由緒ある家柄の出である別所彦四郎は、幼い頃より文武に優れ、秀才の誉れ高かったが、最近は半ば失業状態となり、暇を持て余す日々を送っていた。そのうえ婿養子先から離縁され、冷たくされつつも兄夫婦の家に居候するという不幸も重なった。

ある日、ひょんな事から見つけた「三巡神社(みめぐりじんじゃ、三囲神社とは縁もゆかりも無い)」というお稲荷様に酔った勢いで祈ったところ、彦四郎は貧乏神疫病神死神といった災いの神様を呼び寄せてしまう。不幸の神様たちに取り憑かれてしまった彦四郎の運命やいかに…。

映画[編集]

憑神
監督 降旗康男
脚本 降旗康男
小久保利己
土屋保文
原作 浅田次郎
出演者 妻夫木聡
西田敏行
香川照之
江口洋介
夏木マリ
佐々木蔵之介
音楽 めいなCo.
主題歌 米米CLUB御利益
撮影 木村大作
編集 園井弘一
製作会社 「憑神」製作委員会
配給 東映
公開 日本の旗 2007年6月23日
上映時間 107分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 8.8億円[2]
テンプレートを表示

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

舞台[編集]

キャスト[編集]

※橋之助、藤谷、升は前年の同時期に上演されたG2演出作「魔界転生」から引き続き出演。また藤谷演じる八重は、映画版で所属事務所の後輩・笛木優子が演じていた。

スタッフ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 川本三郎筒井清忠『日本映画 隠れた名作 昭和30年代前後』(中公選書2014年)で川本は滝沢英輔監督、三國連太郎主演の『江戸一寸の虫』について、「滅び行く幕府に殉じた幕臣の生き方を描いた作品として最高傑作だと思います。浅田次郎の『憑神』はこれから取ってますね」と語っている。
  2. ^ 「2007年 日本映画・外国映画 業界総決算 経営/製作/配給/興行のすべて」、『キネマ旬報2008年平成20年)2月下旬号、キネマ旬報社2008年、 164頁。

外部リンク[編集]