夜叉 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
夜叉
監督 降旗康男
脚本 中村努
製作 島谷能成
市古聖智
出演者 高倉健
田中裕子
音楽 佐藤允彦
トゥーツ・シールマンス
撮影 木村大作
編集 鈴木晄
製作会社 グループ・エンカウンター
東宝
配給 東宝
公開 日本の旗 1985年8月31日
上映時間 128分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 9億円[1]
テンプレートを表示

夜叉』(やしゃ)は、1985年8月31日に公開された日本映画。監督は降旗康男、主演は高倉健。製作は東宝、グループ・エンカウンター[注 1]

あらすじ[編集]

背中一面に彫られた刺青から「人斬り夜叉」と呼ばれた、大阪・ミナミの伝説の男、北原[要出典]修治は、女の為にヤクザから足を洗い、若狭湾に面した小さな港町で漁師となって妻子と暮らして15年。ある冬のこと、ミナミから螢子という女が流れてきて小料理屋「螢」を開く。螢子の都会の刺激と香りに満ちた妖しい魅力に男の心が揺れ動く。しばらくして、螢子のヒモでシャブ中のヤクザ、矢島が現れる。矢島が漁師仲間たちを相手に覚醒剤を売っているのを知る。覚醒剤を処分した蛍子を矢島が追いかけ、修治が守る。螢子に矢島を助けてほしいと言われ、ミナミに。そして、修治の中の夜叉が蘇る…。[4]

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

ロケ地[編集]

1984年12月24日から1985年2月1日まで、福井県美浜町日向や敦賀市敦賀駅などでロケが行われた[2][5]。 

エピソード[編集]

  • グループ・エンカウンターによる製作で、現場は熱気とチームワークに溢れ、1985年の正月休みのカラオケ大会では高倉が『唐獅子牡丹』を披露した[2]
  • 小料理屋のセットは、若狭湾日向湖を繋ぐ場所に架かる日向橋のたもとの空き地に建てられた[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 降旗、カメラマンの木村大作、プロデューサーの市古聖智ら現場スタッフが『夜叉』を作るためだけに構成したプロダクション[2]。活動はこの1作のみに終わった[3]

出典[編集]

  1. ^ 「1985年邦画4社<封切配収ベスト作品>」『キネマ旬報1986年昭和61年)2月下旬号、キネマ旬報社、1986年、 128頁。
  2. ^ a b c 京塚伊都子「日本映画わっくわくシアター 撮影快調!高倉健が待望のヤクザで戻ってくる! ー東宝『夜叉』」『ロードショー』1985年3月号、集英社、 180–181。
  3. ^ 2012年8月26日、『日曜邦画劇場』(日本映画専門チャンネル)、「高倉健ロングインタビュー」にて高倉の証言。
  4. ^ 夜叉”. 日本映画専門チャンネル. 2013年5月27日閲覧。
  5. ^ a b 「夜叉」上映作品詳細 - 午前十時の映画祭8 デジタルで甦る永遠の名作

外部リンク[編集]