ナンシー・ウィルソン (ジャズ歌手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ナンシー・ウィルソン
Nancy Wilson
Nancy Wilson.jpg
ワシントンD.C.にて(1997年6月)
基本情報
出生名 Nancy Sue Wilson
生誕 (1937-02-20) 1937年2月20日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
オハイオ州チリコシー
死没 (2018-12-13) 2018年12月13日(81歳没)
ジャンル ジャズ
R&B
ソウルミュージック
ポップミュージック
職業 歌手
活動期間 1956年 - 2011年
レーベル キャピトル・レコード
コロムビア・レコード
MCG Jazz

ナンシー・ウィルソン(Nancy Wilson、1937年2月20日 - 2018年12月13日)は、アメリカ合衆国オハイオ州出身の女性ジャズ/R&B歌手。70枚以上のアルバムをリリースし、3度のグラミー賞を受賞した。

経歴[編集]

オランダ・アムステルダム公演 (1968年3月)

1956年にビッグバンドのボーカルとして活動を始め、キャノンボール・アダレイの誘いで1959年ニューヨークに移住。翌1960年キャピトル・レコードからデビューした。

多数のアルバムをリリースしヒットしたほか数々のテレビ出演でも知られ、NBCテレビで1967-1968年に自身がホストを務める番組『The Nancy Wilson Show』を手がけエミー賞を受賞した。

1970年代までレーベルは「キャピトル・レコード」一筋だった。1968年2005年2007年には「グラミー賞」を受賞。2011年に、音楽活動から一線を退いている[1]

2018年12月13日、カリフォルニア州の自邸にて、長い病気の末に死去したことが明らかにされた[2]。81歳没。

ディスコグラフィティ[編集]

主なスタジオアルバム

  • Like in Love (1959)
  • Something Wonderful (1960)
  • The Swingin's Mutual! (1961)
  • Nancy Wilson/Cannonball Adderley (1962)
  • Broadway – My Way (1963)
  • Hollywood – My Way (1963)
  • Yesterday's Love Songs/Today's Blues (1964)
  • Today, Tomorrow, Forever (1964)
  • The Nancy Wilson Show! (1965)
  • Tender Loving Care (1966)
  • Lush Life (1967)
  • Welcome to My Love (1967)
  • Hurt So Bad (1969)
  • But Beautiful (1969)
  • Life, Love and Harmony (Sunshine) (1978]
  • Love, Nancy (1994)
  • A Nancy Wilson Christmas (2001)
  • R.S.V.P. (Rare Songs, Very Personal) (2004)
  • Turned to Blue (2006)

来日公演[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ジャズ歌手のナンシー・ウィルソンさんが死去”. デイリースポーツ (2018年12月15日). 2018年12月15日閲覧。
  2. ^ “Nancy Wilson, Grammy-winning jazz singer and 'song stylist,' dies at 81” (英語). NBC News. National Broadcasting Company. (2018年12月14日). https://www.nbcnews.com/pop-culture/music/nancy-wilson-grammy-winning-jazz-singer-song-stylist-dies-81-n947876 2018年12月15日閲覧。