田中裕子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
たなか ゆうこ
田中 裕子
本名 澤田 裕子
さわだ ひろこ
生年月日 1955年4月29日(61歳)
出生地 日本の旗 日本大阪府池田市
国籍 日本の旗 日本
身長 160cm
職業 女優
ジャンル 映画・テレビドラマ・舞台
活動期間 1979年 -
配偶者 沢田研二(1989年 - )
著名な家族 弟:田中隆三[1]
事務所 アニマ出版
主な作品
テレビドラマ
おしん
『向田邦子新春シリーズ』
東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜
Mother
Woman

映画
ええじゃないか
北斎漫画
天城越え
ホタル
あなたへ
吹き替え
もののけ姫

田中 裕子(たなか ゆうこ、本名:澤田 裕子(ひろこ)、1955年4月29日 - )は、日本の女優昭和天皇「裕仁(ひろひと)」から取ったため本名はひろこと読み、誕生日も同じである。所属事務所はアニマ出版

夫は歌手俳優沢田研二、弟は俳優田中隆三大阪府池田市出身。中学2年から北海道札幌市西区育ち[3]

札幌市立向陵中学校北海道札幌西高等学校卒業、藤女子短期大学中途退学を経て明治大学文学部演劇学科卒業。学位文学士(明治大学)。卒業論文は「女優論」。

来歴・人物[編集]

明治大学在学中の1978年文学座に入り、女優活動をスタート。1979年(昭和54年)のNHKテレビ小説『マー姉ちゃん』で主役の妹役としてデビュー。1981年(昭和56年)の映画『ええじゃないか』『北斎漫画』で日本アカデミー賞最優秀助演女優賞、新人俳優賞を受賞。1983年(昭和58年)の、連続テレビ小説おしん』で主役を演じ、アジアやイスラム圏を中心として世界的な有名女優になる。日本での『おしん』の平均視聴率は52.6%、最高視聴率は1983年11月12日放送(第186回「戦争編・東京の加代」)の62.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)であり、テレビドラマ史上最高視聴率である。

1983年(昭和58年)には映画『天城越え』でモントリオール世界映画祭主演女優賞受賞。1985年に文学座を退団。

歌手としての活動もあり、1986年8月14日放送のTBS『ザ・ベストテン』スポットライトのコーナーに出演しシングル曲「チャイナ・ドール」(作曲・沢田研二)を披露したことがある。また1987年6月11日には黒柳徹子の代理で同番組の司会を行ったこともある。

2005年(平成17年)には映画『いつか読書する日』『火火』でキネマ旬報ベスト・テン主演女優賞受賞。2010年(平成22年)のドラマ『Mother』で第65回ザテレビジョンドラマアカデミー賞助演女優賞受賞。同年11月紫綬褒章受章。2013年(平成25年)には映画『共喰い』『はじまりのみち』でキネマ旬報ベスト・テン助演女優賞受賞。

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

テレビアニメ[編集]

劇場アニメ[編集]

CM[編集]

ディスコグラフィー[編集]

  • アルバム
    • 泳いでる...(1986年6月21日 / CBSソニー
    • 女か男を愛せる瞬間(1987年5月21日 / CBSソニー)
    • 純愛ノススメ(1988年9月21日 / CBSソニー)
    • 都会の猫たち(1989年7月1日 / 日本コロムビア

脚注[編集]

  1. ^ http://people.search.naver.com/search.naver?where=nexearch&sm=tab_ppn&query=%EB%8B%A4%EB%82%98%EC%B9%B4%EC%9C%A0%EC%BD%94&os=181593&ie=utf8&key=PeopleService
  2. ^ 鈴木隆; 広瀬登 (2013年1月18日). “毎日映画コンクール:大賞は「終の信託」”. 毎日jp. 毎日新聞社. pp. 1-2. 2013年1月18日閲覧。
  3. ^ 佐藤正弥編著『データ・バンク にっぽん人』現代書林、1982年、110頁。
  4. ^ ドラマスペシャル しあわせの国 青い鳥ぱたぱた?名 - NHK名作選(動画・静止画) NHKアーカイブス
  5. ^ 加瀬亮と戸田恵梨香が獣医役で共演、殺処分の現実を描くドラマW「この街の命に」”. 映画ナタリー (2016年2月19日). 2016年2月19日閲覧。
  6. ^ もののけ姫”. 金曜ロードSHOW!. 2016年6月18日閲覧。
  7. ^ 海がきこえる/ゲド戦記”. 金曜ロードSHOW!. 2016年6月18日閲覧。

外部リンク[編集]