エキゾティクス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

エキゾティクス(Exotics)は、日本ロックバンド

概要[編集]

沢田研二のバックバンドとして「オールウェイズ」(1980 - 1981)を経て、1981年に結成。リーダー兼バンドマスターは吉田建。結成から1ヵ月余りはバンド名がなく、当時の沢田研二の新曲「渚のラブレター」に肖り、暫定的に「渚のラブレターバンド」と名乗った[1]。沢田研二と活動を共にした後、1984年9月に解散。

スタイル[編集]

沢田研二自身は「バックバンド」という裏方集団とは考えておらず、当時の作品にJULIE&EXOTICSとクレジットされたものがあったり、沢田研二と同じコンセプトの衣装を纏うなど、「沢田研二がエキゾティクスのリードボーカル」というスタンスであったようだ。当時の彼のレギュラーTV番組であるバラエティ「沢田研二ショー」、ラジオ番組「日産ミッドナイトステーション 沢田研二の夜は気ままに」にも出演した。

サウンド[編集]

ブリティッシュ・パンクを基調とした鋭角的なギターサウンドが特徴だが、井上陽水が全曲作詞・作曲を手掛けた「MIS CAST」(1982年)では、ムーンライダーズ白井良明によるアレンジで豪奢なジャズサウンドも披露しており、確かな技術に裏打ちされたテクニカル・バンドであった。 また沢田研二のプロデュースにより唯一の単独作品「Library」も発表している。

メンバー[編集]

  • 吉田建 - BASS&BACKIN'VOCAL
  • 柴山和彦 - GUITAR&BACKIN'VOCAL
  • 上原裕(ユカリ) - DRUMS ※元「村八分」「シュガー・ベイブ」EXOTICSでは「上原豊」名義で活動
  • 安田尚哉 - GUITAR&BACKIN'VOCAL ※2人目のギタリストとしてオーディション参加、コーラスが認められる
  • 西平彰 - KEYBOARDS&PIANO

解散後[編集]

それぞれプレーヤー、作曲家、アレンジャー、プロデューサー等として活動している。中でも吉田建西平彰は現在まで第一線のスタジオミュージシャンとしてその名を知らしめている。吉田建が手掛けたミュージシャンとしては氷室京介吉川晃司吉田拓郎ウルフルズ等、西平彰は同じく氷室京介、オフコース中森明菜岡村靖幸宇多田ヒカルなどが殊に著名である。

また吉田建と柴山和彦は沢田研二のバックバンド「JAZZ MASTER」(1989 - 1995)にも参加しており[2]、特に柴山和彦は現在に至るまで沢田研二のライブでのギタリストを勤めている。

安田尚哉は1984年2月に脱退、その後上々颱風にベーシストとして参加。現在はバンド「Light Headz」を率いている。

吉田建と柴山和彦は同時期に泉谷しげるのバンドにも参加しており、泉谷がライブ(「REAL TIME」)で二人を紹介する際「オレより人気がある」と語っていることから、アイドル化している様子が伺い取れる。

作品[編集]

シングル(沢田研二作品)[編集]

アルバム(沢田研二作品 )[編集]

Library(単独作品)[編集]

1983年10月に発売されたEXOTICS唯一のアルバム。ゲストプレーヤーとして、武川雅寛(Violin&Trumpet)、野宮真貴(Vocal)も参加している。

  • 【収録曲】

+ SIDE ONE +

  1. MISTY MISSY / Words: 佐藤ありす Music: 吉田建 Vocal: KEN
  2. TRASH CAN / Words: 森田由美 Music: 西平彰 Vocal: AKIRA
  3. NOBODY LIVIN' HERE / Words: キャサリン Music: 安田尚哉 Vocal: YASU
  4. INNOCENT - STEP ON SHADOW - / Words: 松尾由紀夫 Music: 柴山和彦 Vocal: KAZZ
  5. ANABAHEBAK / Words: 里中満智子 Music: 吉田建 Vocal: KEN

+ SIDE TWO +

  1. LE CALNAVAL / Words: 佐藤ありす Music: 吉田建 Vocal: KEN&MAKI
  2. YOU CAN TELL ME HOW / Words: 佐藤ありす Music: 柴山和彦 Vocal: KAZZ
  3. UNTIL THEN / Words: キャサリン Music: 安田尚哉 Vocal: YASU
  4. BE COOL / Words: 森田由美 Music: 西平彰 Vocal: AKIRA
  5. TONIGHT - BREAK MY HEART - / Words: 松尾由紀夫 Music: 柴山和彦 Vocal: KAZZ

All songs arranged by EXOTICS

脚注[編集]

  1. ^ 1981年4月に放送開始したラジオ番組「日産ミッドナイトステーション 沢田研二の夜は気ままに」(1981年 - 1983年、TBSラジオ)において沢田は、新バックバンド名は相応しい名前が思いつくまで命名しない、と発言していた。TBSテレビザ・ベストテンに「渚のラブレター」で出演した際(同年5月28日 - 7月9日放映回の間、ランクインした)、「演奏EXOTICS」とクレジットされたことで、同ラジオ番組に「バンド名はEXOTICSか?」と質問が寄せられ、命名したことを明かした。
  2. ^ 吉田建の参加は1993年まで。以後は後藤次利富倉安生が参加。

関連項目[編集]