今度は、華麗な宴にどうぞ。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
今度は、華麗な宴にどうぞ。
沢田研二スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル ポリドールLP
アポロン(音楽テープ)
プロデュース 石川浩二
西崎義展(6曲目のみ)
チャート最高順位
沢田研二 アルバム 年表
沢田研二大全集
1977年
今度は、華麗な宴にどうぞ。
1978年
JULIE ROCK'N TOUR '78 田園コロシアムライブ
(1978年)
『今度は、華麗な宴にどうぞ。』収録のシングル
テンプレートを表示

今度は、華麗な宴にどうぞ。』(こんどは、かれいなうたげにどうぞ)は、日本の歌手である沢田研二の11作目となるオリジナル・アルバム。

1978年8月10日ポリドール (現ユニバーサルミュージック)からLP盤でリリースされた。

その後CD化され、1991年1996年東芝EMIから、また2005年にはユニバーサルミュージックから再リリースされている。

解説[編集]

前作に続き全楽曲の作詞を阿久悠、作曲を大野克夫が、編曲を船山基紀宮川泰が担当している。劇場用アニメ映画『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』主題歌「ヤマトより愛をこめて」(ベスト・アルバム『ROYAL STRAIGHT FLUSH』収録の映画使用版とはバージョンが異なり、伴奏のエレキギターがカットされ、後奏が長い)や大ヒットとなった「ダーリング」を収録している。楽曲もロックチューンからバラードまで多彩に並べられ、中でも「スピリット」は9分30秒近い長尺のバラードである。本作は42分半の作品であるので、「スピリット」1曲が全体の約1/5を占めることとなる。また、デザインに早川タケジの名が久々にクレジットされており、以後数々のビジュアルワークを披露することとなる。1978年には収録曲の一つ「探偵(悲しきチェイサー) 」をモチーフにしたドラマが作られ(『天国への階段』を参照)、2009年・2011年には沢田主演の音楽劇として『探偵〜哀しきチェイサー』が制作された(ドラマとは別の物語)。

収録曲[編集]

全曲、作詞:阿久悠/作曲:大野克夫/編曲:船山基紀(特記以外)

  1. ダーリング
  2. 酔いどれ関係
  3. ハッピー・レディー
  4. 女はワルだ
  5. 探偵(哀しきチェイサー)
  6. ヤマトより愛をこめて
    • 編曲:宮川泰
  7. お嬢さんお手上げだ
  8. グッバイ・マリア
  9. スピリット