JULIE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
JULIE
沢田研二スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
レーベル ポリドールLP
アポロン(音楽テープ)
チャート最高順位
沢田研二 年表
JULIE
1969年
JULIE II
1971年
テンプレートを表示

JULIE(ジュリー)は、日本歌手である沢田研二の1作目となるオリジナルアルバム

1969年12月1日ポリドール (現ユニバーサルミュージック)からLP盤でリリースされた。

その後CD化され、1991年1996年東芝EMIから、また2005年にはユニバーサルミュージックから再リリースされている。

解説[編集]

自身のニックネームを冠した本作は、沢田研二のソロとしては初のアルバムである。1967年のデビュー以来、社会現象になるほどの高い人気を誇ったザ・タイガースであるが、1969年3月に加橋かつみが脱退し、同年夏より音楽業界全体に変遷の波が訪れる中で、急速にその地位を低下させていく。そんな中で発売された本作はタイガースのメンバーにとって初のソロでのリリースとなり(他のメンバーも続けてソロ作品をリリースした)、バンド全体が不安定な状況にあったことを伺わせる。そして翌年末にはタイガースは解散を表明することとなり、沢田はその他のGSバンドのメンバーを集めて結成されたロックバンドPYG、そしてソロへと活動形態を変化させていくこととなる。

作詞、作曲、編曲は全てタイガースでも共演歴のある人物で、それぞれ安井かずみ村井邦彦東海林修が全曲を担当している。「君を許す」はタイガースのシングル曲としてもリリースされており、「誰もとめはしない」もタイガースとして録音されている。また沢田がタイガース時代にリリースした唯一のソロ作品でもある。

なお、本作は1970年1月5日付でスタートしたオリコンLPチャートの第1回に2位でランクインしている[1](1位は森進一の「花と涙/森進一のすべて」)。発売前の予約だけで15万枚[1]。LPは1万枚売れればヒットとされていたこの時代、発売後1ヶ月で10万枚を記録した[2]

収録曲[編集]

全曲、作詞:安井かずみ/作曲:村井邦彦/編曲:東海林修

  1. 君を許す
  2. ビロードの風
  3. 誰もとめはしない
  4. 愛のプレリュード
  5. 光と花の思い出
  6. バラを捨てて
  7. 君をさがして
  8. 未知の友へ
  9. ひとりぼっちのバラード
  10. 雨の日の出来事…
  11. マイ・ラブ
  12. 愛の世界のために

脚註[編集]

  1. ^ a b 磯前順一『ザ・タイガース 世界はボクらを待っていた』集英社集英社新書)、2013年、229頁。ISBN 978-4-08-720714-9
  2. ^ 近代映画 近代映画社 1970年2月号 79頁。