MIS CAST

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
MIS CAST
沢田研二スタジオ・アルバム
リリース
録音 Sound City Studio
Take One Studio
ジャンル J-POP
時間
レーベル ポリドールLP
アポロン(音楽テープ)
CBS SONY(CD)
プロデュース 木崎賢治
チャート最高順位
沢田研二 アルバム 年表
A WONDERFUL TIME
1982年
MIS CAST
(1982年)
JULIE SONG CALENDAR
1983年
『MIS CAST』収録のシングル
  1. 背中まで45分
    リリース: 1983年1月1日
テンプレートを表示

MIS CAST』(ミス・キャスト)は、日本歌手である沢田研二の18作目となるオリジナルアルバム

1982年12月10日ポリドール (現ユニバーサルミュージック)からLP盤でリリースされた。

その後CD化され、1991年1996年東芝EMIから、また2005年にはユニバーサルミュージックから再リリースされている。

解説[編集]

  • 当時、井上が語ったところによると、最初はメロディーだけ1、2曲提供してほしいとの依頼だったものを「ジュリーに提供するんだったら詞も書きたい」と井上が逆提案、「そのための曲作りを始めたら10曲程すぐ出来上がった。何が作り易かったって、自分の曲を書く時と違い『いやぁ、今日もモテてモテて』という歌詞が書けるから」という理由で曲が揃い、アルバム全曲が井上の手によるものとなった。
  • 編曲はムーンライダーズの白井良明。それまでの沢田の作品には見られなかった豪奢な作品に仕上げられている。本アルバムでの白井の仕事を沢田が気に入ったことが、後年の再共演につながることになる。
  • 楽曲「ミスキャスト」の編曲のみ、同じムーンライダーズの岡田徹が手掛けている。
  • 「背中まで45分」がシングルになった経緯は、「歌って気持ち良い」という理由で沢田が推したためだが、セールスは振るわず、自身のラジオ番組内で「僕が推す曲は売れない」と語っていた。(シングルヴァージョンの編曲は吉田建)
  • 「背中まで45分」「チャイニーズフード」はデモ・テープ音源のままアルバム『LION & PELICAN』で、「A.B.C.D」はアルバム『9.5カラット』で、「ジャスト フィット」「ミスキャスト」はライブ・アルバム『クラムチャウダー』で、井上自身がセルフカバーしている。(初出アルバムのみ記載)

収録曲[編集]

全曲、作詞・作曲:井上陽水/編曲:白井良明(特記以外)

  1. News
  2. デモンストレーションAir Line
  3. 背中まで45分
  4. Darling
  5. A.B.C.D.
  6. チャイニーズフード
  7. How Many "Good Bye"
  8. 次のデイト
  9. ジャスト フィット
  10. ミスキャスト
    • 編曲:岡田徹

参加ミュージシャン[編集]

  • 沢田研二 - リードボーカル
  • エキゾティクス
    • 吉田建
    • 上原裕
    • 柴山和彦
    • 安田尚哉
    • 西平彰