G.S.I LOVE YOU

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
G.S.I LOVE YOU
沢田研二スタジオ・アルバム
リリース
録音 Sound City
ジャンル J-POP
時間
レーベル ポリドールLP
アポロン(音楽テープ)
プロデュース 加瀬邦彦
松下章一
森本精人
チャート最高順位
沢田研二 年表
BAD TUNING
1980年
G.S.I LOVE YOU
(1980年)
S/T/R/I/P/P/E/R
1981年
『G.S.I LOVE YOU』収録のシングル
テンプレートを表示

G.S.I LOVE YOU(ジー・エス アイ・ラブ・ユー)は、日本歌手である沢田研二の15作目となるスタジオ・アルバム

1980年12月23日ポリドール (現ユニバーサルミュージック)からLP盤でリリースされた。

その後CD化され、1991年1996年東芝EMIから、また2005年にはユニバーサルミュージックから再リリースされている。

解説[編集]

タイトルの「G.S.」は(「P.S.I LOVE YOU」の捩りではあるが)GSを意味し、本作のコンセプトは「80年代型グループ・サウンズ」となっている。三浦徳子佐野元春という、今後も数多の楽曲を手がけることになるソングライターが初めて参加している。編曲は全て伊藤銀次が手がけた。なお伊藤のオフィシャルブログ「サンデー銀次」の G. S. I Love You 秘話において、当時の制作の様子が綴られている。2011-07-12から2011-09-05まで。

ALWAYSとの共演は本作が最後となり、メンバーチェンジを経てEXOTICS結成に至ることとなる。

ちなみに、当時はGSブームが再燃している時期であり、1981年1月、日劇最後のウエスタンカーニバルに沢田はザ・タイガースとして参加、翌年の期間限定での「ザ・タイガース同窓会」(メンバーの瞳みのる不参加のため「再結成」という語を用いなかった)としても活動もすることになる。

なお、初回盤発売時には、沢田からのメッセージとザ・タイガースの『君だけに愛を』が収録されたソノシートが特典として封入されていた。

収録曲[編集]

  • 全編曲:伊藤銀次
  1. HEY!MR.MONKEY(ヘイ!ミスター・モンキー)
  2. NOISE(ノイズ)
  3. 彼女はデリケート
    • 作詞・作曲:佐野元春
    後に佐野によってセルフカバーされてアルバム「NIAGARA TRIANGLE Vol.2」に収録された後、シングルカットされる。
  4. 午前3時のエレベーター
  5. MAYBE TONIGHT(メイビー・トゥナイト)
    • 作詞:三浦徳子/作曲:鈴木キサブロー
  6. CAFÉビァンカ
    • 作詞:三浦徳子/作曲:かまやつひろし
  7. おまえがパラダイス
    • 作詞:三浦徳子/作曲:加瀬邦彦
  8. I'M IN BLUE(アイム・イン・ブルー)
    • 作詞・作曲:佐野元春
    後に佐野によってセルフカバーされてアルバム『SOMEDAY』に収録される。また、1984年にデビューした吉川晃司にカバーされ、アルバム『パラシュートが落ちた夏』に収録されている。
  9. I'LL BE ON MAY WAY(アイル・ビー・オン・マイ・ウェイ)
    • 作詞:三浦徳子/作曲:伊藤銀次
  10. SHE SAID……(シー・セッド)
    • 作詞:三浦徳子/作曲:加瀬邦彦
  11. THE VANITY FACTORY(ヴァニティー・ファクトリー)
    • 作詞・作曲:佐野元春
    後に佐野によってセルフカバーされてアルバム『SOMEDAY』に収録され、沢田がコーラスで参加している。
  12. G.S.I LOVE YOU
    • 作詞:MARIA MESSINA/作曲:沢田研二

参加ミュージシャン[編集]

  • Ken Sawara - ピアノソロ(6曲目のみ)、LTパーカッション(4曲目のみ)、バッキングボーカル(2,5,7曲目のみ)
  • 佐野元春 - バッキングボーカル(2,3,8,10曲目のみ)
  • 伊藤銀次 - コーラス(4,9曲目のみ)
  • 加瀬邦彦 & Sumihisa Kizaki - バッキングボーカル(9曲目のみ)