勝手にしやがれ (沢田研二の曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
勝手にしやがれ
沢田研二シングル
初出アルバム『思いきり気障な人生
B面 若き日の手紙
リリース
規格 7インチシングル
ジャンル ロック[1]
時間
レーベル ポリドール
作詞・作曲
プロデュース 石川浩二
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(通算5週、オリコン
  • 1977年度年間4位(オリコン)
  • 1978年度年間90位(オリコン)
  • 登場回数43回(オリコン)
  • 19位(ザ・ベストテン
  • 沢田研二 シングル 年表
    さよならをいう気もない
    1977年
    勝手にしやがれ
    (1977年)
    MEMORIES
    (1977年)
    テンプレートを表示

    勝手にしやがれ」(かってにしやがれ)は、沢田研二の19枚目のシングル1977年5月21日ポリドール・レコードより発売された。

    概要[編集]

    タイトル元は1959年に公開された映画の『勝手にしやがれ』から。タイトルだけでなく、歌詞の内容もそれにちなんだ(映画の内容と関連はない)ものになっている。

    テレビ番組で同曲を歌う際は、クリーム色スリーピース・スーツで、歌いながら同じ色のソフト帽を投げるパフォーマンスが子供が学校で真似をするほど大きな話題を呼んだ。

    第28回NHK紅白歌合戦に出場した際、間奏中にジャケットを脱ぎ捨てようとしたところ、左袖が引っかかり脱げないというハプニング(衣装にパンクファッションを取り入れており、左腕に手錠をしていた)もあったが、咄嗟の機転でジャケットを左肩にかけ、歌いながら脱ぎ捨てて生放送中のピンチを切り抜けた。

    当時人気のあったTV番組、『8時だョ!全員集合』で志村けんにより本作の「勝手に」と、ピンク・レディーの「渚のシンドバッド」から半分ずつ拝借しタイトルにした「勝手にシンドバッド」というコメディーが演じられた。翌1978年にデビューしたサザンオールスターズの「勝手にシンドバッド」は、このコメディーから拝借したものである。

    前作『さよならをいう気もない』から続けて、のちにゴールデンコンビと言われるようになる、作詞阿久悠と作曲大野克夫が作った作品である。曲の大部分がロックテイスト寄りであるが、これは編曲の船山基紀が手を加えたからであり元々は、16ビートバラード風の曲であった。

    山口百恵プレイバックPart2(翌1978年発表)は、この曲のアンサーソングと言われている。2番の歌詞に「勝手にしやがれ」の出て行った女性の心情が強く表現されているとされている。

    チャート成績[編集]

    オリコン週間チャートでは、ピンク・レディーの『渚のシンドバッド』と競合う形となったが通算5週にわたって第1位を獲得、年間チャートでは4位を獲得した。

    オリコンでの売り上げでは、89.3万枚であり自身の楽曲の、『時の過ぎゆくままに』の92万枚には及ばなかったものの、沢田の代表曲のひとつとなった。

    2005年第56回NHK紅白歌合戦の「スキウタ〜紅白みんなでアンケート〜」で白組72位を獲得した。同アンケートでは自身の楽曲、『時の過ぎゆくままに』も白組78位を獲得した。

    受賞歴[編集]

    第19回日本レコード大賞 大賞

    第8回日本歌謡大賞 大賞

    第8回日本歌謡大賞 放送音楽賞

    第10回日本有線大賞 大賞

    77あなたが選ぶ全日本歌謡音楽祭 ゴールデングランプリ

    第6回東京音楽祭国内大会 ゴールデンカナリー賞

    第6回東京音楽祭世界大会 銀賞

    その他[編集]

    • 長崎大島醸造は、かつて阿久悠の楽曲に因んだ焼酎をシリーズ化しており[3]、その一つとして「勝手にしやがれ」と命名した麦焼酎を販売していた[3]

    収録曲[編集]

    1. 勝手にしやがれ(3分26秒)
    2. 若き日の手紙(4分27秒)
      • スローなバラード調の曲だが、ラスト部分で曲のテンポが大幅に上がり、更に曲調もハードロック調のヘビーなものに一転する。それを強調するためか、この部分はミキシングも意図的に音が割れるようになっている。

    参加ミュージシャン[編集]

    価格[編集]

    • 発売当時の値段は600円

    カバー[編集]

    沢田研二の関連作品[編集]

    脚注[編集]

    外部リンク[編集]