土を喰う日々―わが精進十二ヵ月―

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
土を喰ふ日々
わが精進十二ヶ月
著者 水上勉
発行日 1978年12月7日
発行元 文化出版局
ジャンル エッセイ
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判
ページ数 272
公式サイト books.bunka.ac.jp
コード ISBN 978-4-579-30015-0
Portal.svg ウィキポータル 書物
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示
土を喰う日々
-わが精進十二ヵ月-
著者 水上勉
発行日 1982年8月27日
発行元 新潮社
ジャンル エッセイ
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 文庫判
ページ数 235
公式サイト www.shinchosha.co.jp
コード ISBN 978-4-10-114115-2
Portal.svg ウィキポータル 書物
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

土を喰ふ日々 わが精進十二ヶ月』、『土を喰う日々-わが精進十二ヵ月-』(つちをくらうひび わがしょうじんじゅうにかげつ)は、作家である水上勉によるエッセイ

婦人雑誌『ミセス』(文化出版局)にて、1978年1月号から12月号まで連載され[1]、同年12月7日に刊行された。1982年8月27日新潮社で文庫再刊された[2]。 

著者が少年時代に京都禅寺精進料理の作り方を教わった記憶をもとに、著者自らが包丁を握って軽井沢の山荘で1年間に渡って食事を作り続けた料理について綴ったクッキングブックであると同時に、香ばしい土の匂いを忘れてしまった日本人の食生活を悲しむ味覚エッセイでもある[3][4]

2022年11月11日に映画版公開。映画化に際し、監督の中江裕司の脚本を小説化した『土を喰らう十二ヵ月』が朝日文庫で出版された[5]。また、料理監修の土井善晴と中江裕司の対談本であり、レシピを収録した書籍である『土を喰らう十二ヵ月の台所』が二見書房で出版された。

書誌情報[編集]

原作本
映画化出版

映画[編集]

土を喰らう十二ヵ月
The Zen Diary
監督 中江裕司
脚本 中江裕司
原案 水上勉
『土を喰う日々-わが精進十二ヵ月-』
『土を喰ふ日々 わが精進十二ヶ月』
製作 鳥羽乾二郎
藤本鈴子
安部順一
小松佳浩
奥村景二
松下寿昭
堀内誠人
宇田川寧
製作総指揮 福家康孝
出演者 沢田研二
松たか子
尾美としのり
西田尚美
瀧川鯉八
檀ふみ
火野正平
奈良岡朋子
音楽 大友良英
主題歌 沢田研二「いつか君は
撮影 松根広隆
編集 宮島竜治
制作会社 オフィス・シロウズ
製作会社 『土を喰らう十二ヵ月』製作委員会
配給 日活
公開 日本の旗2022年11月11日
上映時間 111分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

水上勉のエッセイを原案とし、『土を喰らう十二ヵ月』(つちをくらうじゅうにかげつ)のタイトルで映画化され、2022年11月11日に公開された[1][6]。監督は中江裕司、主演は沢田研二[1][6]。なお、料理研究家の土井善晴が劇中の料理を担当している[1][6][7]サン・セバスティアン国際映画祭キュリナリー・シネマ部門出品作品[8]

あらすじ[編集]

作家のツトムは一人で愛犬と信州の山荘で暮らしている。9歳の頃に禅寺へ奉公に出され精進料理を学んだ経験から、自ら野菜を育て山菜を採り料理をする。その日々の生活を原稿に記していく。時折、編集者で恋人の真知子がツトムのもとを訪れ、ツトムの振る舞う料理を美味しそうに食べる。ツトムは13年前に亡くなった妻の八重子の遺骨を納骨できずにいる。

八重子の母のチエのもとを訪ねたツトムは、八重子の墓をまだ作っていないことを咎められた。のちにチエは亡くなった。チエの葬儀はツトムの山荘で営まれた。真知子も東京から駆けつけ葬儀の準備に追われた。

葬儀が終わり、ツトムは真知子に山荘に住むことを提案する。真知子は考えさせてと応じたが、この後二人の心境が変化する大きな出来事が起こった。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

受賞[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e "沢田研二単独主演映画「土を喰(く)らう十二ヵ月」22年秋公開 水上勉原案、土井善晴が映画初の料理担当". 映画.com. エイガ・ドット・コム. 7 September 2021. 2021年9月7日閲覧
  2. ^ 続編著作に、水上勉『精進百撰』(初版・岩波書店、1997年2月/写真改訂版・田畑書店、2022年10月)
  3. ^ "水上勉『土を喰う日々-わが精進十二ヵ月-』". 新潮文庫. 新潮社. 2021年9月7日閲覧
  4. ^ "水上勉『土を喰う日々 ―わが精進十二ヵ月―』が重版決定! 累計発行部数27万部に到達しました。沢田研二さんの映画化帯に注目が集まっています。". PR TIMES. 新潮社. 2023年1月15日閲覧
  5. ^ 土を喰らう十二ヵ月”. 朝日新聞出版. 2022年10月3日閲覧。
  6. ^ a b c d e f "沢田研二主演『土を喰らう十二ヵ月』公開へ 監督は中江裕司、料理研究家・土井善晴も参加". Real Sound. blueprint. 7 September 2021. 2021年9月7日閲覧
  7. ^ “好きな人と食べるごはんが一番うまい!沢田研二の「土を喰らう十二ヵ月」特報公開”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2022年5月19日). https://natalie.mu/eiga/news/478060 2022年5月19日閲覧。 
  8. ^ 「土を喰らう十二ヵ月」予告公開、サン・セバスティアン国際映画祭への出品も決定”. 映画ナタリー. ナターシャ (2022年9月8日). 2022年9月8日閲覧。
  9. ^ a b c d e f g 松たか子がヒロインの女性編集者役に 沢田研二主演『土を喰らう十二ヵ月』”. cinemacafe.net. イード (2022年2月17日). 2022年2月17日閲覧。
  10. ^ 沢田研二の主演映画「土を喰らう十二ヵ月」、大友良英の劇伴流れる特報公開”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2022年5月19日). 2022年5月19日閲覧。
  11. ^ 沢田研二、主演映画『土を喰らう十二ヵ月』で44年ぶり主題歌 26年前の楽曲をシングルカット”. ORICON NEWS. oricon ME (2022年11月7日). 2022年11月7日閲覧。
  12. ^ 「第77回毎日映画コンクール」『ケイコ 目を澄ませて』最多5冠 沢田研二、岸井ゆきのら受賞”. ORICON NEWS. 2023年1月18日閲覧。
  13. ^ 「2022年 第96回 キネマ旬報ベスト・テン」全順位を発表!! 表彰式の模様も無料配信中! │ 【公式】「キネマ旬報」ホームページ / キネマ旬報WEB” (日本語). www.kinejun.com. 2023年2月3日閲覧。
  14. ^ 沢田研二、キネ旬主演男優賞に驚き&喜び「萩原健一のような人が獲るものだと」” (日本語). 映画ナタリー. 2023年2月2日閲覧。

外部リンク[編集]