HELLO (沢田研二のアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
HELLO
沢田研二スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
レーベル 東芝EMI/イーストワールド
プロデュース 後藤次利
チャート最高順位
沢田研二 アルバム 年表
REALLY LOVE YA!!
1993年
HELLO
1994年
sur←
1995年
『HELLO』収録のシングル
  1. HELLO
    リリース: 1994年11月16日
テンプレートを表示

HELLO(ハロー)は、日本歌手である沢田研二の31作目となるオリジナルアルバム

1994年12月14日東芝EMI/イーストワールドよりリリース。

解説[編集]

本作は「REALLY LOVE YA!!ツアー」で共演した後藤次利のプロデュース作品。ツアーでの感触がよほど良かったらしく、アルバム1枚を託す形となった。また作詞家に後藤からの紹介で秋元康が参加している。他に松井五郎も参加し、大人の男女を描いた作品が並ぶこととなった。デザインは早川タケジが担当している。

しかし結果的には後藤のプロデュースは本作のみで終わってしまう。沢田は従前プロデューサーの主導による音源の製作に不満を抱いていたが、沢田の言う「プロデューサー」は特定の誰かを指すわけではなく、他人の言うことを聞いて自分のアルバムを作る、という製作環境そのものを否定したものである。こうした沢田の志向が翌年始まるセルフプロデュース路線に結実することとなる。また後藤離脱の頃から、バックバンド「JAZZ MASTER」も形骸化し以後沢田は特定のバックバンドを置かない活動を続けている。

なおこの年、「HELLO」を引っさげて久しぶりにNHKの紅白(第45回NHK紅白歌合戦)に出場した。

「卑怯者」は沢田が司会を務めたテレビ番組「優雅なエゴイズム」のエンディングテーマ。

収録曲[編集]

  • 全編曲:後藤次利
  1. HELLO
    • 作詞:秋元康/作曲:後藤次利
  2. DON'T TOUCH
    • 作詞:松井五郎/作曲:田原音彦
  3. IN BED
    • 作詞:松井五郎/作曲:吉田光
  4. YOKOHAMA BAY BLUES
    • 作詞:八島順一、沢田研二/作曲:後藤次利、八島順一
  5. 卑怯者
    • 作詞:秋元康/作曲:後藤次利
  6. RAW
    • 作詞:松井五郎/作曲:八島順一、橋本章司
  7. ダーツ
    • 作詞:秋元康/作曲:沢田研二
  8. Shangri-la
    • 作詞:沢田研二/作曲:吉田光
  9. 君をいま抱かせてくれ
    • 作詞:松井五郎/作曲:沢田研二
  10. 溢れる涙
    • 作詞:沢田研二/作曲:後藤次利、八島順一