S/T/R/I/P/P/E/R

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
S/T/R/I/P/P/E/R
沢田研二スタジオ・アルバム
リリース
録音 EDEN Studio Chiswick London
ジャンル J-POP
時間
レーベル ポリドールLP
アポロン(音楽テープ)
プロデュース 加瀬邦彦
森本精人
利岡和孝
チャート最高順位
沢田研二 年表
G.S.I LOVE YOU
1980年
S/T/R/I/P/P/E/R
1981年
Royal Straight Flush II
(1981年)
『S/T/R/I/P/P/E/R』収録のシングル
テンプレートを表示

S/T/R/I/P/P/E/R(ストリッパー)は、日本歌手である沢田研二の16作目となるオリジナルアルバム

1981年6月10日ポリドール (現ユニバーサルミュージック)からLP盤でリリースされた。

その後CD化され、1991年1996年東芝EMIから、また2005年にはユニバーサルミュージックから再リリースされている。

解説[編集]

沢田が初めて率いたバックバンドである井上堯之バンド1980年1月に解散、その後率いたALWAYSを母体として生まれた新しいバックバンドがEXOTICS(エキゾティクス)であった。このバンドには後にプロデューサー、アレンジャーとして活躍する吉田建西平彰が在籍しており、当時まだ若手ながら高度な演奏技術と先鋭性、先覚性を持つミュージシャンが集ったバンドであった(詳細はエキゾティクスの項目を参照)。沢田もことのほか思い入れが深く、本作からシングルカットされた「ス・ト・リ・ッ・パ・ー」や後の「晴れのちBLUE BOY」ではバンドメンバーと共にジャケットを飾っており、また「JULIE&EXOTICS」と大きくクレジットするなどしていた。

そして本作はそのEXOTICSを率いての第1弾リリースとなった作品で、ロンドンで演奏、レコーディングしている。早川タケジのデザインによるジャケット写真(タイトルを想起させる、半裸の沢田が横たわる裏表続きのもの)も話題となった。編曲は前作と同様に伊藤銀次が1曲を除いて担当しているが、既に吉田も作曲に参加しており加瀬邦彦かまやつひろしらベテランと並び立つ活躍を見せている。また他に佐野元春小田裕一郎も作曲しており、作詞では三浦徳子が大半を手がけた他、近田春夫が1曲提供している。三浦徳子が朝日新聞に掲載した当時のコラムによると、1981年9月に三浦作詞の「ロカビリー症候群」(未発表)という曲がシングルリリース予定されていたが沢田が了承せず、自作の「ス・ト・リ・ッ・パ・ー」をシングルカットした。なお本作のシングルリリース曲は「渚のラブレター」と「ス・ト・リ・ッ・パ・ー」で、共に沢田本人の作曲である。 本作の冒頭には宮川泰の作、編曲による短いインストゥルメンタルが収録されており、他の楽曲はブリティッシュ・ロックンロールのテイストが強い。

収録曲[編集]

  1. オーバチュア - OVERTURE
    • 作曲・編曲:宮川泰
  2. ストリッパー - STRIPPER
    • 作詞:三浦徳子/作曲:沢田研二/編曲:伊藤銀次
  3. BYE BYE HANDY LOVE
    • 作詞・作曲:佐野元春/編曲:伊藤銀次
  4. そばにいたい - SOBA NI ITAI
    • 作詞:三浦徳子/作曲:小田裕一郎/編曲:伊藤銀次
  5. DIRTY WORK
    • 作詞:三浦徳子/作曲:小田裕一郎/編曲:伊藤銀次
  6. バイバイジェラシー - BYE BYE JEALOUSY
    • 作詞:三浦徳子/作曲:加瀬邦彦/編曲:伊藤銀次
  7. 想い出のアニー・ローリー - OMOIDE NO ANNIE LOLLY
    • 作詞:三浦徳子/作曲:かまやつひろし/編曲:伊藤銀次
  8. FOXY FOX
    • 作詞:近田春夫/作曲:吉田建/編曲:伊藤銀次
  9. テーブル4の女 - TABLE FOUR NO ONNA
    • 作詞:三浦徳子/作曲:加瀬邦彦/編曲:伊藤銀次
  10. 渚のラブレター - NAGISA NO LOVE LETTER
    • 作詞:三浦徳子/作曲:沢田研二/編曲:伊藤銀次
  11. テレフォン - TELEPHONE
    • 作詞:三浦徳子/作曲:加瀬邦彦/編曲:伊藤銀次
  12. シャワー - SHOWER
    • 作詞:三浦徳子/作曲:吉田建/編曲:伊藤銀次
  13. バタフライ・ムーン - BUTTERFLY MOON
    • 作詞:三浦徳子/作曲:沢田研二/編曲:伊藤銀次

参加ミュージシャン[編集]