ロックパイル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロックパイル
基本情報
出身地 イングランド
ジャンル ロックポップ
活動期間 1976 - 1981年
レーベル F-Beat Records (UK)
コロムビア (US)
メンバー
ニック・ロウ
デイヴ・エドモンズ
テリー・ウィリアムス
ビリー・ブレムナー

{{{Influences}}}

ロックパイル (Rockpile) は、1970年代後半から1980年代にかけて活躍したイギリスポップロックグループ。メンバーはデイヴ・エドモンズボーカルギター)、ニック・ロウ(ボーカル、ベース)、テリー・ウィリアムズドラムス)、ビリー・ブレムナー(ボーカル、ギター)の4人で、ロカビリーロックンロール、ポップスなどをベースにした多様な音楽性は、パブロックニューウェイブミュージックに大きな影響を及ぼした。

グループ名義でのアルバムは1980年『セカンズ・オブ・プレジャー』(Seconds of Pleasure) 1枚のみであるが、エドモンズ名義の2枚、ロウ名義の1枚もロックパイルのメンバーによってレコーディングされた。エドモンズ、ロウのその他のソロ・アルバムでも、このラインナップでレコーディングされたものがいくつかある。ミッキー・ジャップカーリーン・カーターのレコーディングにもバックバンドとして参加した。

キャリア[編集]

1970年、デイヴ・エドモンズが自らのアルバム『ロックパイル』(Rockpile)をリリースした際のプロモーションツアー中に、テリー・ウィリアムズを含むツアーメンバーでデイヴ・エドモンズ&ロックパイルを結成。
しかしツアー後にバンドは解散し、エドモンズは一旦スタジオワークに戻る。
ここで自らプロデュースしたパブロック・バンド、ブリンズレー・シュウォーツのベーシスト、ニック・ロウと知り合い、シュウォーツの1974年のアルバム『ザ・ニュー・フェヴァリッツ』(The New Favourites) の制作に協力する。
シュウォーツは、お返しに1975年のエドモンズのソロ・アルバム『Subtle As A Flying Mallet』の2曲でバックをつとめた。
シュウォーツは『ザ・ニュー・フェヴァリッツ』リリース後に解散、エドモンズとロウはセッションを開始する。

シュウォーツのマネージャーだったデイヴ・ロビンソンがジェイク・リヴェラとともにスティッフ・レコードを設立、ロウが契約第1号アーティストとなり、ロウはエドモンズと組んで数曲をレコーディングし、ロウ名義のアルバムに収録した。
スティッフはエドモンズとの関係も強化したがったが、エドモンズは当時リヴェラと折り合いが悪く、1976年レッド・ツェッペリンスワン・ソングとソロ契約を結んでしまう。

エドモンズがロウ、テリー・ウィリアムズの協力を得て新しいソロ・アルバム『ゲット・イット』 (Get It) をレコーディングしたのに続いて、ロウ、エドモンズ、ウィリアムズの3人にビリー・ブレムナーを加えた新生ロックパイルが結成された。
2人のフロントマンが異なるレーベルに所属しているという不自由にもかかわらず、バンドは精力的に活動を開始。1976年から77年にかけて、エドモンズの新しいレーベルメイトバッド・カンパニーのオープニングアクトとしてツアーを敢行、またエドモンズはスティッフが企画したコンピレーションのために数曲を提供した。

ロウ個人の人気が高まるにつれ、一時的にグループの活動は停滞する。 1977年、ロウはスティッフ・レコード所属アーティストの企画ツアーFive Live Stiffsに出演、このときのバンドは Nick Lowe's Last Chicken in the Shop と名付けられ、ロックパイルからはウィリアムズのみが参加した。
しか、終了間際でエドモンズがバンドに飛び入り、ブレムナーはこのツアーには参加していなかったものの、まもなくロックパイルはフルタイムの活動に戻った。

バンドはまず、1978年3月のロウのデビュー・ソロアルバム『ジーザス・オブ・クール』(Jesus Of Cool) にバックバンドとして参加(このアルバムはアメリカでは『ピュア・ポップ・フォー・ナウ・ピープル』(Pure Pop For Now People)とタイトルを変え、収録曲も変更され、メンバーもそれぞれに違うナンバーを演奏した)。
同年リリースのエドモンズのソロ・アルバム『トラックス・オン・ワックス4』(Tracks on Wax 4) もメンバー4人によってレコーディングされており、事実上ロックパイルのアルバムである。ロウとエドモンズの2人のアルバムが出そろったところでバンドはツアーに出かけた。また、ロウがプロデュースしたミッキー・ジャップのアルバム『ジャッパニーズ』(Juppanese) のSide-Aでバックを担当した[1]

1979年には、エドモンズの『リピート・ホエン・ネセサリー』(Repeat When Necessary) とロウの『レイバー・オブ・ラスト』(Labour of Lust) をほぼ同時期にレコーディングした。
また、エルヴィス・コステロ作の「ガールズ・トーク」(Girls Talk) と、「クルール・トゥ・ビー・カインド」(Cruel to Be Kind) が(いずれも名義はエドモンズであったが)ヒットした。

1979年12月29日ポール・マッカートニー・アンド・ウイングスクイーンスペシャルズクラッシュイアン・デューリー&ザ・ブロックヘッズプリテンダーズザ・フーレッド・ツェッペリンのメンバーら超大物アーティストが集結した「カンボジア難民救済コンサート」Concerts for the People of Kampucheaが開催され、ロックパイルとレーベル・メイトのエルヴィス・コステロも参加。ロックパイルは『スリータイム・ルーザー』(Three Time Loser) と、ロバート・プラントとジョイントしての『リトル・シスター』(Little Sister) を演奏した。

1980年、エドモンズはスワン・ソングとの契約を完了するためにソロ・アルバム『トゥワンギン…』(Twangin) をレコーディング。これにより、ロックパイルはジェイク・リヴェラの新レーベル、Fビート・レコードから本当のバンドのレコードをリリースできるようになった。
ロックパイル名義での初アルバム『セカンド・オヴ・プレジャー』(Seconds of Pleasure)は、3人のメンバーがリード・ボーカルを分け合い、ロウが歌った『ティーチャー・ティーチャー』 (Teacher, Teacher) が小ヒットを記録した。

同年、ロウの新しい妻のカーリーン・カータージョニー・キャッシュの養女)のアルバム『ミュージカル・シェイプス』をバックアップ[2]。しかし、このころから2人のフロントマン、ロウとエドモンズの間に緊張が高まり、8月には有名なヒートウェイヴ・フェスティバルのステージに上がったものの、2人の間は修復不可能となり、1981年にロックパイルはその活動にピリオドを打った。
バンド解散後にリリースされたエドモンズのソロ・アルバム『トゥワンギン…』の収録曲は、ほとんど彼の前のソロ・アルバムからのアウトテイクであり、11曲のうち9曲でロックパイルが演奏した。

ウィリアムズとブレムナーは、1980年代にリリースされたロウのアルバム数作で共演したが、ロウとエドモンズは1988年のロウのアルバム『ピンカー・アンド・プラウダー・ザン・プレヴィアス』(Pinker and Prouder than Previous)まで一緒に仕事をしなかった。

ディスコグラフィ(ロックパイル名義のみ)[編集]

スタジオアルバム[編集]

タイトル チャート最高位
UK
[3]
CAN
[4]
US
[5]
1980 セカンズ・オヴ・プレジャー
Seconds of Pleasure
34 29 27

シングル[編集]

タイトル チャート最高位 収録アルバム
CAN
[6]
US
[5]
1980 "Wrong Again (Let's Face It)" Seconds of Pleasure
"Teacher Teacher" 31 51
"Now and Always"
"—" denotes releases that did not chart


脚注[編集]

関連項目[編集]