ニック・ロウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニック・ロウ

ニック・ロウ(Nick Lowe、1949年3月24日-)は英国のロックミュージシャン作曲家ベーシスト音楽プロデューサー

来歴[編集]

1966年にKippington Lodgeのメンバーとしてデビュー。後にKippington Lodgeはブリンズレー・シュウォーツ(Brinsley Schwarz)になる。ブリンズレー・シュウォーツは1970年代イギリスを代表するパブロックバンドといわれるようになる。

ブリンズレー・シュウォーツ解散後は、スティッフ・レコードのハウス・プロデューサーとして評価を得る(ダムドDamned Damned Damned』など)一方、デイヴ・エドモンズらとロックパイルとして活動。ロックパイル解散後は、ソロ活動やエルヴィス・コステロプリテンダーズらのプロデューサーとしても活躍した。

1980年代末期にはライ・クーダージョン・ハイアットジム・ケルトナーと共にLittle Villageを結成し、1992年に唯一のアルバム『Little Village』を発表。

2009年11月にはライ・クーダーとその息子のヨアキム・クーダーと共に来日。

ディスコグラフィー[編集]

  • Jesus of Cool(1978年)
  • Labour of Lust(1979年)
  • Nick the Knife(1982年)
  • The Abominable Showman(1983年)
  • Nick Lowe & His Cowboy Outfit(1984年)
  • 16 All Time Lowes(1984年、コンピレーション)
  • The Rose of England(1985年)
  • Nick's Knack(1986年、コンピレーション)
  • Pinker and Prouder than Previous(1988年)
  • Basher: The Best of Nick Lowe(1989年、コンピレーション)
  • Party of One(1990年)
  • The Wilderness Years(1991年、コンピレーション)
  • The Impossible Bird(1994年)
  • Dig My Mood(1998年)
  • The Doings(1999年、全集)
  • The Convincer(2001年)
  • Untouched Takeaway(2004年、ライブ)
  • At My Age(2007年)

代表曲[編集]

  • Cruel To Be Kind(邦題:恋するふたり)
    • 『恋のホワン・ホワン』という曲名で三遊亭圓丈がカバー
    • biceによるカバー(2000年、アルバム『Covers』収録)が、2006年NHKのフレッシャーズキャンペーンに使用された。
  • (What's So Funny 'Bout) Peace, Love, and Understanding
  • I Knew the Bride
  • I Love The Sound of Breaking Glass
  • American Squirm
  • So It Goes
  • Heart of the City
  • Half A Boy, Half A Man(邦題:子供・大人)
  • All Men Are Liars
  • Bay City Rollers We Love You(Tartan Horde名義。邦題:憧れのベイ・シティ・ローラーズ)(1975年)
  • Let's Go To The Disco(The Disco Brothers名義)(1976年)
  • Rollers Show(Tartan Horde名義。邦題:愛しのベイ・シティ・ローラーズ・ショー)(1977年、日本独自のシングルカット)

外部リンク[編集]