JULIE SONG CALENDAR

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
JULIE SONG CALENDAR
沢田研二スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル アポロン
プロデュース 木崎賢治
チャート最高順位
沢田研二 年表
MIS CAST
1982年
JULIE SONG CALENDAR
1983年
女たちよ
(1983年)
テンプレートを表示

JULIE SONG CALENDAR(ジュリー・ソング・カレンダー)は、日本歌手である沢田研二の19作目となるオリジナルアルバム

1983年3月5日にアポロン音楽工業(後のバンダイ・ミュージックエンタテインメント)からカセットテープのみでリリースされた。

その後CD化され、1991年1996年東芝EMIから、また2005年にはユニバーサルミュージックから再リリースされている。

解説[編集]

本作はTBSラジオの「NISSANミッドナイトステーション沢田研二 夜は気ままに」の番組内企画で作られた曲をまとめた作品で、カセットアルバムとしてリリースされた。 1982年4月~1983年3月にかけて女性有名人が作詞したものに沢田が曲をつけて出来た作品をひと月に1曲ずつ番組内で流していたもので、その曲が流されていた月が曲名の後にカッコ書きされている。アルバム内ではカレンダー通りの順番には並んでいない。

青島美幸は青島幸男の娘。微美杏里は藤真利子の筆名。多岐川裕美(1981年にドラマ「いつか黄昏の街で」で共演、1982年には「黒のオートバイ」で楽曲提供している)はNISSANミッドナイトステーション繋がり(他の曜日を担当していた)で詞を提供。編曲と演奏はEXOTICSのメンバーが担当しており他に坪倉唯子野宮真貴(「ウィークエンド・サンバ」でのデュエット)、岡田徹などが参加している。

企画当初よりオノ・ヨーコへの作詞依頼を計画していたが、断念したと沢田が同番組内で語っている。

本作はカセットテープのみのリリースだったこともあり、1991年にCD化されるまでは非常に入手困難な作品だった。

収録曲[編集]

  • 全作曲:沢田研二
  1. 裏切り者と朝食を(2月)
  2. ボンヴォワヤージュ(4月)
  3. 目抜き通りの6月(6月)
  4. ウィークエンド・サンバ(10月)
  5. Sweet Surrender(8月)
  6. CHI SEI(君は誰)(12月)
    • 作詞:ALESSANDRA MUSSOLINI/編曲:吉田建
      • 1984年のシングル『AMAPOLA』のB面としてシングルカットされている。
  7. YOU'RE THE ONLY GIRL(9月)
  8. ラスト スパーク(11月)
  9. 一人ぼっちのパーティー(3月)
  10. SCANDAL!!(7月)
  11. す・て・き・にかん違い(5月)
  12. Free Free Night(1月)
  13. BURNING SEXY SILENT NIGHT (PLUS ONE)
    • 作詞:沢田研二/編曲:西平彰

参加ミュージシャン[編集]

ゲストミュージシャン