アレッサンドラ・ムッソリーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アレッサンドラ・ムッソリーニ
Alessandra Mussolini
Alessandra Mussolini datisenato 2013.jpg
上院議員時代の肖像写真(2013年)
生年月日 (1962-12-30) 1962年12月30日(58歳)
出生地 イタリアの旗 イタリア
ラツィオ州ローマ県ローマ
出身校 ローマ・ラ・サピエンツァ大学
前職 医師女優歌手モデル
所属政党 イタリア社会運動
(1992-1995)
国民同盟
(1995-2003)
社会行動
(2003-2009)
自由の人民
(2009-2013)
フォルツァ・イタリア
(2009-2018)
無所属
(2019-2020)
配偶者 マウロ・フロリアーニ
親族 ベニート・ムッソリーニ(祖父)
ロマーノ・ムッソリーニ(父)
ソフィア・ローレン(伯母)

当選回数 5回
在任期間 1992年6月28日 - 2004年7月19日
2008年4月29日 - 2014年6月30日

当選回数 1回
在任期間 2013年3月8日 - 2014年6月30日

当選回数 2回
在任期間 2004年7月20日 - 2008年4月28日
2014年7月1日 - 2019年7月2日
テンプレートを表示

アレッサンドラ・ムッソリーニAlessandra Mussolini1962年12月30日 - )は、イタリア政治家女優医師

独裁者ベニート・ムッソリーニの孫娘であり、女優ソフィア・ローレンの姪にあたる。ネオファシストの政治家として下院議員(5期)、上院議員(1期)、欧州議会議員(2期)を歴任した。

経歴[編集]

生い立ち[編集]

1962年12月30日イタリアラツィオ州ローマに音楽家ロマーノ・ムッソリーニとアンナ・マリア・シッコローネの長女として生まれる。父ロマーノは名が示す通り、王政期のイタリアで独裁体制を築いた国家ファシスト党(PNF)のベニート・ムッソリーニ首相とその後妻ラケーレ・グイーディの三男(前妻イーダ・ダルセルとの子を含めれば四男)であったが、政治とは距離を取ってピアニストとして生計を立てていた。そのため、第二次世界大戦前後の騒乱に巻き込まれず、共和制に移行した戦後イタリアで静かな日々を送っていた。

一方、母アンナもアカデミー賞女優として知られるソフィア・ローレンの実妹であり、むしろ当初はこちらの血縁の方が彼女の人生に強い影響を与えた。

芸能活動[編集]

1970年代からソフィアの元で養育を受け、アカデミー賞及びゴールデングローブ賞の外国映画部門にノミネートされた『特別な一日』で映画デビューを果たし、主演を務める伯母と共演した。以後、「大女優の姪」として女優の他にモデル・歌手など様々な活動を展開した。精力的な芸能活動の傍ら、学業ではアメリカンスクールを経てローマ・ラ・サピエンツァ大学医学部に入校して医師免許取を取得、1986年に修士課程も修了している。

歌手業では1982年に日本アルファレコードから日本語歌詞のポップスを多数収録したアルバムを限定リリース、日本のみの展開ということもあって欧米諸国で話題を集めた[1]。モデル業では肉感的な体を武器にしていた叔母ソフィアに倣ってグラマー写真を中心に活動[2]、イタリア版及びドイツ版『PLAYBOY』ではヌード撮影にも挑んでいる[3][4]

1989年、税関吏マウロ・フロリアーニと結婚、翌年にイスラエル映画『הדרך לעין חרוד』(Ha-Derech L'Ein Harod)を最後に芸能界からは引退した。ある映画プロデューサーに「ムッソリーニ姓を名乗らないこと」を勧められた為であると語っている[5]。引退後は医師活動と家庭生活に専念して、外科医として勤務しつつカテリーナ、クラリッサ、ロマーノの一男二女を育てた。その際、子供たちが母方の姓も名乗れるようにするための複雑な法的手続きを行っている。

政治活動[編集]

イタリア社会運動[編集]

1992年、共和ファシスト党(PFR)の後継政党であるイタリア社会運動(MSI)からムッソリーニの孫娘として下院選挙のナポリ選挙区に擁立され、新人候補ながら初当選を勝ち取って下院議員となった。1993年11月、今度はナポリ市長選挙に出馬。決選投票まで駒を進めているが、イタリア民主党アントニオ・バッソリーノ英語版候補に敗れた。1994年、カンパニア州第1選挙区から出馬して下院議員に再選された。

1990年代から2000年代にかけて行われたジャンフランコ・フィーニ書記長による穏健化改革が進み、イタリア社会運動国民同盟に再編され、2001年には悲願であった政権参加が達成される。1996年、国民同盟の候補としてカンパニア州第1選挙区で下院議員に三選した。この頃から党の方向性を巡ってフィーニ書記長とは政治的対立が生じるようになったが、一度は和解して国民同盟に留まっている[6]。2001年、カンパニア州第1選挙区で当選して下院議員の4期目を迎え、同年にテレビのトークショーでイタリア共産主義者党出身のカティア・ベルリッロ英語版機会均等大臣を「醜いコミュニスト」「キューバに移民したらいい」と痛罵している[5][7]

2002年、ムッソリーニへの賛辞を取り下げる言動を繰り返すフィーニに「目的の為に歴史を歪める政治家は好ましくない」と不快感を示すなど、関係は再び悪化した[8][9]。2003年、フィーニが外務大臣として訪問したイスラエルにおいて、ファシスト政権の人種政策を「まったくの悪 (the absolute evil) 」と謝罪した事に激怒し、国民同盟を離党した[10]。ただしイスラエルの国家承認については支持しており、フィーニの言動に対する不信感が離党の原因となっている。

社会行動[編集]

2003年、個人政党「行動の自由」(Libertà di Azione)を立ち上げ、後に新党として「社会行動英語版」(Azione Sociale)に改称された。フィーニとは異なり明確にファシズムを標榜しつつも、反ユダヤ主義への反対[11]同性愛[12]シビル・ユニオン[13]の容認、中絶[14]人工授精の合法化[15][16]フェミニズムの支持[17]など進歩的な政策を標榜し、穏健なファシストとして活動した。保守派からはしばしば「社会主義者[18]左翼[19]との批判も受けているが、元々は祖父ムッソリーニも社会主義からファシズムに転向しており、福祉政策などで進歩的な政策を採用する事も多々あった。

2004年、下院から欧州議会への鞍替え出馬を行うべく新しき力ロベルト・フィオレイタリア国民戦線英語版アドリアーノ・ティルゲル英語版ら他のネオファシストと連携して政治会派「社会的選択」 (Alternativa Sociale)を結成した。参加政党はファシズムへの支持を除いて相容れない部分も多かったが、会派の支持を受けて欧州議会選の中部イタリア選挙区英語版欧州議会議員に当選した。同年の欧州議会ではイギリス独立党ゴドフリー・ブルーム英語版欧州議員が専業主婦を称揚して「まともな知能のある経営者なら出産適齢期の女性を雇う事などあり得ない」「(女性が働くと)冷蔵庫が綺麗にならない」[20]と発言した事に、「ナポリの女は冷蔵庫の掃除もできるし政治もできるけど、貴方にはどちらも無理でしょうね」と応酬している[21]

2005年、ラツィオ州の州知事選を巡って推薦人の署名に問題があるとして地方裁判所から立候補が認められず[22]、自身に対する政治的攻撃であり「民主主義の正当性を失わせる」として国務院上訴した[23]。国務院は地方裁判所の判決を無効とし、「社会的選択」の立候補を認めた[24]

2006年、加盟政党の齟齬が大きくなった事から「社会的選択」の解散が決定された。同年に移民についての論戦でイタリア共産主義再建党ウラジーミル・ルクスリア英語版トランスジェンダーとして初めて下院議員に当選)から「ファシスト」と執拗に攻撃された事に対し、「オカマよりもファシストになる方がよい」(Meglio fascista che frocio)と応酬している[25]。移民問題については強硬な姿勢を持ち、新たに参加した極右の欧州会派「アイデンティティ、伝統、主権英語版」の会合で「ルーマニア人は不法滞在が職業がない」と発言し、大ルーマニア党が激怒して会派を離脱する騒動となった[26]

自由の人民[編集]

2008年、社会行動をフォルツァ・イタリアと国民同盟による選挙連合「自由の家」に参加させる形で下院選挙に出馬し、5期目の当選を果たした。鞍替え当選によって欧州議会議員の残り任期は「社会的選択」で第2位候補だったロベルト・フィオレが繰り上げ当選した。

2009年、フォルツァ・イタリアと国民同盟を母体とする新党「自由の人民」が結党されると、社会行動も提案を受け入れて合流した[27]。自由の人民では「社会行動」を背景に独自行動を取り、強いて言えばフィーニ派が主導する国民同盟系の政治家よりもシルヴィオ・ベルルスコーニらフォルツァ・イタリア出身の政治家と協力する事が多かった。

フォルツァ・イタリア[編集]

2013年、「自由の人民」が分裂すると国民同盟系の議員らのイタリアのための未来と自由イタリアの同胞ではなく、ベルルスコーニが再結党したフォルツァ・イタリアに参加した。同年の上院選挙に擁立されて上院議員に初当選したが、早くも翌年には欧州議会議員選挙に鞍替え出馬し、欧州議会議員に再選されている。

2015年、夫であるフロリアーニが児童買春の容疑で逮捕されるというスキャンダルが起き、裁判で夫は懲役1年を求刑された。以前からカトリック教会の性的虐待事件を批判していた事もあり、離婚こそ選択しなかったものの、テレビ番組のインタビューで妻や女性として許す事はできないと強く夫を非難した。その際に「祖父のムッソリーニが生き返れば何を聞きたいか」と質問され、「クラレッタ・ペタッチをどう思っていたか」と回答している。

2018年五つ星運動同盟の連立に協力的な姿勢を取り、閣外協力に消極的なベルルスコーニとの距離感が生じた。フォルツァ・イタリアを反EUとポピュリズムの潮流に乗せようとする動きは親EUと中道主義を堅持する党内で成功せず、離党を宣言したが[28]ベルルスコーニから慰留される形で選挙協力は維持している。

2019年ジム・キャリードナルド・トランプ大統領を批判する意図でムッソリーニの処刑を揶揄するイラストを描いた事について「嫌な奴」(bastard)と呼び、「どうせなら核実験黒人差別を描いたらどうか」と皮肉っている[29][30]

政界引退[編集]

2019年の欧州議会選挙に無所属で出馬するが、及ばず落選した。27年間の政治キャリアで鞍替え選挙での辞任は何度も行っているものの、落選での失職は1993年のナポリ市長選挙以来となる。敵対するイタリアの同胞が同じムッソリーニ家からカイオ・ジュリオ・チェザーレ・ムッソリーニ(ムッソリーニの次男ヴィットーリオの孫、アレッサンドラの従甥)を擁立するなど、求心力の低下が否めない状態になっている。

2020年12月、今後の去就が注目される中、社交ダンスの番組「Ballando con le stelle」にゲスト出演し、インタビューで政界復帰を否定するコメントを行った。

略歴[編集]

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

  • 1982年 「アモーレ」(Amore) (アルファレコード ALFA ALR 22002)

シングル[編集]

  • 1982年 「ラヴ・イズ・ラヴ」("Love Is Love") (アルファレコード ALFA ALR 755)
  • 1982年 「Tokio Fantasy」(アルファレコード ALFA ALR 756)

出典[編集]

  1. ^ “Alessandra Mussolini - Amore (1982)”. Orrore a 33 Giri. (2007年4月13日). オリジナルの2008年2月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080209003430/http://www.orrorea33giri.com/2007/04/alessandra-mussolini-amore-1982.html 2008年1月3日閲覧。 
  2. ^ Jan Repa (2004年1月9日). “Italy's post-fascists to regroup”. BBC News. http://news.bbc.co.uk/1/hi/world/europe/3382151.stm 2008年1月3日閲覧。 
  3. ^ “Playboy Italy - Covers of 1983”. PBCovers. (1983年8月). オリジナルの2007年12月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20071225234659/http://www.pbcovers.com/pbcovers.php?c=it&y=1983&cover=it_198308 2008年1月3日閲覧。 
  4. ^ “Playboy Germany - Covers of 1983”. PBCovers. (1983年11月). http://www.pbcovers.com/pbcovers.php?c=de&y=1983&cover=de_198311 2008年1月3日閲覧。 
  5. ^ a b “Alessandra Mussolini: Politician in stilettos”. The Independent. (2004年2月8日). http://news.independent.co.uk/people/profiles/article67581.ece 2008年1月3日閲覧。  Also archived at FindArticles.com as "Mussolini In Stilettos" by Susan Chenery.
  6. ^ "A Mussolini Quits Rightist Party in Italy" The New York Times, 15 November 1996.
  7. ^ Tonelli, Matteo (2001年1月31日). “la Repubblica/politica: Calci e insulti il duello e' servito”. www.repubblica.it. 2019年4月3日閲覧。
  8. ^ "Alessandra Mussolini seeks leadership of Italy's far Right" by Bruce Johnston, The Daily Telegraph, 26 January 2002
  9. ^ "Mussolini to challenge party boss" Archived 12 March 2007 at the Wayback Machine., CNN, 25 January 2002
  10. ^ La Mussolini lascia An "Gianfranco ha tradito"”. 2008年7月8日閲覧。
  11. ^ Mussolini: World should 'beg forgiveness of Israel'”. 2008年7月8日閲覧。
  12. ^ Destra e gay, pace vicina. Alessandra Mussolini: tra loro ho molti amici”. 2008年7月8日閲覧。 See also: Alessandra: per una volta sono vicina alla sinistra”. 2008年7月8日閲覧。 and La Mussolini piace ai gay e mette in imbarazzo An”. 2008年7月8日閲覧。
  13. ^ Turco-Mussolini, Thelma e Louise della politica "Tanta invidia ma andiamo avanti lo stesso"”. 2008年7月8日閲覧。 See also: Raddoppiano le coppie di fatto Polo contro la proposta Mussolini”. 2008年7月8日閲覧。
  14. ^ la Mussolini: macche' omicidio cosi' si criminalizzano le donne”. 2008年7月8日閲覧。
  15. ^ Embrioni, da Mussolini a Melandri e' ancora polemica”. 2008年7月8日閲覧。
  16. ^ Fecondazione, il Parlamento vara le regole”. 2008年7月8日閲覧。
  17. ^ Alessandra Mussolini: ora serve un nuovo femminismo”. 2008年7月8日閲覧。
  18. ^ Buttafuoco: Mussolini, vattene con l' Ulivo Alessandra: triste non sapere dove buttarsi”. 2008年7月8日閲覧。
  19. ^ An s' interroga su Alessandra "E' di destra o femminista?"”. 2008年7月8日閲覧。
  20. ^ “UKIP MEP in row over working women”. BBC. (2004年7月21日). http://news.bbc.co.uk/1/hi/uk_politics/3912205.stm 
  21. ^ Quote in the original language Italian: "So che gli Inglesi hanno il senso dell’autoironia, ma io sono napoletana e posso dire che noi donne sappiamo cucinare e pulire i frigoriferi e facciamo anche politica, mentre forse Godfrey Bloom non-sa né pulire i frigoriferi, né fare politica."
  22. ^ "Alessandra Mussolini barred from election because of faked signatures" by John Hooper, The Guardian, 14 March 2005
  23. ^ "Mussolini’s granddaughter barred from vote" Archived 7 May 2008 at the Wayback Machine., Reuters, 13 March 2005, Tiscali News
  24. ^ "Q&A: Italy regional elections", BBC News, 1 April 2005
  25. ^ "Mussolini a Vladimir Luxuria 'Meglio fascista che frocio'", La Repubblica, 9 March 2006 (イタリア語)
  26. ^ "Xenophobia destroys EU's ultra-rightwing MEP group", The Guardian, 15 November 2007
  27. ^ Deputati – MUSSOLINI Alessandra, website of the Chamber of Deputies of Italy. Retrieved 23 November 2010.
  28. ^ Falci, Giuseppe Alberto (2018年7月30日). “Mussolini: «Lascio Forza Italia». E su Salvini: «Mi piace, è un vero militante»” (イタリア語). Corriere della Sera. 2019年4月7日閲覧。
  29. ^ Benito Mussolini’s granddaughter has spent decades defending him. Now she’s feuding with Jim Carrey.” (英語). Washington Post. 2019年4月7日閲覧。
  30. ^ Jim Carrey's picture of Mussolini's demise sparks Twitter tirade from dictator's granddaughter” (英語). NBC News. 2019年4月7日閲覧。

外部リンク[編集]