ラケーレ・グイーディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ラケーレ・グイーディ・ムッソリーニ
Rachele Guidi Mussolini
Portrait - Rachele Guidi.jpg
生誕 Rachele Guidi
1890年4月11日
イタリア王国の旗 イタリア王国 ロマーニャプレダッピオ・アルタ
死没 (1979-10-30) 1979年10月30日(89歳没)
イタリアの旗 イタリア フォルリ・ヴォッラ・カルペーナ
配偶者 ベニート・ムッソリーニ
子供 エッダ1910年 - 1995年
ヴィットーリオ1916年 - 1997年
ブルーノ英語版1918年 - 1941年
ロマーノ1927年 - 2006年
アンナ・マリーア(1929年 - 1968年

ラケーレ・グイーディ・ムッソリーニRachele Guidi Mussolini , 1890年4月11日 - 1979年10月30日)は、イタリアの政治家ベニート・ムッソリーニの妻。

生涯[編集]

ムッソリーニ一家(1923年)

1890年にロマーニャプレダッピオの農民アゴスティーノ・ギディと妻アンナ・ロンバルディの娘として生まれる。父アゴスティーノの死後、母アンナはアレッサンドロ・ムッソリーニ英語版の恋人になった。

1910年1月からフォルリでアレッサンドロの息子ベニートと同棲を始め、娘のエッダをもうけた。ベニートは1914年にイーダ・ダルセルと結婚するが、ムッソリーニは政権獲得後にこの経歴を抹消している。彼はイーダに生活費を与えていたが、彼女との息子ベニート・アルビーノイタリア語版の存在は無視された[1]。ラケーレとベニートは、ベニート・アルビーノが生まれる直前の1915年12月17日にロンバルディア州トレヴィーリオで結婚式を挙げ、彼がローマ進軍で政権を掌握した後の1925年には2度目の結婚式をカトリック式で挙げた。ベニートは多くの女性と関係を持っていたが、ラケーレは意に介すことなく、彼との間に5人の子供をもうけた。

ムッソリーニ政権成立後、ラケーレはファシズム下の模範的な妻・母と見なされるようになった。彼女はベニートに忠実だったが、第二次世界大戦末期の1945年4月28日に彼が処刑された時、側にいたのは愛人のクラーラ・ペタッチであり、ラケーレではなかった。ラケーレはイタリアから脱出を図ったが、同年4月にスイスに近いコモで逮捕された。彼女はアメリカ陸軍に引き渡されてイスキア島に拘留されたが、数か月後に釈放された。

ベニートの死後、ラケーレは故郷の村でパスタ料理店を経営して暮らした。また、晩年にはアルバート・ザッカーとの共著でベニートの伝記を出版した[2]

出典[編集]