ロマーノ・ムッソリーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ロマーノ・ムッソリーニ
生誕 (1927-09-26) 1927年9月26日
出身地 イタリア王国の旗 イタリアエミリア=ロマーニャ州フォルリ
死没 (2006-02-03) 2006年2月3日(78歳没)
担当楽器 ピアノ
ロマーノ・ムッソリーニ(1932年)

ロマーノ・ムッソリーニRomano Mussolini1927年9月26日 - 2006年2月3日)は、イタリアジャズピアニスト、ジャズ評論家、画家である。ベニート・ムッソリーニの息子として知られる[1]

生涯[編集]

イタリアのフォルリにて、ベニート・ムッソリーニと妻ラケーレの三男として出生。幼少の頃から音楽を学んだ。

1956年、RCAレコードから初の作品をリリース。「ロマーノ・ムッソリーニ・オール・スターズ (Romano Mussolini All Stars) 」を結成した。ディジー・ガレスピーデューク・エリントンチェット・ベイカーらと海外公演を行った。

女優ソフィア・ローレンの妹アンナ・マリア・シコローネ (Anna Maria Scicolone) と最初の結婚。エリザベッタ (Elisabetta) とアレッサンドラの2人の娘を儲ける。のちに女優カルラ・プッチーニ (it:Carla Puccini) と2度目の結婚。彼女との間に生まれた3番目の娘は、ロマーノの母の名を取ってラケーレ英語版 (Rachele) と名付けられ、のちにローマ市議会議員を務めた[2]。 また、孫にサッカー選手のロマーノ・フロリアーニ・ムッソリーニがいる[3]

ロマーノは、自身の家族については黙して語らなかったが、2004年に至って自伝『我が父、ドゥーチェ (Il Duce, mio padre) 』を出版した。

2006年1月21日、ローマ市内の病院にて78歳で死亡した[4]。 死後、センピオーネ教会 (it:sempione) で葬儀が行われ、遺体は両親が眠るプレダッピオのカルペーナ (Carpena) 邸に埋葬された。

ディスコグラフィー[編集]

  • 1995年 「ハピネス・ハズ・ユア・ネーム」 (Happiness Has Your Name) - Pentaflowers
  • 1996年 「ソフト&スウィング」 (Soft & Swing)
  • 2001年 「ザ・ワンダフル・ワールド・オブ・ルイス」 (The Wonderful World of Louis)
  • 2002年 「タイムレス・ブルース」 (Timeless Blues)
  • 2002年 「ミュージック・ブルース」 (Music Blues)
  • 2003年 「ジャズ・アルバム」 (Jazz Album)
  • 2003年 「ナプレ・ヌ・クアルト・エ・ルナ」 (Napule 'Nu Quarto 'E luna)
  • 2004年 「アリビ・パーフェット」 (Alibi perfetto)
  • 2005年 「ミラージュ」 (Mirage)

脚注[編集]

  1. ^ コジマ (2015年12月28日). “レコードをひさびさに聴いたら、ハイレゾもいいなと思った”. ASCII.jp. 2021年2月28日閲覧。
  2. ^ “ムッソリーニの孫娘、ローマ市議会選でトップ当選”. CNN.co.jp. CNN. (2021年10月8日). https://www.cnn.co.jp/world/35177777.html 2021年10月9日閲覧。 
  3. ^ Ripley, Dan (2021年2月3日). “Benito Mussolini's great-grandson Romano pens deal at Lazio”. Mail Online. 2021年2月28日閲覧。
  4. ^ “Mussolini's jazz pianist son dies” (英語). (2006年2月3日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/europe/4676934.stm 2021年2月28日閲覧。 

外部リンク[編集]