いつか黄昏の街で

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
いつか黄昏の街で
ジャンル テレビドラマ
脚本 田向正健
演出 楠田泰之森田光則
出演者 沢田研二多岐川裕美佐藤友美萬田久子山本郁子中山仁 ほか
オープニング エア・サプライ『あなたのいない朝(I'll Never Get Enough Of You)』
製作
プロデューサー 飯島敏宏、山田尚、阿部祐三
制作 毎日放送
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1981年10月1日〜1981年12月24日
放送時間 木曜日22:00〜22:54
放送枠 木曜座
放送分 54分
回数 13

いつか黄昏の街で』(いつかたそがれのまちで)は、毎日放送の制作により、TBS系列の「木曜座」(毎週木曜日22:00 - 22:54)の枠で、1981年昭和56年)10月1日から同年12月24日まで放送されていたテレビドラマ。全13話。

概要[編集]

ファッション業界を舞台にして、そこにおけるデザイナーの激しい引き抜き競争に、男と女の愛憎劇などが絡むという作品。ファッションメーカーの窓際営業マン・瀬川高之は、デザイナー志望のモデル・和泉杏子から「ホテルのトイレで自殺を図ったみどりを発見した」と助けを求められる形で、黄昏銀座で偶然出会う。やがていつしか二人は互いに惹かれ合うように。しかし、後に高之と杏子は仕事の上で、お互いの未来を賭けた敵同士の関係となる。お互いの将来を壊さないよう、忠実な気持ちをコントロールし合うが…。更に高之には婚約者が存在し、著名なデザイナーの真弓アイコとも接近する目的で男女の関係を持っていた。高之と3人の女性を巻き込み、男女の人間関係が際限無くなっていくドロドロとした模様を描いた物語[1]

主演を務めた沢田研二は『悪魔のようなあいつ』(TBS、1975年)以来6年ぶりの連続ドラマ出演作であり、沢田と同じザ・タイガースのメンバーであった岸部シローとの共演作でもあった[2]

TBS制作以外でMBSが緑山スタジオを最初に使用したドラマである。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 参考:毎日新聞朝日新聞読売新聞北海道新聞京都新聞 各縮刷版(1981年10月~12月)、『1980年代全ドラマクロニクル』(TV LIFE学研パブリッシング)編集部編)
  2. ^ シローの兄の岸部一徳とは『悪魔のようなあいつ』で沢田と共演している。

外部リンク[編集]

TBS 木曜座
前番組 番組名 次番組
虹色の森
(1981.1.8 - 1981.3.26)
いつか黄昏の街で
(1981.10.1 - 1981.12.24)
愛の別れ道
(1982.1.7 - 1982.2.25)