お菓子放浪記

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

お菓子放浪記』(おかしほうろうき)は西村滋1976年に発表した小説である。孤児を主人公に、著者の体験を基に、昭和15年から昭和21年までの感化院での生活や放浪生活などを描く。

著者自身がテレビドラマ脚本として書いた『お菓子と私』(1961年10月13日放送[1])を基にしている[2]。1976年の刊行時にはその年の全国青少年読書感想文コンクールの課題図書となり、木下恵介により同タイトルでTBSテレビで連続ドラマ化された(放送期間1976年10月28日 - 1977年1月20日[3])。1994年『続・お菓子放浪記』、2003年『お菓子放浪記 完結編』と書き継がれ、2011年には『エクレール・お菓子放浪記』として映画化、劇場公開された。

あらすじ[編集]

テレビドラマ[編集]

お菓子放浪記
ジャンル テレビドラマ
放送時間 木曜22:00 - 22:54(54分)
放送期間 1976年10月28日 - 1977年1月20日(13回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS木下恵介プロダクション
演出 鈴木利正、桜井秀雄、楠田泰之
原作 西村滋
脚本 窪田篤人
プロデューサー 飯島敏宏
出演者 坂東正之助ほか
テンプレートを表示

1976年10月28日 - 1977年1月20日までTBSの『木下恵介・人間の歌シリーズ』で放送された。全13回。

出演[編集]

ほか

スタッフ[編集]

TBS 木曜22時枠
木下恵介・人間の歌シリーズ
前番組 番組名 次番組
お菓子放浪記

書籍情報[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]