高橋洋子 (俳優)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
たかはし ようこ
高橋 洋子
本名 三井 洋子(旧姓・高橋)
生年月日 (1953-05-11) 1953年5月11日(63歳)
出生地 日本の旗, 東京都大田区
職業 女優小説家
ジャンル テレビ・映画
主な作品
テレビドラマ
連続テレビ小説北の家族』(1973年)

高橋 洋子(たかはし ようこ、戸籍名・三井 洋子、旧姓・高橋、1953年5月11日 - )は、日本女優小説家東京都大田区出身。

来歴・人物[編集]

1972年東京都立三田高等学校を卒業。文学座付属演劇研究所に入所。同期に松田優作がいた。

同年、斎藤耕一監督の『旅の重さ』の主役オーディションに合格し、ヒロインを務める。翌1973年には、NHK朝の連続テレビ小説北の家族』のヒロインに選ばれ、知名度が上がった。

続いて1974年熊井啓監督の『サンダカン八番娼館 望郷』で、主人公、娼婦おさきの10代から30代を演じ、女優としての地位を確立した。

1981年、小説『雨が好き』で第7回中央公論新人賞を受賞する。1983年には、その小説を自らの監督、脚本、主演で映画化した。

2016年秋に山口県で先行公開される『八重子のハミング』(2017年春から全国展開)で、『パイレーツによろしく』(1988年)以来28年ぶりに映画出演[1]

ギタリストで作曲家の三井誠(元・クラフト)は夫。

主な出演作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

監督・脚本作品[編集]

映画[編集]

著書[編集]

  • 『雨が好き』(1981年、中央公論社)のち文庫
  • 『雨を待ちながら』(1988年、新潮社)  
  • 『アダージョの恋』(1988年、中央公論社) 
  • 『恋しくて……Love Words』(1992年、講談社)
  • 『窓の女』(1992年、集英社) 
  • 『ひとり遊びをときどき』(1993年、PHP研究所) 
  • 『大人の恋は50/50』(1995年、講談社) 
  • 『金魚時代』(1997年、新潮社)
  • 『星を見た金魚』(2003年、講談社) ISBN 4-06-211662-6
  • 『のっぴき庵』(2016年、講談社)

受賞歴[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]