大谷直子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
おおたに なおこ
大谷 直子
生年月日 1950年4月3日(66歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都
身長 154 cm
血液型 A型
職業 女優
ジャンル テレビドラマ映画舞台
活動期間 1968年 -
配偶者 松山省二1971年 - 1974年
清水綋治1979年 - 1994年
著名な家族 華子(娘)
事務所 フロム・ファーストプロダクション
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
テレビドラマ
信子とおばあちゃん
松本清張シリーズ・天城越え
草燃える

映画
肉弾
ツィゴイネルワイゼン
橋のない川
蛇イチゴ
希望の国
備考
身長:154cm 体重:44kg
ハングルが得意

大谷 直子(おおたに なおこ、1950年4月3日 - )は、日本の女優東京都出身。東京都立赤羽商業高等学校卒業。フロム・ファーストプロダクション所属。元夫は松山政路および清水綋治。娘は女優の華子[1][2]

来歴・人物[編集]

東京・北千住の下町に育つ[3]

高校在学中の1968年、知人が本人に知らせずに応募した岡本喜八監督の『肉弾』の一般公募で300人の応募者の中から合格[3]、スクリーン・デビューを果たす[注 1]

『肉弾』での演技がNHKのドラマ制作者の目に留まり、翌1969年のNHK連続テレビ小説信子とおばあちゃん』でヒロイン・小宮山信子役に抜擢されて、平均視聴率37.8%、最高視聴率46.8%を記録した同作品の主演を1年間にわたり務めて一躍人気を博す[3]

1980年鈴木清順監督の映画『ツィゴイネルワイゼン』に主演して一人二役を演じ、第4回日本アカデミー賞優秀主演女優賞並びにキネマ旬報主演女優賞を受賞。

1981年、妊婦ヌード写真集『直子 - 受胎告知』を発表。

1983年芸術選奨文部大臣新人賞を受賞。

1993年、映画『橋のない川』で第7回高崎映画祭最優秀助演女優賞、及び第2回日本映画批評家大賞審査員特別賞を受賞。

2004年、映画『蛇イチゴ』で第18回高崎映画祭最優秀助演女優賞。

2007年秋に悪性リンパ腫で余命3ヵ月の宣告を受けたが、1ヵ月の入院と続く通院による抗がん剤抗体薬での治療を経て、半年後に治療を終了[4]。4年間の療養生活を経て体力も回復し、2012年公開の映画『希望の国』で復帰した[5]

2013年、映画『希望の国』および長年の功績により第22回日本映画プロフェッショナル大賞特別賞を受賞[6]

私生活では、松山省二(現・松山政路)、清水綋治との2回の結婚・離婚を経て、1人で3人の子を育てた[7][8]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

NHK[編集]

日本テレビ系[編集]

TBS系[編集]

フジテレビ系[編集]

テレビ朝日系[編集]

テレビ東京系[編集]

WOWOW[編集]

映画[編集]

吹き替え[編集]

CM[編集]

舞台[編集]

書籍[編集]

写真集[編集]

  • 大谷直子写真集 直子 - 受胎告知(1981年5月、集英社)

受賞[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 岡本家には下宿していた時期もあり、その後、岡本作品にはそれほど出演しなかったが、岡本の晩年まで交流は続いた。

出典[編集]

  1. ^ 華子プロフィール”. クローバー. 2016年5月27日閲覧。
  2. ^ 華子 (2013年6月17日). “ご報告。”. 華子オフィシャルブログ. 2016年5月27日閲覧。
  3. ^ a b c 斉藤勝久 (2015年3月26日). “[女優 大谷直子さん]悪性リンパ腫(1)57歳で「血液のがん」に”. ヨミドクター (YOMIURI ONLINE). https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20150326-OYTEW54863/ 2016年5月27日閲覧。 
  4. ^ 斉藤勝久 (2015年4月9日). “[女優 大谷直子さん]悪性リンパ腫(3)抗がん剤治療 体重33キロに”. ヨミドクター (YOMIURI ONLINE). https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20150409-OYTEW54885/ 2016年5月27日閲覧。 
  5. ^ 斉藤勝久 (2015年4月16日). “[女優 大谷直子さん]悪性リンパ腫(4)闘病生活 老境の役作りに”. ヨミドクター (YOMIURI ONLINE). https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20150409-OYTEW54885/ 2016年5月27日閲覧。 
  6. ^ “「第22回日本映画プロフェッショナル大賞」授賞式レポート”. 文化通信 (文化通信社). (2013年7月14日). http://www.bunkatsushin.com/varieties/article.aspx?id=2209 2016年5月27日閲覧。 
  7. ^ “【プレイバック芸能スキャンダル史】 憧れの俳優と再婚して衝撃の妊婦ヌードを披露した大谷直子”. ゲンダイネット (日刊ゲンダイ). (2012年12月21日). オリジナル2013年10月7日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131007091249/http://gendai.net/articles/view/geino/140249 2016年5月27日閲覧。 
  8. ^ 斉藤勝久 (2015年4月2日). “[女優 大谷直子さん]悪性リンパ腫(2)がん細胞転移 背骨が圧迫骨折”. ヨミドクター (YOMIURI ONLINE). https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20150402-OYTEW54874/ 2016年5月27日閲覧。 
  9. ^ 土曜ドラマ 劇画シリーズ 花に棲む - NHK名作選(動画・静止画) NHKアーカイブス

外部リンク[編集]