ストーカー・誘う女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ストーカー・誘う女(ストーカー・さそうおんな)は、TBS系列[1]1997年平成9年)1月9日 - 同年3月20日まで放送された日本のテレビドラマ。全11話。放送時間は木曜日22:00 - 22:54。平均視聴率は19.2%、最高視聴率は25.6%。

概要[編集]

当時、次第に社会から認識され始めたストーカーを大映ドラマ特有のエッセンスで描いた作品。視聴率も回を追うごとに上がり、最終回では25%と高視聴率を弾き出した。

放送終了後まもなくVHSソフトが発売されたが、DVDは発売されていない。

ストーリー[編集]

天王州アイルに所在する大手商社・東通商事勤務の上原ミチルは、自分の担当した企画で一緒になった同僚、森田柊志に生き別れの父の面影を見る。そして彼の妻とこども達がスキー旅行に出掛けた夜、肉体関係を持った。そして柊志の子供を妊娠したと信じ込んだミチルは、彼に愛されているという確固たる確信のもと「ストーカー」へと変貌していく。

キャスト[編集]

森田柊志 - 陣内孝則
東通商事鉄鋼部課長。妻と子供2人を大切にしているマイホームパパで、公津の杜駅周辺の一軒家に住んでいる。家族がスキー旅行に出掛けた夜、偶然を装い待ち伏せしていたミチルと共に食事をした後に誘われたバーで呑んで泥酔状態になりミチルに関係を持ち込まれ、その後様々なストーカー行為を受けるが、最終回でミチルから命懸けで家族を守り、負傷。退院後田村部長の尽力と理解により職場復帰する。心優しい性格が故、岳父である室町教授からのアドバイスを無視して、ミチルに会ってしまうことが多くあった。38歳。
上原ミチル - 雛形あきこ
短大卒業後、東通商事総務部に勤務するOL。幼少期に両親が離婚。大好きだった父と暮らせると信じていたが、裏切られる形で家を出られてしまう。その後、父が自分と同年代の娘のいる女と楽しそうにしている姿を目撃した事がトラウマ化。それでも父を嫌いになれず、女の連れ子に嫉妬心を抱いたと柊志に告げた事がある(第5話)。彼に様々な付きまとい行為、リストカットを展開し入院騒ぎを起こす。退院直前に室町教授から告げられた想像妊娠の事実を受け入れられず、絹香を諸悪の根元と思い込み、柊志の自宅に乗り込み殺人未遂事件を起こし逃げる絹香と子供達を追いかけ襲った近くの公園で柊志と格闘の末、共に階段から転落し負傷してしまうが、その直後に正気を取り戻し、退院後室町教授と北川の付き添いの元柊志の自宅を訪れストーカー行為を謝罪。その後地元でのリハビリを勧めた北川からの告白を受け入れる。恋愛妄想の部分を除けば、礼儀正しく明朗快活な性格で、友人も多く、社内でも有能な社員として扱われている。
森田絹香 - 麻生祐未
室町の娘で柊志の妻。大学卒業と同時に東通商事に就職。柊志からのアタックで結婚し、9年になる。聡明な印象の良妻賢母だが、不審な行動をするミチルの過激な行動、さらに暴走に不安定になっていく。柊志がミチルと関係を持ってしまった事を許す事が出来ずに離婚も考え別居状態になり悩んだことも。しかし柊志の「(ミチルから)家族は俺が守りたい」という熱意を受け入れ最終回では負傷しながらも身体を張って家族を守った柊志を見直し、子供達と共に自宅に戻って来た。
森田未久 - 三村有己
柊志と絹香の長女。第9~10話で幼稚園からの帰り、ミチルに誘拐された事がある。5歳。
森田幸太 - 田邊季正
柊志と絹香の長男。4歳。
竹野由里子 ‐牛尾田恭代
東通商事鉄鋼部に勤務。柊志の部下。第1話で結婚。その時に同期入社で友人であるミチルに受付を依頼している。
北川敦 - 袴田吉彦
大学生の頃にはバンドマンを目指していたが、大学の先輩である柊志からのアドバイスで東通商事に就職し鉄鋼部に配属され柊志の部下となる。社会の縦構造に不満を抱く等、社会人としては未熟な面がある。由里子の結婚式場で見かけたミチルに一目惚れ。真実を知って戸惑うが、彼女に対して理解を示し、力になり立ち直らせたいとして、室町教授からアドバイスを受ける。出身地は北海道で、実家は牧場を経営しており、ミチルにリハビリも兼ねての帰省を勧める。
室町克彦 - 小林稔侍
絹香の父で柊志の岳父。明成医科大学教授兼精神科医であり、またストーカーに関する専門医でもある。東通商事での講演で偶然(第2話で天王洲アイル駅で柊志と別れるところを目撃しており、後日柊志に問いただすと「あれは部下の奥さんです」と誤魔化した)、知り合ったミチルの言動から彼女の持つ心の病を察知。柊志に対して不信感を抱いた絹香と子供達を受け入れた上で、柊志と北川にストーカー対策としてアドバイスや苦言を呈し、ミチルにも治療の為に接近を試みる。森田家を襲撃したミチルに立ち向かったのち、医師として警察を言いくるめる等の形で事件を不問に付す。絹香の母でもある妻とは死別した様子(作中でのセリフが、ストーカーの概念、対処等のガイドライン的役割を果たしている)。
大橋由美子 - 佐伯伽耶
室町教授の秘書。
田村部長 - 村井国夫
東通商事鉄鋼部の部長で、柊志の直属の部長となる。出世競争で同期に遅れていた柊志に目を掛け、課長職に引き上げたらしい。ミチルからストーカー行為を受けていた柊志の勤務中の不審な行動に度々苦言を呈していたが、最終回でストーカー行為を受けていた事実を知り、それを理解し上層部に掛け合い、柊志の退院後鉄鋼部に復帰させた。

放送日、サブタイトル、視聴率[編集]

各話 放送日 サブタイトル 監督 視聴率
第1話 1997年1月9日 あなたを奪いたい 江崎実生 16.5%
第2話 1997年1月16日 しのび寄る恐怖 12.9%
第3話 1997年1月23日 無言電話が鳴る時 小島穹 16.8%
第4話 1997年1月30日 嘘をついて外泊 井坂聡 15.7%
第5話 1997年2月6日 のぞきたい彼の家 江崎実生 17.1%
第6話 1997年2月13日 不気味な留守電 小島穹 18.1%
第7話 1997年2月20日 もう我慢できない 江崎実生 20.2%
第8話 1997年2月27日 天国で結ばれたい 井坂聡 19.8%
第9話 1997年3月6日 彼を離さない 江崎実生 22.8%
第10話 1997年3月13日 もう誰も許さない 井坂聡 25.6%
第11話 1997年3月20日 愛してるけど殺す 江崎実生 25.6%
平均視聴率19.2%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

受賞歴[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 「TBS」の略称は、2009年3月までは東京放送、2009年4月以降はTBSテレビを指す。
  2. ^ Lyne, Adrian. Dearden, James 1949- Jaffe, Stanley R. 1940. Douglas, Michael 1944- Close, Glenn 1947- Archer, Anne 1947. ([出版年不明]), 危険な情事 = Fatal attraction, パラマウントホームエンタテインメントジャパン (発売), OCLC 959718606, http://worldcat.org/oclc/959718606 2019年11月20日閲覧。 

外部リンク[編集]


TBS 木曜10時枠の連続ドラマ
前番組 番組名 次番組
義務と演技
(1996.10.10 - 1996.12.19)
ストーカー・誘う女
(1997.1.9 - 1997.3.20)
友達の恋人
(1997.4.10 - 1997.6.26)