怪人二十面相 (1977年のテレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
怪人二十面相
ジャンル テレビドラマ
原作 江戸川乱歩
脚本 村山庄三
大原豊
塩田千種
山崎晴哉
久保田圭司
監督 帯盛迪彦
鍛冶昇
大塚莞爾
青木敏
出演者 南條豊
川崎麻世
藤谷美和子
佐藤賢司
藤岡重慶
内田勝正
オープニング 「怪人二十面相」
製作
プロデューサー 黒岩健而
山下ひろみ
柳田博美
栗林克年
各話の長さ 30分
制作 フジテレビ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1977年1月7日 - 1977年7月8日
放送時間 金曜 19:00 - 19:30
放送枠 フジテレビ金曜7時枠の連続ドラマ
回数 26

特記事項:
放送回数は特別番組『ビューティペア!怪人二十面相と世紀の対決!!』を含めた回数。

怪人二十面相』(かいじんにじゅうめんそう)は、1977年(昭和52年)1月7日から同年7月8日までフジテレビで放送されていたテレビドラマである。大映テレビとフジテレビの共同製作。全25話(全26回)。放送時間は毎週金曜 19:00 - 19:30 (日本標準時)。

同年4月1日には同時間帯で『ビューティペア!怪人二十面相と世紀の対決!!』が放送されたが、これはフジテレビが独自に制作した特別番組であり、この特番を除いた全25話が地方局などで再放送されている。

概要[編集]

海外で暴れていた怪人二十面相が3年ぶりに帰国。宿敵の明智小五郎学習塾を経営しており、塾の生徒達も少年探偵団を名乗り、明智先生と一緒に二十面相の悪事を暴く。

江戸川乱歩の原作を題材にした本作は、明智小五郎と少年探偵団が塾講師とその生徒という設定で作られていた[1][2]。一方で怪人二十面相は原作に近いイメージとなっている[3]。また原作の「中村警部」に相当する「明智小五郎や探偵団に協力する私服警官」として、牛田警部と馬場刑事のコンビが登場する。

裏番組として1976年10月に開始されていた『キャンディ・キャンディ』の人気が、1977年の春先から急上昇を始めた[4]こともあり、本作は2クールで終了する。

スタッフ[編集]

オープニング 表記[編集]

  • プロデューサー:黒岩健而、山下ひろみ、柳田博美 / 栗林克年(フジテレビ)
  • 原作:江戸川乱歩
  • 構成:神保史郎
  • 脚本:村山庄三(第1・3・5・8・12・15・16・18・23・25話)、大原豊(第2・6・9・10・14・19話)、塩田千種(第4・7・17・22・24話)、山崎晴哉(第11・20話)、久保田圭司(第13・21話)
  • 音楽:大塩潤[5]
  • 主題歌:「怪人二十面相」(作詞:石森史郎 / 作曲:大塩潤[5] / 編曲:松山祐士 / 歌:上條恒彦 / 台詞:内田勝正[6] / キャニオンレコード
  • 撮影:中尾利太郎
  • 照明:北爪勇 / 大久保武
  • 美術:後藤岱二郎 / 丸山裕司
  • 録音:近藤克己
  • 編集:本間元治 / 田賀保
  • 小道具:山崎輝
  • 助監督:青木敏(第1 - 6話)、北西洋一(第7 - 25話)
  • 制作主任:本間信行
  • 記録:小林日出 / 高橋淳子
  • 結髪:小沼みどり
  • 撮影助手:苧野昇
  • 選曲:宇賀神守宏
  • 仕上:北島貞治
  • プロデューサー補:小林重隆
  • 録音:櫂の会
  • 衣裳:富士衣裳
  • タイトル:デン・フィルム・エフェクト
  • 現像:東京現像所
  • 協力:丸高衣料株式会社、ブリヂストンサイクル
  • 監督:帯盛迪彦(第1・2話)、鍛冶昇(第3・4・9・11・18・21・24話)、大塚莞爾(第5・6・10・12・15・16・20・23話)、青木敏(第7・8・13・14・17・19・22・25話)
  • 制作:大映テレビ、フジテレビ

キャスト[編集]

  • 明智小五郎:南條豊
  • 小林芳男[7]川崎麻世
  • 明智英子:三谷晃代
  • 南ユカ(オテンバ):藤谷美和子
  • ベソ:佐藤賢司
  • ガッツ:山田芳一
  • リキ:米村和晃
  • イネムリ:古見則彦
  • イッチョクセン:中田光利
  • ドジ:曽田博彰
  • ヒメ:太田裕子
  • 牛田警部:藤岡重慶
  • 馬場刑事:今村広則
  • 怪人二十面相:?(内田勝正

放送日程[編集]

放送日 話数 サブタイトル ゲスト出演 脚本 監督
1977年
1月7日
1 帰ってきた二十面相 村山庄三 帯盛迪彦
1月14日 2 守れ!ジャガーの瞳 大原豊
1月21日 3 あばけ!呪いの秘密 村山庄三 鍛冶昇
1月28日 4 危うし!少年探偵団 塩田千種
2月4日 5 奪え!埋蔵金の謎 村山庄三 大塚莞爾
2月11日 6 探せ!消えたダイヤ 大原豊
2月18日 7 怪奇!さまよう亡霊 塩田千種 青木敏
2月25日 8 さぐれ!動くミイラの謎 村山庄三
3月4日 9 破れ!変装の罠 大原豊 鍛冶昇
3月11日 10 逃がすな!怪人二十面相 大塚莞爾
3月18日 11 砕け!首なし人間の野望 山崎晴哉 鍛冶昇
3月25日 12 渡すな!名バイオリン白ばら 村山庄三 大塚莞爾
4月8日 13 謎の大魔術 密室から名画が消えた! 久保田圭司 青木敏
4月15日 14 見つけ出せ!二十面相の気球 大原豊
4月22日 15 ばんざい!新入団員 村山庄三 大塚莞爾
4月29日 16 奇襲!二十面相,東京タワーに出現
5月6日 17 大変だ!ヒメが恋しちゃったぞ 塩田千種 青木敏
5月20日 18 行かないで!私の足長おじさん 村山庄三 鍛冶昇
5月27日 19 輝け!美しき恋 大原豊 青木敏
6月3日 20 対決!魔術師 二十面相に挑戦 山崎晴哉 大塚莞爾
6月10日 21 どこだ!二十面相美術館 久保田圭司 鍛冶昇
6月17日 22 守れ!僕らの雅子先生 塩田千種 青木敏
6月24日 23 ありがとう!私の本当のお母さん 村山庄三 大塚莞爾
7月1日 24 取りもどせ!王女シルヴィアの宝 塩田千種 鍛冶昇
7月8日 25 大逆転!二十面相対明智 最後の対決
  • 入江正徳
  • 中村裕
  • 桶川吉雄
  • 山本太一郎
  • 奥村比呂志
  • 矢車武
  • 湯浅洋行
  • 加川景三
  • 千代田恵介
村山庄三 青木敏
  • 特別番組:『ビューティペア!怪人二十面相と世紀の対決!!』(1977年4月1日放送)

備考[編集]

  • 関西テレビでは土曜18時(午後6時)から放送されていた。
  • テレビ西日本では1977年2月4日から1か月遅れで放送されていたが、4月1日放送の『ビューティペア!怪人二十面相と世紀の対決!!』に関しては同局でも同時ネットされた。

脚注[編集]

  1. ^ a b 全怪獣怪人』下巻、勁文社1990年11月30日、380頁。C0676。ISBN 4-7669-1209-8
  2. ^ 「BonusColumn 何度も映像化される「少年探偵団」」『超人画報 国産架空ヒーロー40年の歩み』 竹書房/イオン編、竹書房1995年11月30日、129頁。C0076。ISBN 4-88475-874-9
  3. ^ 宇宙船SPECIAL ’70年代特撮ヒーロー全集』 監修 金田益実、朝日ソノラマ1998年5月30日、204頁。ISBN 4-257-03533-1
  4. ^ 大下英治「第六章 マーチャンダイジングの進化 「舞台は外国、主人公も外国人」」『日本ジャパニーズヒーローは世界を制す』角川書店、1995年11月24日、ISBN 4-04-883416-9、155頁。
  5. ^ a b 渡辺岳夫の変名。当時渡辺は裏の『キャンディ・キャンディ』の音楽も担当していたため、この変名を使用した。なお渡辺は、後に関西テレビ宝塚映像と共同製作した『阪急ドラマ 怪人二十面相と少年探偵団 → 怪人二十面相と少年探偵団II』の劇伴も担当した。
  6. ^ ノンクレジット。
  7. ^ 「全怪獣怪人 下巻」では、名称を「小林芳雄」と記載している[1]

参考文献[編集]

「GO!GOスカイヤー 大映テレビ特撮ドラマの世界」、『特撮モノグラフ』第4号、同人誌、1988年8月。

フジテレビ 金曜19:00枠
前番組 番組名 次番組
アンコール名作劇場 フランダースの犬
(1976年7月 - 1976年12月24日)
土曜18:00枠へ移動】
怪人二十面相
(1977年1月7日 - 1977年7月8日)
女子プロレス・真赤な青春
(1977年7月15日 - 1979年9月28日)