野口ふみえ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
のぐち ふみえ
野口 ふみえ
本名 宇野 ふみえ
生年月日 (1938-10-13) 1938年10月13日(81歳)
出生地 東京府
職業 女優
ジャンル テレビドラマ映画
配偶者 宇野博之(1962年 ‐ )
テンプレートを表示

野口 ふみえ(のぐち ふみえ、1938年10月13日[1][2][3] - )は、日本女優。本名、宇野 ふみえ[1][2][4]。旧姓名は芸名と同じ[1]。夫は東宝プロデューサーの宇野博之[1]

東京府(現・東京都[2][3] 世田谷区出身[1]調布高校卒業[1][2]東宝を経て[2]、プロモーション・プラスワンに所属していた[2]

来歴[編集]

1957年、知人の薦めで黒澤明映画隠し砦の三悪人』のヒロイン・雪姫役の面接を受けるが採用に至らず、同年9月に東宝に入社[1]

東宝撮影所内の演技研修所で研修を積み、1958年の映画『昭和刑事物語 俺にまかせろ』でデビュー[1]

同年の『ドジを踏むな』では、狂言回し的な役柄の女中役で出演。本作を監督した日高繁明は「普段は平凡な顔だが、芝居をさせたら面白い表情を見せる」と評している。また、本作の紹介記事の中では、これからの抱負として「生活感のある役が本命ですが、喜劇もやってみたい」と述べている[5]

以後、『女が階段を上る時』(1960年)、『サラリーマン弥次喜多道中』(1961年)などに出演[1]

1962年、宇野博之との結婚を機に東宝テレビ部に移籍してテレビドラマに活動の場を移し、『ナッキーはつむじ風』(1978年)などに出演した[1]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

  • 若い娘たち(1958年)
  • 裸の大将(1958年)
  • 昭和刑事物語 俺にまかせろ(1958年)
  • 女探偵物語 女性SOS(1958年)
  • ドジを踏むな(1958年)
  • 若旦那は三代目(1958年)
  • 若旦那大いに頑張る(1959年)
  • 檻の中の野郎たち(1959年)
  • 手錠をかけろ(1959年)
  • 大学の28人衆(1959年)
  • 燈台(1959年)
  • 孫悟空(1959年)
  • サラリーマン出世太閤記(1959年)
  • 城ケ島の雨(1959年)
  • 檻の中の野郎たち(1959年)
  • アイ・ラブ・ユウ(1959年)
  • 恐るべき火遊び(1959年)
  • 女が階段を上る時(1960年)
  • 僕は独身社員(1960年)
  • サラリーガール読本 むだ口かげ口へらず口(1960年)
  • ああ女難(1960年)
  • 山のかなたに 第1部/リンゴの頬 第2部/魚の接吻(1960年)
  • 別離の歌(1960年)
  • 青い野獣(1960年)
  • 守屋浩の三度笠シリーズ 泣きとうござんす(1961年)
  • 守屋浩の三度笠シリーズ 有難や三度笠(1961年)
  • 銀座の恋人たち(1961年)
  • サラリーマン弥次喜多道中(1961年)
  • 喜劇 駅前弁当(1961年)
  • 重役候補生No.1(1962年)
  • 漂流(1981年)
  • ハチ公物語(1987年)
  • 千羽づる(1989年)
  • 夢の女(1993年)
  • 三毛猫ホームズの推理<ディレクターズ・カット>(1998年)
  • この空の花-長岡花火物語(2011年)

吹き替え[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j 『日本映画俳優全集 女優編』キネマ旬報社〈キネマ旬報増刊〉、1980年12月31日、509頁。
  2. ^ a b c d e f 日本タレント名鑑'83』VIPタイムズ社、1981年、366頁。
  3. ^ a b 野口ふみえ(出典:日本タレント名鑑)”. Yahoo!検索(人物). Yahoo Japan. 2013年5月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月10日閲覧。
  4. ^ 『声優名鑑』、218頁、成美堂出版、1999年、ISBN 978-4415008783
  5. ^ 『福島民友』1958年8月9日付夕刊、2面。