夏木章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
なつき しょう
夏木 章
本名 榎 鐘一 (えのき しょういち)
生年月日 (1928-01-06) 1928年1月6日
没年月日 ?年
出生地 日本の旗 日本 東京府荏原郡松沢村大字松原(現在の東京都世田谷区松原)
職業 俳優
ジャンル 劇映画時代劇現代劇特撮映画トーキー)、テレビ映画
活動期間 1945年 - 1986年
配偶者 あり

夏木 章(なつき しょう、1928年1月6日 - 没年不詳[1])は、日本俳優[2][3]。本名は榎 鐘一(えのき しょういち)。大映の名脇役の一人である。

来歴・人物[編集]

1928年1月6日東京府荏原郡松沢村大字松原(現在の東京都世田谷区松原)に生まれる。

杉並区済美中学校を卒業して日本映画学校演劇科の二期生として入学。1945年3月卒業と共に大映東京撮影所に入社し、同年公開の田中重雄監督映画『別れも愉し』で映画デビューを果たす。1955年には専属契約となり、ガメラシリーズ女賭博師シリーズなどに脇役として出演する。

1971年、大映倒産でフリーとなり、映画だけでなくテレビドラマにも出演するようになる。ところが、1986年6月26日に放映されたテレビ朝日制作のテレビドラマ『特捜最前線』第471回「死に憑かれた女!」に助演して以降の出演作品が途絶えている。没年不詳[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b 大映宣伝部・番外編の番外 (52) 早川雄三さん、夏木章さん、藤山浩二さん”. 映画が中心のブログです! (2015年2月23日). 2017年11月18日閲覧。
  2. ^ 『日本映画俳優全集 男優篇』 キネマ旬報社、1979年、428頁。
  3. ^ 『日本人物レファレンス事典 芸能篇1 (映画・演劇・タレント)』 日外アソシエーツ、2014年

外部リンク[編集]