明日に向かって走れ!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

明日に向かって走れ!』(あすにむかってはしれ)は、1989年10月16日から1990年3月19日まで、フジテレビ系列で放送されたフジテレビ・大映テレビ製作のテレビドラマ。放送時間は毎週月曜19:30 - 19:58(JST)。

概要[編集]

「どんな人間にも勝つ喜びを手にするチャンスがある」をテーマとして製作されたテレビドラマ[1]鎌倉にある私立湘葉学園高校はかつては県下随一の優秀校だったが、三流校に落ちた今では教頭たちの金儲け主義による歪な学校運営と生徒の非行化により荒廃していた。かつては全国優勝を果たしたこともある駅伝部を再建すると宣言した森村校長は、この学園の駅伝部OBで元ツッパリの津島海太郎を招聘し、不良たちの巣窟と化した駅伝部の監督に就任。駅伝を通して、海太郎が熱血指導で生徒たちとぶつかりながら、やがて駅伝部と学園を立ち直らせていくとのストーリーが展開される。

本作は本放送終了以降、地方局での再放送が行われているが、映像ソフト化はなされていない。

出演[編集]

駅伝部のコーチで、全国優勝当時のメンバー。かつては湘南一の不良と言われ、森村校長に暴力を振るって少年院に送られた前歴を持つ。
海太郎と共に、駅伝部の顧問を務めることになる。
教頭と違い、生徒の良き理解者。
駅伝部で唯一の女子部員。中学生の頃に万引きでの補導歴がある。 
終盤で駅伝部を廃部に追い込むが汚職が露見し、解雇される。
駅伝部員で、部員達のリーダー格。
徳永が想いを寄せている。第10話から駅伝部マネージャーになる。
東大合格を目指す秀才。受験のため駅伝部を辞めていたが、海太郎らの要請で第10話から駅伝部に復帰。
駅伝部の選手だったが、第10話でマネージャーに転身。
過去に腕を骨折させられて以降、自堕落な生活を送っていた。
美容院を経営をしているが、病気になり入院する。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

  • RABBIT「Good time & bad time」

サブタイトル[編集]

話数 放送日 サブタイトル 監督
1 1989年
10月16日
その男、不良につき… 土屋統吾郎
2 10月23日 オレ達に監督はいらねェ!
3 10月30日 嵐の中の七人
4 11月6日 オレ達に明日はあるのか 岡本弘
5 11月13日 危険! ケンカ走法
6 11月20日 万引き少女と呼ばれて 土屋統吾郎
7 11月27日 オレは今日から酒を断つ
8 12月4日 中間テストをぶっとばせ!
9 12月11日 どうなる? 初めての対抗戦
10 12月18日 あいつは勝利を呼ぶ男
11 1990年
1月8日
命を賭けた富士登山駅伝 小島穹
12 1月15日 興奮! オレ達の初勝利
13 1月22日 霧子、怒りの子守唄
14 1月29日 駅伝部最大の危機! 土屋統吾郎
15 2月5日 熱きキャプテンの説得
16 2月12日 負けるな! 涙の対抗戦
17 2月19日 泣くな! 地獄の特訓10日間 小島穹
18 2月26日 最後のランナーをさがせ!
19 3月5日 大会前夜! プレッシャーも最高潮 寺山彰男
20 3月12日 オトコになるぞ! 神奈川県大会 土屋統吾郎
21 3月19日 さらば落ちこぼれ駅伝部!

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ CD『大映テレビ主題歌コレクション・フジテレビ編』(キングレコード)封入のブックレットより。
フジテレビ 月曜19時台後半
前番組 番組名 次番組
明日に向かって走れ!
テニス少女夢伝説!愛と響子
(大映テレビ製作)