ラブラブライバル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ラブラブライバル
ジャンル テレビドラマ
原作 岡崎友紀「明日のスケッチ」より
脚本 ながのひろし
村山庄三
佐々木守
胡桃哲
監督 ゆあさのりあき
岡屋竜一
青木敏
帯盛迪彦
出演者 岡崎友紀
時本和也
ほか
製作
プロデューサー 野木小四郎
春日千春
下川隆輝
制作 大映テレビ
TBS
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1973年10月2日 - 1974年3月26日
放送時間 火曜 19:00 - 19:30
放送枠 TBS火曜7時枠の連続ドラマ
放送分 30分
回数 26
TBSチャンネルによる作品紹介
テンプレートを表示

ラブラブライバル』は、1973年10月2日から1974年3月26日までTBS系列局で放送されていたテレビドラマである。大映テレビTBSの共同製作。全26話。放送時間は毎週火曜 19:00 - 19:30 (日本標準時)。

概要[編集]

大映テレビ製作・岡崎友紀主演ライトコメディシリーズの第4弾。岡崎が当時出版した『明日のスケッチ』を原案にした作品である。

作品名は、TBSチャンネルの公式サイトにおいては「ラブラブ・ライバル」と表記されているが、実際のタイトルロゴに中黒は付されていない。

あらすじ[編集]

主人公の秋元しずかは20歳になったのを機に家から独立し、幼馴染の北山洋一も勤める旅行会社に就職した。

しずかは海外研修を終えて帰国してきた洋一を迎えに空港まで行ったが、その際に南太郎という青年に一目惚れされ、彼からしつこく付きまとわれる。そして洋一との再会を果たすも、洋一もまたしつこく見合いを勧めてくる叔母の出雲フサエから逃げている最中だった。洋一は叔母から逃れるため、口からでまかせでしずかを自分の婚約者だと言ってしまう。一方のしずかも太郎から逃れるためにそれに乗り、婚約者のふりをする。

かくして互いの利益が一致したしずかと洋一はそのための嘘を貫き通すが、恋人役を演じているうちに次第に心が魅かれあっていく。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

「風に乗って」
作詞:高木飛鳥(岡崎友紀) / 作曲:島田タカホ / 歌:岡崎友紀

放送日程[編集]

話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督 ゲスト
1973年
1 10月2日 婚約しちゃった? ながのひろし ゆあさのりあき 高橋昌也
2 10月9日 スパイはつらいよ
3 10月16日 写真はもういや
4 10月23日 若さで勝負 岡屋竜一 大和撫子
5 10月30日 オニよりこわいエンマ帖
6 11月6日 上役世話役いやな奴 坊屋三郎
7 11月13日 社長命令なのだ 胡桃哲 帯盛迪彦
8 11月20日 お嫁に行きたい ながのひろし
9 11月27日 負けられません 佐々木守 ゆあさのりあき 桜井センリ
10 12月4日 大嫌いって大好き!! 村山庄三
11 12月11日 何が何やら大混戦 佐々木守 青木敏 松崎真
12 12月18日 別居結婚大騒動 村山庄三 帯盛迪彦
13 12月25日 悲劇、しごき旅行 ながのひろし 岡屋竜一
1974年
14 1月1日 よさこい珍騒動 ながのひろし 岡屋竜一
15 1月8日 モーレツ社員がやってきた 帯盛迪彦
16 1月15日 ずっこけ社員がやってきた
17 1月22日 私の好きなひと 岡屋竜一
18 1月29日 夢のハワイ旅行
19 2月5日 花嫁花婿ラブラブ音頭 佐々木守 帯盛迪彦 木島進介
20 2月12日 私は、私の恋人 村山庄三
21 2月19日 雪のロマンス? ながのひろし ゆあさのりあき
22 2月26日 決死のアルバイト 胡桃哲 岡屋竜一 大泉滉青空はるお
23 3月5日 おかしな同居人 村山庄三 伊藤高
24 3月12日 フィアンセがいっぱい ゆあさのりあき 杜沢泰文
25 3月19日 愛の太鼓をうちならせ ながのひろし
26 3月26日 愛はおしみなく…

関連項目[編集]

いずれも大映テレビ製作・岡崎友紀主演のライトコメディシリーズ。

外部リンク[編集]

TBS系列 火曜19:00枠
前番組 番組名 次番組
赤い靴
(1972年10月3日 - 1973年9月25日)
ラブラブライバル
(1973年10月2日 - 1974年3月26日)
ニセモノご両親
(1974年4月2日 - 1974年8月27日)