スチュワーデス物語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スチュワーデス物語
ジャンル テレビドラマ
放送時間 火曜日20:00 - 20:54(54分)
放送期間 1983年10月18日 - 1984年3月27日(22回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
プロデューサー 野添和子、野村清
出演者 堀ちえみ
片平なぎさ
石立鉄男
秋野暢子
高樹澪
吉行和子
長門裕之
風間杜夫 ほか
オープニング 麻倉未稀
Flashdance... What a Feeling
エンディング 同上
テンプレートを表示

スチュワーデス物語』(スチュワーデスものがたり)は、日本航空(JAL)の客室乗務員[1]訓練生を描いた、深田祐介小説、およびそれを原作としてTBS系列で放送された大映テレビTBS製作のテレビドラマである。テレビドラマは、1983年10月18日から1984年3月27日まで毎週火曜20:00 - 20:54に放送された。

概要[編集]

日本航空のボーイング747型機(放送当時の鶴丸塗装)

日本航空のパイロットであった今は亡き父親の思い出を胸に、スチュワーデスへの道を進みだした高校卒の日本航空のスチュワーデス訓練生である松本千秋が、3か月に渡る厳しい訓練を受ける中で、風間杜夫演じる教官との恋愛や、教官の元婚約者継父による嫌がらせ、同じ訓練生寮「くれない寮」に住む訓練仲間との友情や対立を通じて一人前のスチュワーデスになるまでの経緯を、日本航空の全面協力の下で計22回(+スペシャル1回)の放送で描いた作品。

日本航空の全面的な協力を得たこともあり、要所要所で本物の訓練所や客室モックアップ、ボーイング747マクドネル・ダグラス DC-10などの旅客機や現役教官が出演し、フランスイタリアなど日本国外でのロケも行われている。

当時ホリプロ所属の人気アイドルであった堀ちえみが主役を演じた。全23回の放送を通じた平均視聴率が約20%、最高視聴率は26.8%を記録するなど高い視聴率を確保したほか、ドラマ内の台詞が当時の流行語になった。

原作は、元日本航空社員(放映当時は嘱託社員)の直木賞作家、深田祐介が日本航空の新人スチュワーデスの奮闘を描いた小説『スチュワーデス物語』(1983年新潮社刊、1984年新潮文庫刊、1991年文春文庫刊)である。しかし、大げさな台詞と衝撃的なストーリー展開を特徴とする大映テレビ製作のテレビドラマ作品のため、原作とはかけ離れたストーリー展開となっている。

社団法人全日本テレビ番組製作者連盟(ATP)による、第1回ATP賞テレビグランプリ(1984年(昭和59年)5月31日)にて、「人気番組賞」を受賞した[2]

くれない寮[編集]

本作劇中で日本航空のスチュワーデス訓練生が地上訓練期間中に住むとなる施設。青い門扉、青い手すりのある螺旋階段を上った2階から屋内に入る構造になっている。訓練生の部屋割りは個室ではなく相部屋で、ロビーなどに公衆電話が置かれている。所在地は東京都大田区西嶺町29-5。

撮影に使用された建物は、本作製作時に実在した日本航空西嶺寮である。また1970年にTBS系列で放送されたドラマ『アテンションプリーズ』においては実際の施設名で登場した。のちの1997年に施設は閉鎖、敷地は売却され、跡地には「パークハイム西嶺町」との名称のマンションが建てられた。

登場人物[編集]

メインキャラクター[編集]

  • 松本 千秋(主人公/478期) - 堀ちえみ
    明るく優しい女の子だが、自ら「ドジでノロマな」と言うほどの落ちこぼれ訓練生徒。一方で他の478期生のことは「利口で速い」と喩えており、彼女達の妹分でもある。スチュワーデスをめざし、実父の勤務先でもあった日本航空に採用される。高校卒業から1年間、スチュワーデス養成関連の専門学校に通っていた。19歳。
  • 村沢 浩(478期担当教官) - 風間杜夫
    元々はパーサーで、訓練生たちの憧れの的。特に千秋からは立場を越えた恋心を抱かれる。とはいえ当初は訓練指導に乗り気でなく、担任する478期生達にも辛く当たっていたが、最初のルートインフォメーション試験で全員合格を修めたことをきっかけに考えを改め、以後は担当期生を全員一人前にすると誓い愛情を注ぐようになる。
  • 新藤 真理子(浩の元婚約者) - 片平なぎさ
    スキー中の事故で両手は義手となり、ピアニストの夢を断念した。
  • 柿野 竜太(客室訓練部課長) - 石立鉄男
    浩の兄貴分・訓練生たちの父親がわりを自称。彼が浩に478期担当教官への任命を電話連絡した場面から本作の物語が始まる。
  • 火山 さと子(479期担当教官) - 秋野暢子
    長年スチュワーデスを務め、教官に転じた女性。考え方が堅苦しくヒステリックな態度を見せ、また自身の自慢をすることもたびたびである。浩に密かに想いを寄せる。478期のことを「ズッコケ組といわれる」と評する。

千秋の同期生[編集]

  • 石田 信子(小樽出身) - 高樹澪
    478期生一の優等生でおとなしい性格。出身地の方言ではなく標準語を話す。478期生の長姉的存在。21歳。
  • 木下 さやか- 山咲千里
    千秋の寮でのルームメイト。おっちょこちょいでお調子ものだが、何かと千秋に目をかけている。一方で同じく同室の兼子とは仲が悪く、乗客役となる彼女とのやりとりでも、口喧嘩になることが多い。
  • 寺本 はるえ - 百瀬まなみ
  • 鈴野 はなえ - 片山理子
  • 中島 友子(両親とも日本航空関係者) - 白石まるみ
    ぶりっ子口調で話す。千秋・さやかと仲がよい。寮では信子・克美と同室。
  • 池田 兼子(大阪出身) - 春やすこ
    常に大阪弁で話す。寮では千秋・さやかと同室だが、本人曰く「千秋をいびるのが楽しみ」とのこと。さやかとも互いにライバル視しあう。訓練の成績は良い方だがルートインフォメーションだけは苦手で、カンニングを試みたこともある。
  • 落合 克美(博多出身) - 松岡ふたみ
    常に博多弁で話す。兼子の腰巾着的存在。乗客役としてのやりとりでは、千秋につっかかることがしばしばある。

千秋や同期生の家族など[編集]

弓子との結婚に伴い、千秋とは義理の親子関係になるが、彼女の実父(弓子の前夫)に対抗心・嫉妬心を抱き、利害関係が一致する真理子と共謀し千秋への嫌がらせを展開する。外車ディーラーのセールスマンだが、ギャンブルに手出しをし続けたために借金を抱え、取り立てに怯えている。千秋への態度を村沢に叱責されたことがある。
千秋の実父と死別後、誠治を家に迎え入れる形で再婚。母親としての愛情は持ち合わせてはいるものの、誠治に気兼ねし、千秋への虐待などを容認。のちに前夫の遺産でもある一軒家を誠治が借金の担保として差し出していた事が判明し、借金の取り立て人が押し掛けた直後に自殺を図り、千秋に救出される。村沢の協力を得て、誠治とともに夜逃げをした後は登場していない。
  • 木下 徳造(さやかの父) - 前田吟
浅草で、そば屋「そば徳」を経営。
「そば徳」のアルバイト店員。さやかに思いを寄せ、雇い主の徳三からも婿入りを望まれるが、さやかからは相手にされていない。千秋の渡欧時にはさやかから空港への送迎役を頼まれる。
真理子の父が経営する会社に勤め、板挟みの立場となる。
浩に接近する千秋を快く思っておらず、彼女に対して学歴・身体に関する侮蔑的な言葉を投げ付け、千秋の同期生たちの怒りを買う。
  • 江原 三郎(千秋の幼馴染み) - 光石研
実家は鮮魚店を営む。千秋に恋愛感情を抱いているが、千秋からは友人としか思われてない。誠治の嗾しで気持ちをエスカレートさせ、レイプまがいの行為に及んたことがある。さらに真理子の差し金でくれない寮に押しかけて千秋に強引なプロポーズをするが、手土産に持参したを同期生たちに没収されそのまま追い返される。その後、訓練に挫折しかけた千秋に自分の家業の手伝いをさせながら面倒を見たこともある。
信子とは、髪を切るかどうかで揉めたことがある。その後、信子の父が死去した際には自身の登山の予定を優先して葬儀に参列しようとせず、また信子が残された母のために訓練生を辞めることを申し出ると別れ話を切り出し、同期生たちから非難されて信子とも破局する。
  • 松永 一郎(さやかのボーイフレンド) - 井上純一
千秋への英語のレッスンに託けて、くれない寮の談話室でさやかと飲み騒いでいるところを、兼子からの密告で庄介に押しかけられて喧嘩になり、その騒動がきっかけでさやかと破局する。
  • 中島 第一運航整備課長(友子の父) - 井川比佐志
  • 松本千秋の実父(故人/生前パイロット) - 佐々木敏(訓練センター医務室の医師の配役も担当)
  • 石田信子の父(中学校校長/作中で死去) - 内藤武敏

その他のキャラクター[編集]

  • 岩倉 ハナ(ビューティーレッスン担当教官) - 奈美悦子
  • 益岡 康夫(客室訓練部英語教官) - 益岡康夫
    現役の英語専門教官による直演。日本語の発音が特徴的で、日本人の男性教官では唯一、訓練生に対して呼び捨てせずに接する。
  • ジョン・マキャバレー(客室訓練部英語教官) - ジョン・マキャバレー
  • 岩崎教官(救難訓練専門教官) - 中島久之
  • 大西教官(救急看護法専門教官) - 木内みどり
  • 新藤 久之(真理子の父) - 鈴木瑞穂
  • 南 洋子(機内で自殺を図る女) - 中島唱子
    フランスに留学した恋人を留学先の女性にとられたことを理由に自殺を図ろうとする。年齢は千秋と同じ19歳。
  • 本田 まさお(南洋子の恋人) - 原亮介
    留学先に追ってきた洋子と元の鞘に収まり、その後結婚。挙式の後で洋子とともに重傷を負い、ともに千秋に助けられる。
  • 総合最終試験試験官 - 高畑淳子
  • 総合最終再試験試験官 - 佐原健二
  • 専任パーサー - 勝部演之

スタッフ[編集]

主題歌・挿入歌[編集]

主題歌「ホワット・ア・フィーリング
歌:麻倉未稀
アメリカ映画フラッシュダンス』の主題歌「Flashdance... What a Feeling」の日本語バージョン。原曲自体が『フラッシュダンス』のヒットと同時に世界中で大ヒットしたが、日本では本作の主題歌として使用されたこともあり、「『スチュワーデス物語』の曲」とも呼ばれることもある。
挿入歌「100℃でHEARTBEAT
歌:風間杜夫
風間杜夫の歌手としての代表作。本作劇中では、訓練生一同がこの曲に合わせて踊るシーンがある。原曲はサバイバーの「AMERICAN HEARTBEAT」。

サブタイトル[編集]

話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督 視聴率[3]
1 1983年10月18日 先生好きですッ! 安本莞二 國原俊明、増村保造 17.2%
2 1983年10月25日 憎らしい先生 國原俊明 17.2%
3 1983年11月1日 とんでもない噂 加瀬高之 瀬川昌治 18.3%
4 1983年11月8日 ショックなラブシーン 安本莞二 24.0%
5 1983年11月15日 先生と二人だけの旅 合月勇 24.1%
6 1983年11月22日 先生が離れて行く 増村保造 國原俊明 15.6%
7 1983年11月29日 卒業までの恋 増村保造、安本莞二 合月勇 17.2%
8 1983年12月6日 初めてのキッス 増村保造 江崎実生 18.0%
9 1983年12月13日 ダンス!ダンス!! 安本莞二 國原俊明 17.6%
10 1983年12月20日 娘は度胸よ! 増村保造 20.1%
11 1983年12月27日 ラブレターで事件 増村保造、安本莞二 合月勇 14.8%
総集編 1984年1月10日 (スペシャル) 安本莞二 國原俊明 16.5%
12 1984年1月17日 恥知らずなウソ! 増村保造 江崎実生 22.7%
13 1984年1月24日 意外なプレゼント 安本莞二 瀬川昌治 20.9%
14 1984年1月31日 やっぱり失恋 増村保造 江崎実生 19.5%
15 1984年2月7日 娘たちは怒ったぞ 安本莞二 瀬川昌治 17.1%
16 1984年2月14日 意地悪なささやき 増村保造 國原俊明 19.7%
17 1984年2月21日 こわい手紙 23.3%
18 1984年2月28日 やるっきゃない恋 安本莞二 瀬川昌治 21.1%
19 1984年3月6日 カメの大失敗 増村保造 國原俊明 22.6%
20 1984年3月13日 ないしょ話 増村保造、安本莞二 瀬川昌治 21.1%
21 1984年3月20日 恋のゆくえ!! 國原俊明 22.7%
22 1984年3月27日 さよなら!! 増村保造 26.8%

放送局[編集]

ロケ地[編集]

日本航空のDC-10-40型機(機体塗装は放送当時のもの)

日本航空の全面協力の元に制作されたため、羽田空港内にある客室乗務員訓練センター(のちに空港内の整備場駅近辺に移転)や新東京国際空港(現在の成田国際空港)のオペレイションセンター、新東京国際空港ターミナルの北ウイングなどが使用された。また当時の日本航空の寄港地であったイタリアのローマフィウミチーノ空港アッシジフランスパリマルセイユエクス=アン=プロヴァンスなどでの、日本国外ロケも盛り込まれている。

基本的には、羽田空港の訓練センター周辺でのロケが多く、羽田東急ホテル(2004年9月閉館)や穴守稲荷神社京急空港線旧羽田空港駅(現在の天空橋駅)京浜島などが登場する。なおドラマ内で重要な役割を担った「くれない寮」は実際には存在せず、当時存在した日本航空の西嶺寮を使用した。

また、BMWジャパンとのタイアップにより、BMW3シリーズ5シリーズなどの各車が、日本国外ロケを含め主要な場面に数回登場した。

担当する路線[編集]

  • ヨーロッパ線

登場する機体[編集]

エピソード[編集]

  • 松本千秋役は当初小泉今日子が検討されたが、小泉のスケジュールの調整が付かず断念された[4]
  • 片平なぎさが演じる新藤真理子は、「ピアニストを目指していたが、スキーに行った際、婚約者の村沢浩と衝突してしまう。その時両手の指を粉砕骨折してしまい、手首から先を義手にせざるを得なくなりピアニストの道を諦めざるを得なくなった」という設定で両手に手袋をしている。ドラマでは両手袋をで引っ張って外すシーンが毎度の恒例となっていた。片平は非情な悪役を演じていたため、プライベートで街を歩いているときなども番組ファンからたびたび石を投げられたこともあり苦悩したという。2006年(平成18年)公開の日本映画トリック劇場版2』に、片平が霊能力者の役で出演したが、本作でも披露していた「口で手袋を外す」というシーンを演じている。
  • 本作の台本に目を通した堀ちえみは物語の設定や役付け、台詞回しに違和感を覚えていたが口を挟む間もなく、周囲はさも当たり前であるかのように次々と収録が進み、とてもではないが新人の者が異を唱えるような雰囲気ではなかったと回想している。
  • 本作の本放送時に実際に日本航空の英語教官を務めていた益岡康夫やジョン・マキャバレー(両人ともにのちに定年退職)などが実名で登場しており、放送終了後20年以上経っても撮影中の逸話を訓練生によく話していたという。
  • 1983年7月に、堀が成田空港に駐機中のボーイング747-246型機(JA8161)の機内でロケーション中に、当時同じTBSで放送されていた歌謡番組『ザ・ベストテン』の中継が入り、客室乗務員の制服を着用したまま機内のファーストクラス付近で、「青い夏のエピローグ」を歌った。
  • 関西の毎日放送では1985年7月下旬から平日帯の17時台に本作の再放送が行われていたが、再放送途中で日本航空123便墜落事故が発生したため、事故翌日(8月13日)に放送予定だった最終回「さよなら!!」を残して、打ち切りとなった。
  • 2011年12月31日に放送された『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! 絶対に笑ってはいけない空港24時』の中のパロディドラマ『キャビンアテンダント物語』(主演は千秋)の最後の場面で堀本人が登場した。
  • サントリーフーズなっちゃん」CA編(2006年)で、堀が新人客室乗務員(堀北真希)を叱咤激励する先輩客室乗務員役で出演し、つまづいて転倒した堀北に「私も昔はよくやった」と本作のエピソードを連想させる言葉を語りかけるシーンを演じた。
  • 2013年9月7日BS朝日にて放送された『極上空間』第125回に風間杜夫と堀がゲスト出演し、本作の思い出話を披露した。また、羽田空港内のロケ地にも訪れた。

関連商品[編集]

放送当時、ドラマの中で訓練生が実際に着用していたものと同一デザインのTシャツや帽子が、日本航空の機内誌『Winds』(現・『SKYWARD』)内の通販コーナーで「スチュワーデス物語公式グッズ」として個数限定で販売された。また、DVDソフトがエイベックス・エンタテインメントから発売されている。

DVD[編集]

  • スチュワーデス物語 前編 ASIN: B0002IJPCY
  • スチュワーデス物語 後編 ASIN: B0002IJPD8

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 当時は「スチュワーデス」と呼ばれていた。
  2. ^ 全日本テレビ番組製作者連盟(ATP) 第1回ATP賞受賞作品一覧
  3. ^ 「テレビ視聴率季報(関東地区)」ビデオリサーチ
  4. ^ 芸能界ピンチヒッター裏・物語(1) - アサ芸+

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

TBS 火曜20時台の連続ドラマ(1983年10月 - 1984年3月)
前番組 番組名 次番組
スチュワーデス物語