プロゴルファー祈子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
プロゴルファー祈子
ジャンル スポーツドラマ
放送時間 水曜 20:00 - 20:54(54分)
放送期間 1987年10月21日 - 1988年4月20日(23回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
演出 土屋統吾郎
脚本 江連卓
プロデューサー 柳田博美
千原博司
中尾嘉伸
小牧次郎
出演者 安永亜衣
風見慎吾
沢向要士
生田智子
土家里織
松居直美
音無美紀子
萩原流行
中条静夫
久我美子
岩本多代
長門裕之
オープニング 椎名恵「THE WIND」
外部リンク 大映テレビ株式会社
テンプレートを表示

プロゴルファー祈子』(プロゴルファーれいこ)は、1987年10月21日から1988年4月20日まで、フジテレビ系列で毎週水曜日20:00 - 20:54に全23話が放送された大映テレビ制作の連続テレビドラマである。

作品解説[編集]

スタア誕生』や『ヤヌスの鏡』などと同じく、フジテレビ系大映ドラマの一作。1980年代にブームを起こした大映ドラマの末期の作品で、大映ドラマとしては来宮良子がナレーターを務めた最後の作品である。

制作者の談話によれば、藤子不二雄A(安孫子素雄)原作の漫画『プロゴルファー猿』にヒントを得て作られた作品だという。堀ちえみ杉浦幸が主演した作品が多いこの時期のフジテレビ系大映ドラマとは異なり、主人公・神島祈子役に関してオーディションが開かれ、安永亜衣と土家里織が最終選考に残った末に、安永が主演に選ばれ、ドラマの制作が行われた。

本作は当時の大映テレビ制作の連続ドラマとしては『青い瞳の聖ライフ』以来2年半ぶりのビデオ撮影による作品となり、またフジテレビ系列水曜20時枠の連続テレビドラマは本作以降1989年3月終了の『こまらせないで!』までの4作品はビデオ撮影により製作された。また本作のオープニング映像の一部にはCGも使用されている。

あらすじ[編集]

神よ、父の祈りの中、九死に一生を得てこの世に生を受けた祈子(れいこ)。“祈る子”と書いて祈子。 今、祈子は神に何を祈るか…。 (オープニングナレーションより)

プロゴルファーの神島友平は、妻・保子、愛娘・祈子とその兄・徹の四人で、会社社長の野上家所有の軽井沢の別荘管理人として平和に暮らしていた。ある日、別荘で野上家の令息・信也がクラブショット練習中に起こしたコントロールミスで、徹を庇った祈子の胸にゴルフボールが直撃し、祈子が重傷を負う事故が発生してしまう。信也の打ったボールで祈子が死んでしまったと勘違いし、激昂した徹は、実の兄のように慕っていた信也に暴行を働き、そのまま行方を眩ましてしまう。

ほどなく、父・友平がゴルフプレイ中に丸元物産会長・丸元利一郎をゴルフクラブで撲殺したという知らせが耳に入るも、父は行方不明となり数日後に塩沢湖畔で遺書とともに遺体となって発見された。

兄の突然の失踪、殺人者の娘として白眼視され、世間から隠れるような生活へ一変…と次々と不幸が祈子の身に降り掛かる中、堪えきれずに心が荒んだ祈子は非行に走ってしまう。

時は流れ、3年後のある日、18歳になった祈子と信也がふとしたきっかけで再会してしまう。非行に走り変わり果てた姿の祈子は、信也に合わせる顔が無いと考え、心苦しく思い、その場から立ち去ってしまう…。後にこの再会が祈子を非行の世界から足を洗わせるきっかけとなり、祈子は非行の世界から更生すべく鑑別所に入所し、様々なトラブルにも巻き込まれながらも出所する。

祈子は鑑別所入所中に、友平は誰かの策略にはまって事件に巻き込まれ、殺人者の汚名を着せられて何者かによって殺されたのではという真実に気付く。晴れて鑑別所を出所して、祈子と信也の二人三脚で父への疑いを晴らし、真犯人を捜し出す事と、父の夢でもあったプロゴルファーになるという長い旅路が始まった。

キャスト[編集]

神島祈子(かみしま れいこ)(演:安永亜衣
祈る子と書いて「れいこ」。これは父・友平が出生届を提出する際に「礼子」と書くべきところを「祈子」と書き間違えたため。父が無実の罪を着せられ陥れられたことで、謂れなき差別を受けて育った。そのため非行の世界へと足を踏み入れ、暴走族・北斗七星会の会長となり、5番アイアンを使って敵対グループのメンバーを殴る・火の点いたゴルフボールを打ち込むなど大暴れし、『5番アイアンのお祈』として名を馳せた。信也の真剣な愛情によって目覚め、父の魂を受け継ぎプロゴルファーを目指す。父の無実を信じており、信也とともに謎に迫る。かつて信也が打ったゴルフボールが胸にあたり、今も胸に痣となって残っている。
野上信也(のがみ しんや)(演:風見慎吾) 
祈子・徹の幼なじみ。誠実な性格で、賢三に逆らえない父と母から反対に遭いつつも、祈子のために体を張って純愛を貫く。
神島徹(かみしま とおる)(演:沢向要士
祈子の兄。信也が打ったゴルフボールが祈子の胸に当たった際、怒り狂って信也を叩きのめし、そのまま家出。祈子同様不良化し、北斗七星会と勢力を2分する暴走族・ブラックエンジェル会長を経て、野沢の手下になっていたが、根は純粋な青年。祈子に対し妹以上の感情を持っていたが、実は野上敬太郎の隠し子であり、信也の腹違いの弟であることがのちに明らかとなり、信也とは恋敵になる。
神島保子(かみしま やすこ)(演:音無美紀子
女手ひとつで祈子と徹を育てていたが、非行に走った子供達に胸を痛めている。横浜市内で大衆食堂「あすか」を経営している。
神島友平(ゆうへい)(演:岡本富士太) 
祈子・徹の父で以前は有名なプロゴルファーだった。ある人物の企みにより殺人の罪を着せられたまま遺体で発見される。
秋葉清(あきば きよし)(演:織田裕二) 
北斗七星会副会長。序盤のみ登場。
野上敬太郎(けいたろう)(演:中条静夫
信也の父で徹の実父。祈子を「野上家の疫病神」呼ばわりし、後に祈子に「信也と別れて野上家を救ってくれ」と頼む。
野上静子(しずこ)(演:久我美子
信也の母。息子を誑かした犯罪者の娘・祈子や、自身の夫の子で直接の血縁が無い徹に対してつらく当たるなど、世間体ばかり気にする。
丸元賢三(まるもと けんぞう)(演:長門裕之
利一郎亡き後、丸元物産社長に納まる。
丸元律子(りつこ)(演:岩本多代
利一郎の実妹で賢三の妻。祈子を目の仇にする。
丸元亜矢子(あやこ)(演:生田智子
賢三・律子夫婦の一人娘。信也の婚約者だったが、婚約解消を信也から告げられ、恋敵として祈子を憎む。祈子がプロゴルファーを目指し養成所入りした事を知り、ゴルフで祈子を打ち負かそうと、両親の反対を押し切り同じ養成所へ入所する。
丸元利一郎(りいちろう)(演:佐原健二
賢三の義兄で、生前は丸元物産の会長を務めていた。ゴルフのプレイ中に友平に撲殺されたとされているが…。
高倉道夫(たかくら みちお)(演:国広富之
プロゴルファー。友平と賢三の秘密を握っていると目され、祈子から執拗に追われるが、祈子をゴルファーとして鍛え上げ、祈子から先生と仰がれるようになる。
野沢剣二(のざわ けんじ)(演:萩原流行
祈子の行くところに現れる暴力団・華粋会の幹部。賢三の命令で非道な行いをする。孤児であったが、賢三に妹とともに援助を受けた恩を返すために働いている。
野沢冬子(ふゆこ)(演:松井きみ江 現・松井紀美江
剣二の妹で丸元家の家政婦。律子の命令で祈子を抹殺しようと火を放つが、逆に返り討ちにあい焼死。
大崎冴子(おおさき さえこ)(演:大沢逸美
徹の恋人でレディースブラック会長。祈子を少年院送りにすべく鑑別所に入所したが、野沢に唆されて祈子を奪還しにきた徹と鑑別所を脱走後、レディースブラックを追放される。徹が祈子のことを好きだと知り、目の仇にしている祈子の前に現れるが、足を洗った祈子に勧められる形でプロゴルファーを目指す。高校時代はソフトボール部でピッチャーだった。
時田真介(ときた しんすけ)(演:石橋正次
元プロゴルファー。祈子が父の秘密を探るために接触したが、何者かに口封じに殺される。
新巻鉄男(あらまき てつお)(演:斉藤隆治
北斗七星会のメンバー。
室田花子(むろた はなこ)(演:松居直美
通称・おハナ。祈子の親友で北斗七星会の幹部。かつて当たり屋の常習で少年院に収容されていた頃に鏡子に救われ恩義を感じており、祈子を付け狙う鏡子との間で板ばさみになる。しかし鏡子が信也にまで危害を加え、祈子との対決は避けられないと知り鏡子をナイフで殺害しようとして、もみ合ううちに誤って崖から転落。二人の和解を訴えながら息絶える。
順子(じゅんこ)(演:白島靖代
祈子の親友で北斗七星会の幹部。
大木優子(おおき ゆうこ)(演:中村晃子
野沢行きつけのスナックのママで、徹の実母。若い頃は赤坂で芸者をしていた。
司鏡子(つかさ きょうこ)(演:土家里織
『5番アイアンのお祈』によく似た格好をし、胸に祈子のものとそっくりの傷跡を持つ謎の少女。実は利一郎の娘であり、胸の傷は父親を狙って真介が打ったゴルフボールを身を挺して受けて出来たもの。父親が殺された恨みを容疑者の娘である祈子に抱く。司という姓は本名ではなく実母の旧姓で、素性を隠して祈子や信也に接近する。中学の時に、賢三と共謀して父の財産を奪おうとしていた継母をベランダから突き落として殺害した過去があり、収監された少年院で同室だった花子を救うため看守を刺し、女子刑務所送りになっていた。
森戸大二郎(もりと だいじろう)(演:下川辰平
鑑別所所長。
黒木(くろき)(演:綿引勝彦
御殿場にある星雲女子プロゴルファー養成所の主任コーチ。友平からアドバイスを受け、17回目の挑戦でプロテストに合格した過去がある。
(演:森一馬
(演:比嘉ひとみ
(演:沖真由美
(演:亀山助清

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

作詞:椎名恵 作曲:池毅 編曲:戸塚修
  • 本作で使用された楽曲は椎名が1986年に担当したOVA『超時空ロマネスク SAMY MISSING・99』のED曲「風に抱かれて」をセルフカヴァーしたものであり、サビの部分が全く異なる。またアレンジも少々異なっている。

サブタイトル[編集]

各話 放送日 サブタイトル 脚本 監督 視聴率
01 1987年10月21日 乳房に傷を持つ少女 江連卓 土屋統吾郎 13.2%
02 1987年10月28日 ああ 私の敵は兄?! 10.6%
03 1987年11月4日 さようなら!貴男 山口和彦 14.2%
04 1987年11月11日 破られた婚約 岡本弘 13.0%
05 1987年11月18日 さらば不良少女 土屋統吾郎 14.2%
06 1987年11月25日 少年院が待ってるぜ 山口和彦 12.1%
07 1987年12月2日 涙の引退式 岡本弘 15.4%
08 1987年12月9日 バンカー蟻地獄 土屋統吾郎 15.5%
09 1987年12月16日 婚約者の復讐 山口和彦 15.8%
10 1987年12月23日 血鎖の秘密 岡本弘 13.8%
11 1988年1月6日 敵?謎の美少女 土屋統吾郎 11.7%
12 1988年1月13日 鏡の国から来た娘 山口和彦 11.9%
13 1988年1月20日 決闘!富士の裾野 岡本弘 14.4%
14 1988年1月27日 女4人地獄の戦場 土屋統吾郎 12.2%
15 1988年2月3日 恋捨て記念日 山口和彦 15.5%
16 1988年2月10日 明日なき闘い 岡本弘 11.7%
17 1988年2月24日 命賭けた闇ゴルフ 土屋統吾郎 13.1%
18 1988年3月2日 友よ安らかに眠れ 山口和彦 14.1%
19 1988年3月9日 継母の陰謀 岡本弘 11.2%
20 1988年3月16日 夢か?峡谷の特訓 土屋統吾郎 13.0%
21 1988年3月23日 友情そして勝利 山口和彦 13.3%
22 1988年4月13日 勝て!少女戦士 岡本弘 12.1%
23 1988年4月20日 傷だらけの栄光 山口和彦 13.9%
平均視聴率13.3%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)

エピソード[編集]

  • 1980年代の大映テレビ制作のドラマの例に漏れず、荒唐無稽といえる設定や展開が一部視聴者に話題にされた(竹内義和の著書『大映テレビの研究3』に詳しい)。
  • プロゴルファーの大山志保は自身が小学生の頃に見た本作の祈子が優勝したシーンに憧れてプロゴルファーを目指したとコメントしている[1]
  • 声優のたかはし智秋はこの番組に感化され、キャディーのアルバイトをやりたがったという。
  • 無名時代の織田裕二が端役で出演している。『おんな風林火山』の鈴木保奈美、『アリエスの乙女たち』の唐沢寿明、そして本作の織田の3人は、いずれも1980年代後半の大映ドラマに出演しており、後に1990年代フジテレビのドラマで人気を得る。
  • 野上敬太郎役の中条静夫は当時、口髭を生やしていたが、本作の出演にあたり口髭を剃った。この事情により本作と同時期に中条が近藤課長役で出演していた『あぶない刑事』では、「占い好きの親戚のおばさんに諭された」ため口髭を剃ったとの理由付けがなされている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 大山志保トップメッセージ”. VAAM. 2015年7月11日閲覧。

外部リンク[編集]

フジテレビ 水曜20時台
前番組 番組名 次番組
プロゴルファー祈子