テセウスの船 (漫画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
テセウスの船
ジャンル 青年漫画
漫画
作者 東元俊哉
出版社 講談社
掲載誌 モーニング
レーベル モーニングKC
発表号 2017年30号 - 2019年30号
発表期間 2017年6月22日 - 2019年6月27日
巻数 既刊9巻(2019年11月22日現在)
話数 全89話
テレビドラマ
原作 東元俊哉
脚本 高橋麻紀
演出 石井康晴、松木彩、山室大輔
制作 TBS
放送局 TBS系
放送期間 2020年1月〈予定〉 -
話数
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画 テレビドラマ
ポータル 漫画 ドラマ

テセウスの船』(テセウスのふね)は、漫画家東元俊哉による日本漫画[1]講談社発行の漫画雑誌『モーニング』にて、2017年30号から2019年30号まで連載[1]

あらすじ[編集]

北海道にある小学校で発生した青酸カリによる無差別毒殺事件の容疑者として逮捕されたのち、死刑判決を受けて収監中の元警察官の息子が父親の冤罪を信じて事件の真相を調査していくさまを描くクライムサスペンスである。

登場人物[編集]

田村心
28年前に北海道の小学校で発生した無差別毒殺事件において逮捕された警察官である佐野文吾の息子。死刑判決を受けながらも、なお無罪を主張する父親の冤罪を信じて、事件についての調査を行う。
佐野文吾
28年前に北海道の小学校で発生した無差別毒殺事件の容疑者として逮捕された元警察官。死刑判決を受けて収監中の身であるが、一貫して無罪を主張している。

書誌情報[編集]

テレビドラマ[編集]

テセウスの船
ジャンル 連続ドラマ
原作 東元俊哉『テセウスの船』
脚本 高橋麻紀
演出 石井康晴
松木彩
山室大輔
出演者 竹内涼真
榮倉奈々
安藤政信
貫地谷しほり
芦名星
竜星涼
せいや霜降り明星
今野浩喜
白鳥玉季
番家天嵩
上野樹里(特別出演)
ユースケ・サンタマリア
笹野高史
六平直政
麻生祐未
鈴木亮平
国・地域 日本の旗 日本
言語 日本語
製作
プロデューサー 渡辺良介
八木亜未
製作 大映テレビ
TBS
放送
放送チャンネル TBS系
映像形式 文字多重放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2020年1月(予定)
放送時間 日曜 21:00 - 21:54
放送枠 日曜劇場
放送分 54分
公式サイト
テンプレートを表示

2020年1月からTBS系日曜劇場」枠で竹内涼真主演によりテレビドラマ化される予定[2]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

話数 放送日 サブタイトル 演出 視聴率
第1話 1月
(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)
TBS 日曜劇場
前番組 番組名 次番組
グランメゾン東京
(2019年10月20日 - )
テセウスの船
(2020年1月 - 〈予定〉)
半沢直樹(2020年版)
(2020年4月 - 〈予定〉)

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

講談社コミックスプラス[編集]

以下の出典は『講談社コミックスプラス』内のページ。書籍情報の発売日の出典としている。

  1. ^ 『テセウスの船 (1)』”. 講談社コミックスプラス. 講談社. 2019年6月20日閲覧。
  2. ^ 『テセウスの船 (2)』”. 講談社コミックスプラス. 講談社. 2019年6月20日閲覧。
  3. ^ 『テセウスの船 (3)』”. 講談社コミックスプラス. 講談社. 2019年6月20日閲覧。
  4. ^ 『テセウスの船 (4)』”. 講談社コミックスプラス. 講談社. 2019年6月20日閲覧。
  5. ^ 『テセウスの船 (5)』”. 講談社コミックスプラス. 講談社. 2019年6月20日閲覧。
  6. ^ 『テセウスの船 (6)』”. 講談社コミックスプラス. 講談社. 2019年6月20日閲覧。
  7. ^ 『テセウスの船 (7)』”. 講談社コミックスプラス. 講談社. 2019年6月20日閲覧。
  8. ^ 『テセウスの船 (8)』”. 講談社コミックスプラス. 講談社. 2019年6月21日閲覧。
  9. ^ 『テセウスの船 (9)』”. 講談社コミックスプラス. 講談社. 2019年11月22日閲覧。

外部リンク[編集]