末っ子長男姉三人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

末っ子長男姉三人』(すえっこちょうなん あねさんにん)は、2003年10月12日から12月21日TBS系で放送されていた日本テレビドラマ。全10回。平均視聴率は14.4%。途中からではあるが、日曜劇場シリーズ初の地上デジタル放送でもある[注 1]

放送時間は日曜日21:00 - 21:54(日曜劇場枠)。なお初回の放送時間は日曜日21:00 - 22:09の15分拡大。2003年11月9日第43回衆議院議員総選挙の特別番組のため休止になった。

キャスト[編集]

柏倉家[編集]

柏倉 春子〈30〉
演 - 深津絵里
旧姓は高梨。通称春ちゃん(義姉たちは春子さんと呼ぶ)。ラジオ局に勤めるディレクター。仕事に遊びに夢中になっているうち、気が付いたら30歳を迎えていた。 結婚に焦りだした頃、数合わせで呼ばれた合コンで一郎と出会う。そして歳を5つサバ読んだまま、一郎からのプロポーズをOKしてしまう。
一郎からの同居の話に同情してしまい、思わず同居をOKしてしまう。そして、小姑たち4人との同居生活が始まる。
柏倉 一郎〈25〉
演 - 岡田准一
4人姉弟の末っ子で、長男。通称一郎くん(姉たちからは一郎と呼ばれている)。姉が3人いるが、皆怖いらしい。生真面目で人がよく、平和主義なサラリーマン。下戸
元カノにソックリな春子と合コンで知り合い惹かれる。
米山 節子〈40〉
演 - 賀来千香子
柏倉家長女。旧姓は柏倉。通称節子姉ちゃんヒステリー気味の専業主婦で、高校生の息子がいる。夫の浮気問題で柏倉家に出戻ってきた。倹約家でキレイ好きな上、ちょっと口うるさくお節介。トイレを磨くときには「トイレを磨くことは心を磨くこと」と言う。占いは信じていないが、気にはするらしい。
柏倉 和子〈36〉
演 - 原田知世
柏倉家次女。通称和姉一橋大学経済学部卒業。銀行総合職のキャリアウーマンシンガポール支社に勤めていたが、蒲田支店へ異動になったため実家で同居することに。超マイペースで女王様タイプ。貯金はなく、「給料は、すべて自分へのご褒美(ブランド物)に使っている」という(本人曰く「自分へプレッシャーを与えている」)。
柏倉 幸子〈30〉
演 - 小雪
柏倉家三女。通称幸姉。売れない劇団女優。家賃滞納でアパートを追い出されたため、実家へ戻ってきた。アルバイトは工事現場という肉体派。日頃から夢ばかり見ており、経済観念のまったくないお人好しタイプ。その上、周囲が高木との仲を疑っても「恋愛ではない」と言うなど、色恋に関して鈍感である。
柏倉 里子〈62〉
演 - 岸惠子
4人姉弟の母。夫を亡くしてからは、末っ子長男の一郎と2人暮しだった。現在の本人は夫を亡くした傷心は遥か昔のことで、人生を謳歌している。非常に楽天的な性格で、春子に対しても大らかに接しており、かなり好意的である。さだまさしの大ファンで、日々追っかけをしている。

その他[編集]

木下 ミキ〈30〉
演 - 鈴木砂羽
春子の同期で友人。春子とは歯に衣着せぬ関係(ラジオパシフィックの入社試験時に、春子のストッキングが伝線していることに気が付き、替えを貸してくれた時からの仲)。ちなみに出戻りのバツ1。
高木 勝〈30〉
演 - 田中哲司
「高木酒店」の店主で、元サラリーマン。幸子の小・中学校時代の同級生で幼馴染。妻には逃げられ済みで、今は息子と2人暮らしをしている。
山田 大介〈23〉
演 - 伊藤淳史
東亜銀行蒲田支店に勤務する和子の部下。最終学歴は高卒。キャリアウーマンで颯爽とした和子を尊敬しており、「一生ついていきます!」と宣言する。
米山 健一〈16〉
演 - 勝地涼
節子の一人息子で高校生。両親の様子を冷めた目で見ている。
米山 秀一〈42〉
演 - 光石研
節子の夫。恐妻家。節子に不倫がバレて離婚の危機に陥った。
北村 祐二〈38〉
演 - 葛山信吾
和子の大学時代の先輩。ボストンキャピタル証券に勤めている。突然和子を呼び出しヘッドハンティングをしてくる。アメリカ人の妻がいる。
冨士先生
演 - 冨士眞奈美
春子がディレクターを務めるラジオ番組のパーソナリティ。
木村 郁美
演 - 木村郁美(TBSアナウンサー)
エミ
演 - 坂本真綾
一郎の元彼女。小柄で地味で色気がなく決して美人とは言えない容姿をしていて自己中でわがままで身勝手な性格。エミが留学する際に一郎を振っている。しかし、エミは一郎は待っていると思っていた。
宮本さん
演 - 斉藤暁
幸子の勤務先の工事現場のおじさん。幸子を気に入っており、主演を務めた舞台には同僚たちと観劇に来た。

特別ゲスト[編集]

岸惠子演じる柏倉里子はさだまさしの大ファンと言う設定だった。最終回にはさだのディナーショーを見に行くシーンがあり、そこにさだまさしが本人役で出演している。

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

各話 放送日 サブタイトル 演出 視聴率
第1話 2003年10月12日 姑が4人も出来ちゃった結婚 清弘誠 18.6%[1]
第2話 2003年10月19日 新妻の涙 16.4%
第3話 2003年10月26日 困った嫁 金子文紀 12.8%
第4話 2003年11月2日 嫁の意地 13.8%
第5話 2003年11月16日 姑の家出 清弘誠 13.2%
第6話 2003年11月23日 元カノ!! 金子文紀 11.3%
第7話 2003年11月30日 妻の家出 高成麻畝子 12.7%
第8話 2003年12月7日 夫婦喧嘩 清弘誠 14.1%
第9話 2003年12月14日 妻の決心 金子文紀 14.4%
最終話 2003年12月21日 さよなら 清弘誠 16.6%
平均視聴率 14.5%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)
  • 初回は15分拡大して放送。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 2003年12月7日放送分から

出典[編集]

外部リンク[編集]

TBS 日曜劇場
前番組 番組名 次番組
元カレ
(2003.7.6 - 2003.9.14)
末っ子長男姉三人
(2003.10.12 - 2003.12.21)
砂の器
(2004.1.18 - 2004.3.28)