今野浩喜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
今野 浩喜
本名 住吉 浩喜(すみよし ひろき、旧姓:今野)
生年月日 (1978-12-12) 1978年12月12日(38歳)
出身地 日本の旗 日本埼玉県新座市
身長 171cm
方言 共通語
出身 スクールJCA6期生
コンビ名 キングオブコメディ(2000年 - 2015年)
相方 高橋健一(コンビ時代)
芸風 コント
立ち位置
事務所 プロダクション人力舎
活動時期 1997年 -
現在の代表番組 ドラマ
僕たちがやりました
過去の代表番組 バラエティ
なし
ドラマ
ティーンコート
ミエリーノ柏木
殺しの女王蜂
アラサーちゃん 無修正
三人兄弟
下町ロケット
豆腐プロレスなど
他の活動 俳優
配偶者  未婚
公式サイト https://twitter.com/comnotwithiroki?lang=ja

今野 浩喜(こんの ひろき、1978年12月12日 - )は、日本俳優お笑い芸人。元お笑いコンビキングオブコメディボケ(たまにツッコミ)担当。成立学園高等学校卒業。埼玉県新座市出身。さいたま市在住。プロダクション人力舎所属。

略歴[編集]

JCA6期生。同じく6期生である高橋健一とコンビ結成。結成のきっかけは高橋の恋愛相談に乗ったことから[1]

一見今野の方が老けて見えないこともないが、実は今野の方が相方の高橋より8歳年下(学年齢)であった。過去に「ゲットスマイルズ」というコンビで活動していた。

2007年に高橋が痴漢容疑で逮捕され(後に不起訴)、芸能活動を自粛していた時期にはピン芸人として活動していた。その際に「キングオブコメディ今野」と名乗っていた。

2015年12月26日に高橋が窃盗及び建造物侵入の容疑で逮捕され、29日に契約解除となったため、キングオブコメディは解散となった。人力舎のサイトにて、高橋の逮捕は報道で知ったくらいの情報しかないことや、ファンに対する謝罪、急な解散であったために今後のことは未定であるといった旨をコメントした[2]高橋健一 (お笑い芸人)#キングオブコメディ解散も参照。

2016年1月16日、キングオブコメディ時代に就任しながら高橋の逮捕で白紙になっていた新座市の観光親善大使に、今野個人として改めて就任[3]

1月26日、解散後初めて取材に応じ、高橋に対しては怒りを感じているということのみコメントした[4]。解散後は、落語や大喜利などのライブに出演するほか俳優業をメインに活動している。

人物[編集]

特色
主なネタはコント。子供役を演じることが多く、テンションが高い。またネタの最中に「○○みたいな」「○○的な」という言い回しをする事がある。コントで女性役を演じる際も一切カツラなどは使用しない。高橋も同じく女性役を地毛で演じる。
いわゆる「ブサイク芸人」として知られる[5][6]
仕事関連
地元が埼玉のため、西武ライオンズファン。その縁があってか、不定期に『文化放送ライオンズナイター』に特別出演することもある。一番好きな選手は和田一浩。同じく地元の大宮アルディージャのファンでもあり、2010年のさいたまダービーでは大宮のユニフォームを着てコンビで試合前イベントにゲスト出演した。大宮の携帯サイト「アルモバ」でコラムを執筆している。
キャラクター
常に堂々としており、物怖じしない。強面で明らかに年長の人物に絡まれた際、堂々と渡り合い、周囲を驚かせる[7]。卓球歴17年で、当時のあだ名は“稲中”(『稲中卓球部』の登場人物に顔が酷似しているため)。コントの際に卓球のユニフォームを着ていることもある。2010年に優勝したキングオブコントでは、2本目のネタをTSPのユニフォームを着て行い、優勝賞金1000万円の目録を受け取るときも、そのままTSPのユニフォーム姿で受け取った。一方で人見知りする性格でもあり、友達が少ない。キングオブコント優勝時にも、高橋は200件近くのメールがきていたが、今野は42件しか来なかった。ラバーガール大水洋介とは誕生日が同じで仲が良い。
水曜どうでしょう』や『新世紀エヴァンゲリオン』のファンでもある。妖怪のような顔をしているため、妖怪の物まねをすることもある。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビ番組[編集]

映画[編集]

テレビアニメ[編集]

  • フジログ シーズン2(2011年10月2日 - 12月25日、テレビ埼玉他) - 今野浩子、今野浩喜 役[12]
  • ぐらP&ろで夫(2014年10月20日 - 2015年12月30日、TOKYO MX) - ぐらP、太欧州 役
  • ぐらP&ろで夫II(2016年7月1日 - 、TOKYO MX) - ぐらP 役

CM[編集]

ナレーション[編集]

舞台[編集]

  • サボテンとバントライン(2009年)
  • 天才バカボン(2010年)
  • 男子はだまってなさいよ! 8 アダルト(2011年)
  • 鎌塚氏、すくい上げる(2012年)
  • はぐれさらばが"じゃあね"といった(2013年)

ラジオ番組[編集]

ネット配信[編集]

  • 松竹梅白壁蔵「澪」MIO WEBムービー My First Mio vol.4 『「澪」と過ごすハロウィン』(2015年10月1日公開)

モバイルコンテンツ[編集]

  • つぶやき三四郎 〜一本なう〜(2011年5月16日 - 6月20日、ドコモマーケット) - 夏目三四郎 役

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『爆笑オンエアバトル5』P62より
  2. ^ キングオブコメディ及び高橋健一に関しまして”. プロダクション人力舎 (2015年12月29日). 2016年1月9日閲覧。
  3. ^ “元キングオブコメディの今野さん、相方逮捕でも観光親善大使再委嘱 埼玉・新座市” (日本語). 産経新聞 (産業経済新聞社). (2016年1月15日). http://www.sankei.com/entertainments/news/160115/ent1601150025-n1.html 2016年1月18日閲覧。 
  4. ^ “今野浩喜 解散後初の公の場 元相方に「迷惑掛けた怒りはある」” (日本語). スポーツニッポン (スポーツニッポン新聞社). (2016年1月15日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/01/26/kiji/K20160126011923460.html 2016年1月27日閲覧。 
  5. ^ 小沢一敬やキンコメ・今野の“ブサイクの叫び”とは” (日本語). Smartザテレビジョン. KADOKAWA (2015年12月19日). 2016年1月18日閲覧。
  6. ^ 【ゆうばり映画祭】キングオブコメディ・今野浩喜の映画初主演は“不細工”が決め手” (日本語). ORICON STYLE. オリコン (2012年2月26日). 2016年1月18日閲覧。
  7. ^ 『ジンリキポッドキャスト』2009年3月分より
  8. ^ “今度は今野浩喜が恋をする、喫茶店ドラマ「三人兄弟」1年ぶりの続編決定”. お笑いナタリー. (2016年7月28日). http://natalie.mu/owarai/news/196141 2016年7月28日閲覧。 
  9. ^ 恵俊彰、立川談春、キンコメ今野、春風亭昇太がドラマ「下町ロケット」出演”. お笑いナタリー (2015年9月17日). 2015年9月22日閲覧。
  10. ^ 竜星涼が不良少年に? 福士蒼汰主演『お迎えデス。』第3話予告が公開”. ORICON STYLE (2016年4月30日). 2016年5月1日閲覧。
  11. ^ “キンコメ今野浩喜がドラマで欅坂と初共演”. 日刊スポーツ. (2016年6月14日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1663008.html 2016年6月14日閲覧。 
  12. ^ キングオブコメディが本人役、アニメ「フジログ」で声優に お笑いナタリー 2011年6月28日

外部リンク[編集]